健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

製造

NMN商品と原産国表示

今、中国向けのNMNサプリメントブームが加速している。
NMNは、中国では食品区分として承認されていないため、日本で製造し、中国向けに越境ECで販売されています。

ちなみに、日本では、今年3月、食薬区分リストに追加されました。



現在、9割以上は、中国で製造されたNMNを用いて、中国に出荷されています。
一方、NMNも日本製造の原料のニーズが大きく、中国製造を日本で再加工して日本製造品に変える錬金術的な原料も現れ始めています。

実際、アミノ酸でも、このような原料が多く存在するので、NMNでも表れるのは時間の問題だなぁと思っていました。

一方、現時点では、原産国表示制度の猶予期間中のため、ほとんどのNMN商品は、原産国表示されていません。

原産国表示


中国原料を用いたNMN商品は、令和4年(2022年)3月末の猶予ギリギリまで原産国表示されないでしょう。

私の予想

NMNのブームは令和4年(2022年)3月末まで続かない!

もうすでに価格破壊が起こり始めているのに、あと1年半もブームが続くとは考えられない。
酵素同様、スピード勝負の商材。

ぶっちゃけ、このNMNに関しては、300mg(1商品9000mg)配合の商品でも1万円を切って販売されるくらいまで価格が落ちると予測しています。

まぁ、NMN商品は、原産国表示は関係ない!とも言えるだろう。

むしろ、日本で売る訳ではないのだが、日本でのブランド戦略をどのように行うか?の方が重要になってくるだろう。

まず目指すは、

2021年の春節前納品

もう時間がない!
春節まで、どれだけのNMN商品を作れるかが勝負だと思う。
来年の11月11日(独身の日)まで待っていられない。

今、それくらいのスピードでビジネスが動いています。

世間は暗いけど・・・
今、紹介案件のNMNも舞い込み、アホみたに忙しい!
気合じゃ!

持続可能な企業成長戦略

私は、様々な会社さんと仕事することがあります。
ほんと、経営者の数だけ色があり、いろんな会社さんがあるなぁと、常々思っております。

比較的多いのは、成長 だけが目標の会社さん。
売上至上主義。

中には、上場も目標とされている会社さんも多々あります。
また、利益額より売上額という観点でしか人事評価していない会社すら存在します。

一方、本当に、成長だけが重要なのでしょうか?

今の日本にも言えるのですが、成長至上主義で続けていても、何れ成長が止まります。

成長を重要視して企業経営されるべきは、成長期のビジネスにおいてのみです。

市場で多くを占める成熟期のビジネスの場合、持続可能という戦略が重要になってきます。
まぁ、だから日本も、ようやく、SDGsという形で、持続可能な成長戦略に梶を切り出したのだと思います。

私が身を置く健康食品サプリメント、化粧品の業界は、すでに成熟期です。
そういったビジネスでは、持続可能な企業成長戦略が求められます。

多くの営業マンを雇用して、飛び込み営業や電話営業で手当たり次第に営業を行っても、結果は出前ん!
特に、情報化社会で、情報が溢れている社会では、顧客が多くから選択する方式で製造委託先や原料が選択されるため、プッシュ型で営業活動を行っても成果が出にくいです。

情報化した時代において、成熟した市場では、プッシュ型の営業よりプル型の営業の方が効率良く成果が出せるものなのです。

ビジネス(産業)のライフサイクルは変化します。
時代も変化します。

その変化に応じたスタイルで成長戦略を行っていくことが重要なのです。

健康食品サプリメントの製造業界において、持続可能な成長戦略は、以下の点が重要になってきます。

自社原料開発・原料調達力
研究開発
特許戦略


まぁ、昨日も特許戦略で紹介した通り、弊社が淡々と行い続けていることです。
仮に一旦売上が前年を割ったとしても、5年、10年スパンでゆっくりと成長すれば良いと考えて戦略を講じています。



急な成長は、市場のライフサイクルをあっという間に成熟へと向かわせてしまいます。
コエンザイムQ10 の市場が代表例であり、あっという間に急成長し、あっという間に市場が成熟してしまいました。
NMNにも当てはまるのだと思いますが、こういった急成長した素材では、継続的な収益が期待できなくなります。競争が激しくなり、誰も儲からないという現象も起こりやすいです。

