健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

人材育成

企業のノウハウ構築と成長条件

この健康食品サプリメント製造業界、特に原料メーカーでは、キーマンの退職で売上がガタ落ちするケースが多々あります。

単に、仕事がキーマンと共に移行するだけでではないです。

そのキーマンが、会社が上手くいっている重要要素を握っていることがあるからです。

むしろ、仕事なんて、後から付いてくるもの。

そのキーマンがどんな重要要素を握っているかによりますが、ざっと以下のような要素があるでしょう。

人脈
営業ノウハウ
販売ノウハウ
技術ノウハウ(研究関連・特許)
経営ノウハウ


人によっても、その構成割合も異なってくるでしょう。

人脈だけで大きな案件を獲得してくるノウハウを持っていらっしゃる方もいれば、営業チームを作って、効率的に営業を行うノウハウを持っていらっしゃる方もいるでしょう。

私の場合、人脈はあるかもしれませんが、必要以上に利用しないです。
顧客に選んでもらうことを大事にするため、技術ノウハウで販売につなげるスキームを構築することを重要視しているからです。
技術ノウハウ型。
だから、弊社は、完全プル型営業が成り立っています。

一方、業界も成熟したので、人脈だけでは、売上アップには繋げにくいです。
業界のほとんどの会社が成長していた時代とは異なります。

過去、こういった記事も書いたこともあるんですが・・・
やっぱり、担当者が持っている仕事目当てで、人を引っ張ろうとする会社も少なくないです。



数年前、私の人脈やノウハウを当てにして、ヘッドハンティングのオファーを出してきたOEM会社さんがありましたが、人脈とノウハウだけ吸い取ってポイ捨てされるだけだなぁと思っていました。
持ってこさせるのに、持ち帰ると訴える会社・・・。

こういった売上を伸ばすためのノウハウは、企業自身で構築するものだと思います。

入社条件を仕事を引っ張ってくることとしては、絶対にいけないと思う。

ちなみに、私のように技術ノウハウ型の経営者は、離職率が高い会社になりやすいです。
実際、高いと思う。
社員にも自分と同じものを求めがちですし、ぶっちゃけ、社員の交換がききやすい組織を作りやすいからです。
だから、私は、人一倍、気を付ける必要があります。

また、私は、顧客や取引先から給与に対する不満を聞く機会も多いです。転職や独立を相談されることもあります。
その時、必ず思うことがあります。
こんなこと。

うちの会社で、社員から不満が生まれないようするためにはどうすれば良いのだろう?
社員が独立するにしても、協力関係をどのように築くべきなんだろう?


離職率が高い会社は成長も低いと紹介されている番組を見て、特にそう思うようになりました。


これは、その時、番組で紹介されていたサイボウズの社長さんの記事。

何だかんだで、社員は、以下のような要素で会社を評価します。

給与条件
職場環境
やりがい
会社の安定度・将来性


何だかんだで、例えしんどくても、残業が少なくて給与が良い会社を選ぶと思う。
給与が良くても、ぎすぎすしていて、過労死するような残業が求められる会社は選ばれないと思う。
当然、倒産しそうな会社は、人が逃げていきます。

収益を出し続けるスキームを維持しながらも、利益を社員に還元していける仕組みが求められます。
今は、新型コロナの影響で、優秀な人材もあぶれていますが、将来、少子高齢化で確実に人不足になります。会社が人材を選ぶ時代も、選ばれる時代へと変化していきます。

なので・・・
会社の成長させるだけでなく、社員の所得を上げることを重要視した経営が大事なんだろうなぁというのが私の現時点での答えです。

時代は無理な成長よりサステイナブル

そのためには、成長していくためのスキームだけでなく、社員が勝手に育つ仕組みも大事ですし、マニュアル・データベースなどの整備も大事です。

そして、次の段階では、一緒に成長していくためのスキームを築いていける人材を育てていくことが大事なんだと思います。
あまり求め過ぎると、求人募集をかけていても、問い合わせしてくる人が益々減るのですが・・・。
私の場合、そういった人材を育てるタイムリミットは、あと10年くらいだろう。

やらなければならないことだらけです・・・。
しんどけど、苦ではないのですが。
とにかく、必死に頑張るだけです!

