今年も、新しい子供達が空手道場に入り始めています。
今日も、見学希望の連絡がありました。

ここ最近、2箇所ほど、空手教室が閉鎖に追い込まれているため、そこからの移動を希望されるケースが多いです。
コロナの影響かな・・・。

うち(青梅)は、青梅市立若草小学校の体育館で行っていて、営利型の空手教室/道場ではないので、コロナで経営が苦しくなって閉鎖されるということはないです。
月謝の内訳も、消耗品(貸出している防具類や色帯)の購入や試合参加費の補助などであり、あとは、団体への登録料や昇級や昇段の審査料が別途かかるくらいです。

何れにても、子供がたくさん集まるのは、とても良いこと!
できれば、ご両親も一緒に始めてもらいたい。

さて、タイトルの集め方については、以下の3つが主流だと思います。

ビラやポスター
クチコミ
インターネット


世田谷の教室では、ビラを学校に置かせてもらったりしています。
某空手教室では、延長保育や学童保育の代替として活動するようなので、保育園や学校で募集するのは、ベタな集め方なんでしょうね。

そこからクチコミができ、人が集まってくる。
このクチコミを作ることが最も大事。
子供達の試合の結果や親の満足度など、いろいろな面で評価される。

そして、今の時代は、インターネットの力が大きくなってきているので、とても大事になってきています。

私が用いている方法は、Googleビジネス(Map)への登録。
今年になって、もう2家族も、問い合わせが来ています。
まぁ、コロナ禍というのもあるでしょう。

こういった空手教室/道場は、ニッチニーズに対するエリアマーケティングなので、Googleビジネス(Map)への登録は有効です。
※オーナー登録を行えば、一気に表示率が上がります。



その他、登録サイトなども複数存在するので、そういったサイトに登録するのも有効だと思います。

営利目的ではないため、私は、本気で募集していませんが、本気で募集するなら、今の時代、ホームページやブログを開設すべきだと思います。
そして、SNSと連動させながら、適度に情報発信した方が良いでしょう。

ちなみに、こちらは、私がWix(無料ホームページ)で作成したホームページ。



空手教室のテーマがあるので、簡単に作れちゃう。素材写真も、無料で利用できるものがある。
コピペでの作成時間は、約15分。
ヘッダーからリンクされている不要なページを削除するのが面倒だったくらい・・・。
カイド付きで、簡単に作れるので、作成しないと損です。

贅沢言えば、できれば、独自ドメインを取得して作成したいところ・・・。

是非、参考にしていただければと思います。