だから、持続可能な成長戦略が重要になって来るのです。まぁ、NMNは適度に追っても、それだけになってはいけないのでしょう。
この流れは、機能性表示食品制度が始まり、より加速しています。一定条件を満たす機能性表示食品の方がライフサイクルが長くなりそうですからね・・・。

また、近年、市場の成熟を表す傾向として、米国のように、自社原料を持ちながら受託製造事業を行っていく会社さんが増えています。
こっそり、原料の輸入調達まで行っている会社さんも存在します。

某最大手の受託加工会社さんでは、原料を少しでも安く仕入れることで利益率を高めながら価格競争力も高めるため、原料調達専門の部署なども創設されました。

この部署では、価格だけでなく、機能性表示食品への対応状況、特許情報や品質情報など、総合的な判断を行っておられます。例えば、特許で問題が生じそうな原料があれば、取り扱い原料を変更するようなことまで行われています。

やっぱり、原料を少しでも安く仕入れることができるノウハウがなければ、工賃の下げ合いにしか行き着かないので、当然の動きだと思います。
寵愛と呼ばれた問屋さんや商社さんは、非常に困る戦略かもしれませんが、受託加工会社という業態では、最善の方法だと思います。

また、独自の自社原料を持って入れば、その原料を用いたOEM供給ビジネスを有利に行うことができるようになります。
特許や研究開発で既存案件を守ったり、発展させることも可能です。
何だかんだで、OEM事業における原料戦略って、とても重要なのです。

だから、大手受託加工会社は、どこも自社原料を持たれ始めているのです。

まぁ、選択と集中を行って深掘るか、幅を広げていって浅く広く展開するかの戦術は、各会社さんの戦略次第ですが・・・。

何れにしも、ビジネスのライフスパンを伸ばしつつ成長を模索ることが重要であり、これが持続可能な企業成長戦略だと思います。
実際、今の情報化社会において、利益を最大化する方法でもあるんだと思います。

私は、私が考える持続可能な成長戦略を淡々と講じていくだけです!

健康食品サプリメントの有効的な特許戦略

今日は、特許戦略の記事です。たまには、こんな記事で、こっそりノウハウや持論を公開します。

まず、特許戦略として、特許には、以下の3つの役割があると思います。

競合の排除 <防衛・排除>
競合の開発抑制・販売抑制 <牽制>
販売への活用 <販促>


戦略を失敗すると、特許の効力が最大限反映されないことがあります。
こういった特許戦略は、業界・業種によって、それぞれの特性があるだろう。成功するモデルは、同じではないと思う。

特に、健康食品サプリメントの業界は、ちょっと特殊だと思う。
2016年まで食品の用途特許が認められていなかったのも一因だろう。
海外企業の特許が意味をなさないことも多々ありました。

過去の事例として、海外企業の特許を振りかざして販売会社に通達分を送った会社の結果を紹介したい。

結果:
すべて無視され、積極的に取引されなくなった
要するに信用失墜しただけでした。

理由は、用途特許が認められていない時期であり、抵触するかが微妙な特許であり、弁護士との連名でなかったためだと考えています。

特許を振りかざすと信用失墜リスクも生じることを表しています。

通達文などは、販売会社さんしか行ってはいけない方法だと思う。大手企業の一部の会社さんは、取得前でも平気で通達文を送りつけてくることは、どうかな?と思いますが。
どんなに強い特許であっても、製造側の会社が通達文を発行すると争いしか生まない。

私の持論、製造側の会社は、どんなに強い特許であっても、告知だけ行い、顧客に判断を委ねるべきだと思う。

特許は、振りかざさなくても、有効に働かせる方法は、たくさんあります。
例えば、弊社の事例。



この特許は、全く振りかざさず、告知だけされています。
もちろん、ブーム時に値上げしなかったのと同様、特許が取得されても値上げしていません。
そして、今、販売にも活用され始め、売上にも影響し始めています。特許を検証する部署がある大きい会社さんの対応は、顕著です。牽制力として、特許戦略が上手く機能していると感じています。

