バタバタな1日で、記事投稿が遅くなってしまいました・・・。

一昨日から昨日まで24時間テレビを見ていて、コロナにより、世の中が大きく変化したことを改めて認識しました。
その大きな変化により、大打撃を受けた会社、反対に儲かって仕方がない会社とに二分された感じがします。

そして、大打撃を受けた会社の中でも、守られる会社と意図的に淘汰されるように調整されている会社にも、二分されているような感じがします。
ワクチンの(大手さんからの)職域接種からも、株価に大きく影響しない中小企業に対して、冷たいなぁというの率直な感想。

そうは言っても、我々は、ビジネスは、止まる訳にはいかない。可能な範囲で、全力で、ビジネスを推し進めていく必要がある。
弊社は、そういったことを全力で行い続けているの会社でもある。本ブログでも、ずっと弊社の取り組みを紹介し続けた。
結果、弊社は、コロナ前より、売上が伸びている。
特に、今期は、昨年の前期より、さらに伸びている。

そういった結果をもたらしたのは、

中長期のWeb集客

である。間違えない。
できれば、大手企業ができない隙間を狙う必要がある!

【中小企業Web集客の持論】
SEOを基本とし、リスティング広告や専門メディアなどからの誘導しながら集客を行っていく必要。
原則、誘導先のクリエイティブに魅力がないと、コンバージョン率が上がらず、問い合わせにはつながってこない。

そして、私は、1~2ヶ月程度で結果が出始めるWeb集客を重要視している。
例えば、OEM事業では、こういった特設ページを設置し、情報を公開することで、中国向けの案件を積極的に獲得しようとしている。



NMNのような支給原料にも対応していることや中国語対応している点などを紹介しております。
やっぱり、問い合わせ件数に差が出ます。

また、原料ページでは、例えば以下のようなコンテンツを充実させることで、SEOによるGoogle検索からの流入を獲得している。



まぁ、上記ページのソースを徹底的に調べれば、SEOの秘密も見えてきます。
Googleのペナルティを受けないよう細かいSEO対策が講じられています。もちろん、このブログにも同じようなSEO対策が講じられています。
地道な努力です。

こういった中長期のWeb集客を行っているかどうかで、健康食品サプリメント製造業界も勝ち負けの差が広がってきていると感じています。

コロナの影響で主要顧客の売上がガタ落ちになってジリ貧の会社さん、単純にビジネスが先細りになりつつある会社さん、売上は維持できていても価格勝負が激化して収益性が悪化している会社さんなど、厳しい状況の会社さんも多く存在します。
そういった会社さんは、Web集客に限らず、テレワークやWeb会議も行っていなかったり、業務のデジタル化が全く進んでいなかったりする。
そういった背景により、どうしても差が広がっていってしまうのだろう。

企業の成長って、進化し続けなければいけないのだろう。
ヒト臨床試験などの実施によるデータの蓄積も、進化の1つ。

最後に、このコロナ禍による変化は、1~1.5年ほど続くであろうと予測しています。
ワクチンの接種が完了すれば終息すると予測されていましたが、終息は遅延しそうです。この遅延は、デルタ株が決定づけました。
しばらく、上記のような差も広がり続けてしまうと思います。

私は、これもチャンスだと思います。
ピンチこそチャンス!
弊社としては、さらに進化しつつ、差を広げて成長していければと考えております。
日々努力です!