通販コンサルは最終的に人材の育成に尽きる

私が総合的な通販コンサルを行わない理由の一つは、ぶっちゃけ、先日申した通り会社の利益追求(優先順位)が大きく影響しているのですが、もう一つの大きな理由は、通販事業というものは、他力本願では決して勝てないためでもあります。
過去、他力本願過ぎる顧客がたくさん私を訪ねてきました。
その方々の中に成功した人は存在しません。
今回は、その理由を解説したいと思います。

コンサルという存在は、通販において成功する体質を奪ってしまう傾向もあります。
本物の優れた通販コンサルは、人材の育成を中心にしか行わないであろう考えています。
広告代理店を紹介し、広告媒体まで提案するコンサルさんの多くは、広告のキックバックで利益を得ています。そこには、通販での成功は存在しないでしょう。

私が数多く見て来た通販事業の失敗するケース。
それは、広告代理店の言いなりになり、広告費用対効果を評価せず、予算を垂れ流したケースです。
近年は、広告費用対効果はよく見ても、絶対に黒字転換しないモデルで予算を垂れ流すケースも出てきています。
通販事業は、他力本願になってはいけない部分が存在します。

反対に、上手くいっている通販会社さんは、かなり厳しく的確な広告費用対効果を評価が行われ、販売戦略が練られています。
ただし、的確なという表現が重要ポイントです。

厳しいだけの評価では、必ず事業撤退に至ります。
もしくは、見かけの費用対効果が良いECへ流れます。
今の通販事業は、先行投資型の事業モデルです。どうしても、赤字が続きます。
メディアレーション1以上(広告費の一発回収)というのは、通販神話の時代、15年前以上のことです。今は、リピートで広告費を回収しないと利益は出ません。「的確に」というのは、市場における広告費用対効果の現状を把握し、LTVまで含めた広告費用対効果から利益を導き出せる可能性を評価することです。

広告媒体は、1つの物差しで評価できないです。
集客できる顧客の特性が広告媒体毎に存在します。
年齢や性別に限らず、リピートしない顧客しか集まらない(LTVの低い)広告媒体、安い商品しか売れない広告媒体、サンプルは売れても本品が売れない広告媒体、アウトバウンドのコンタクト率が悪い広告媒体、受取り拒否が多い広告媒体などなど。

通販会社に求められること。
先述ような、しっかりとデータ分析を行いLTVまで含めた広告費用対効果を把握し、適切な広告戦略を行っていける人材を育成することです。
その人材は、立ち上げ当初は、決裁の関係上、経営者であっても良いと思います。ただし、必ず社員でも人材を育成していく必要があります。

かつ、同時に、クリエイティブを追求していけるような体制を作っていくことも重要です。制作は外部に委託したとしても、共にレスポンスを追い続けれる体制が重要なのです。
広告費用対効果の責任は、広告媒体/メディアにだけ求められる傾向もありますが、一番依存度が高いのは、クリエイティブです。
クリエイティブも磨き続けれる体制がないと、絶対に厳しい通販市場で勝っていけないです。

ぶっちゃけ、某上場化粧品通販会社さんは、優秀な広告代理点の人間を引き抜きました。私が考える、この会社さんが成功した一番の理由です。この成功の立役者は、現在、某上場健康食品通販会社さんの社長さんです。
この化粧品会社さんは、上場後、売上を落としています。その後、その人材が入った後、急激な成長を遂げています。
人材の重要性がよく理解できる事例です。

ちなみに、その先にクリエイティブを加味した商品戦略というものが存在します。
健康食品通販で勝っていくには、最終的に原料レベルからクリエイティブを想定していく必要があります。これが可能かどうかは、私が原料レベルからの商品開発を受けている条件でもあります。

まぁ、私も人材育成を行っていくようなコンサルを行っていけば良いのだと思いますが、ぶっちゃけ、私の性格には合いません。
どうしても、非効率だなぁと思ってしまいます。
私は、私の時間が奪われずに人材育成がマニュアル的に行えるのが理想だなぁと思いつつ、それを実現するためにいろいろ試行錯誤しております。
いつの日にか、実現したいなぁと思っております。
頑張らなきゃ!!
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 最大心拍数と目標心拍数で適切な運動管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。