そもそも、このレスベラトロールの市場は、NMN商品の副材として使用されるケースが増えている者のブームが終息し、すでに終わった市場でもあるので、攻める必要はなく、今あるシャアを守れれば良いと考えて、戦略を講じています。
その原料の売上が増えたのも、浮気された売上が帰ってきただけ。今やOEM比率が大きい弊社では、全体に対する売上比率も大したことがないので、あまり気にしていないというのが実際。
特許に抵触するとわかっていても、平気で営業活動を行う会社もあるだろうが、そんな会社は、どんな対抗策を講じても意味がないので、無視するに限ると思う。

弊社がこういった特許戦略で展開するには、大きな理由があります。
それは、業界の体質として、

特許料やノウハウへの対価の支払いを非常に嫌う

という傾向が大きく影響しています。
これは、業界に長く所属し、痛感しています。バレなれば良いと考える会社さんも少なくないです。

でも、一番怖いのは、特許に反発して、特許逃れの方法を開発して、競合原料を競合会社と作られてしまうこと。
また、周辺特許を出しても、異議申し立てで阻まれ易くなります。
よくある話です。
よく聞きますが、工業系の業界でも、よくある話のようです。
だから、弊社は、特許の告知だけで、余程の事がない限り特許を振りかざさない。

ぶっちゃけ、業界を知らない弁護士さんや弁理士さんに任せっきりにすると、本業界の特許戦略は大失敗する。
数年単位で成果が出てなければ、すぐに戦略を見直した方が良いです。

こういった業界において、特許料は、何らかのコストに上手く隠す必要があります。
原料価格だったり、OEM価格だったり。

業界の体質を考えると、別途特許料が生じるのであれば、7割以上の企業は、商品化の稟議が通らないだろう。経験上、そう思う。
特に大手企業で通った話を聞いたことがない。

さらに、現代は、情報化が進んでいるので、すぐに相見積りが取られてしまう。
価格は、高過ぎないことが重要。
特許料設定が大き過ぎると自滅します。
特許利用者の8割以上が納得する特許料に設定するのが理想だと考えます。

OEMで隠す場合、特許料を利益に組み込んで、市場価格(競合価格)の上限20%未満の額に抑えるのが理想だろう。
極論、特許料が事実上ゼロでも良いと思う。OEMによる利益という得られるはずがなかった利益を得ることができ、特許料管理も行いやすいのですから。
所謂OEMを取るための特許。

特許料が多き過ぎたり縛りが強過ぎると、量が取れなくなり、トータルでの収益も減ってしまいます。大事なのは、利益が最大化されること。多くの会社から少しづつ利益を取って、トータルで大きな利益を得ることが理想。

その他、どこかのパートナー会社に契約ベースで特許料管理を任せて、陰に隠れてしまう方法もあるだろう。
そうすれば、自分達に落ちる特許料がパートナー会社の利益に紛れてしまうので、特許料が見えにくくなります。
実際、この業界、フィクサー的な存在が一番儲かりますから。

また、特許を利用した商品が多く市場に出回ることで、相乗的に別の利益も生みます。その別の利益を求めていく必要があります。
ここが経営手腕の見せ所だと思う。

経営者って、ノルマをかけてたり圧力をかけて社員に営業させて無理やりでも売上を獲得するのはレベルの低い仕事だと思う。今の時代、ブラック企業と認定されてしまう。
レベルの高い経営者の仕事って、社員が楽して成果が出せる仕組みを作り、収益を最大化することだと思う。倒産時のリスクだけでなく、そういった仕事を行うからこそ、一般社員より多くの給与を得れる権利があるのだと思う。
働かない無能な経営者の会社は、社員の回転も速く不効率であり、消えていくだけだと思う。

私も、会社が消えないよう、日々努力していくだけです。
残すところ3ヶ月、今期の自分に課している特許申請のノルマが達成できていません。テーマは決まっているけど。年末までに自分を追い込んで、必死に今期中に申請するしかないなぁ・・・。


P.S.
この業界、スパイ活動を行う人が多い。
そういった人は、このブログもよく見ていたりする。

私は、嫌らしい人間なので、あえて圧力をかける記事を書いたりもする。
まぁ、だから、最近、怖がられるのかもしれない・・・。
信頼できる仲間内には、とてもフレンドリーなのに。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • ヴィーガンの理念と環境に優しい魚食
  • 結局 再びLenovo ThinkPadに
  • NMN商品と原産国表示
  • 競技空手の足さばき/最新の足さばき
  • 和のヴィーガン食:精進料理について考える
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。