健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

予防

フラボノイドの長期的な摂取は認知症を予防する

タイトルのようなボストン大学の研究グループによる論文を見つけたので、以下のように、ざっくり概要(ポイント)を翻訳して紹介いたしました。


タイトル(和約):

フラボノイド オフスプリング コホートによる長期的なフラボノイド摂取とアルツハイマー型認知症ならびに関連する認知症リスクの関係


<概要>
米国にて、認知症のない2800人に対して、アルツハイマー型認知症ならびに関連する認知症(以下、認知症とする)になるリスクを20年追跡した。結果、フラボノイドをたくさん摂ってた人は、認知症になるリスクが有意に低かった。

出典:Long-term dietary flavonoid intake and risk of Alzheimer disease and related dementias in the Framingham Offspring Cohort. Am J Clin Nutr. 2020;112(2):343-353.


フラボノイドとは、ポリフェノールの一種。
フラボノイドの多い食べ物は、ベリー類(ブルーベリーやイチゴなど)、プラム、リンゴ、チェリー、オレンジ、ホウレンソウ、カカオ、ナッツ、赤ワイン、大豆、お茶などです。

成分の例で言うと、プロアントシアニジン(プロアントシアニン)、レスベラトロール、イソフラボン、カテキン類など。

詳しくは、フィトケミカルマップ(植物名付き)を参考にしていただければと思います。

フィトケミカルマップ(植物名付き)

こういったフラボノイドは、認知症に限らず、動脈硬化系疾患の予防効果も示されており、積極的に摂取した方が良いでしょう。

弊社の原料(赤ワインエキス末)でも

血管を柔らかくする効果

も示されており、長期的な摂取によって、動脈硬化系疾患も予防していけるでしょう。



こういった長期的な予防効果って、本当は非常に大事なことなのに、機能性表示食品では利用できない効果だったりします。
数ヶ月での試験で、有意差を示す必要があります。有意差を示すことができない健康成分もたくさん存在します。
日本の機能性表示食品制度の欠点だと思います。

米国などは、こういった予防効果を認識し、フラボノイドなど抗酸化物質を日常的に摂取する文化が根付いています。
日本も、ちょっとづつ根付きつつありますが、長期的な要望効果より、短期的な効果に走りがちです。

日本は、超高齢化社会が訪れています。
運動・生活習慣・食生活だけでなく、上手くサプリメントを利用して、加齢性の疾患を予防していく時代だと思います。

新型コロナウイルスによって、さらに医療費が圧迫し、セルフメディケーションの部分を強くしないと、国の財政は持たないだろう・・・。
老後のQOLも自己責任となるだろう。

ちなみに、実は、こういったフラボノイドは、ジオスゲニンなどのサポニンと同時に摂取した方が良いです。特に、認知症予防という観点では、フラボノイド+ジオスゲニンの組み合わせがもっと増えても良いと思います。
ジオスゲニンは、脳の神経細胞の修復・再生というメカニズムで

認知機能の改善効果

が示されていますから。



是非、商品設計などの参考にしていただければと思います。

新型コロナウイルスの感染力と残存期間

現時点で、厚生労働省や国立感染症研究所では、残存期間は不明としているが、ネットニュースだけなく、ニュースでも新型コロナウイルスの残存期間の長さが報じられ始めています。



原文の紹介(ジョンズホプキンス大学)


”霧のように空気中に漂ういわゆる「エアロゾル」という状態でも、3時間以上生存できるとする”

”銅の表面では4時間、ボール紙の表面では24時間たつと生存しているウイルスは検出できませんでしたが、ステンレスでは48時間、プラスチックの表面では72時間にわたり、ウイルスが大幅に減少しながらも生存することが確認された”

となっており、

無症状でもウイルスを撒き散らす 理由に加え、

感染力の高さの理由が明確になりつつある。

報告では、特に、プラスチックの表面の残存期間に注目すべきです。

スマホが移動媒介になっている可能性

も明確に示しています。

こういった情報を活かして、感染予防につなげていかなければならない!

このコロナ問題は、長期戦。
医療崩壊が避けられても、継続的に感染予防を続けていかなければならない。
今のところ、緊急事態宣言解除後も、以下の点を検討していく必要があるだろう。

マスクの徹底(手作りマスク推奨)
外出後の手洗い徹底
スマホの定期的な消毒
外食時の食べ回しの禁止
オフピーク通勤やテレワークの継続
メガネの利用
電子マネーの積極的利用

マスクは、洗えるタイプのマスクであれば、今は、比較的手に入りやすい。
なければ作れば良い。ハンカチでも作れる。



会話する場合、飲食中であっても、マスク着用をエチケットとして徹底していかなければならないだろう。
そういったことで、結果、感染拡大予防していくことが飲食店などを助けることになるだろう。

手洗いは、当たり前だが、スマホも移動媒介になりうるので、外出後は殺菌するようにした方が良いだる。
まずスマホの殺菌、そこから手洗いの順になるだろう。

なお、殺菌は、スプレーを吹き付けてはいけない。ティッシュなどにふりかけてから、拭いた方が良い。
次亜塩素酸の濃度は、0.05%が良いとされており、500mlの水道水に塩素系漂白剤を5ml(ペットボトルのキャップ1杯分)入れて、消毒液を作っておくと良いだろう。

仕事に関しては、オフピーク通勤や定期的なテレワークも継続的に必要となるだろう。
社員を守るため、会社も工夫する必要がある。
(弊社は、マスクが十分に確保できるようであれば、来客の方に配布して、マスク着用での打ち合わせをお願いしようと思っている。可能であれば、会社からマスクを支給して、勤務中のマスク着用が徹底できればと考えている。)

外食に関しては、食べ回しを避けなけばならないのだろう。
居酒屋さんも、大皿を小分けするサービスを提供していく必要があるだろう。
居酒屋さんは、緊急事態宣言が解除されても、前途多難だ。

飛沫感染の観点から、メガネもかけてないより、かけていた方が予防につながるだろう。目からも感染する。
コンタクトしていても、ブルーライトカットなどのメガネをかけておくと良いだろう。

お金に対しても、移動媒介になりうる。
すでに電子化が進んでいるので、一層、意識して電子マネーを使用すべきだろう。

うがいについては、気になる人が行うべきだと思う。実際、厚生労働省のページにも、

”うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。”

と記述されているし、私自身、あまり意味がないと思っている。
むしろ、小マメに水分補給したり、のど飴をなめていた方が予防効果があるように思える。

いろいろ考えて、予防し続けなければならないだろう!
生活スタイルを見直す必要もある。

コロナに負けるな!

マスクの利用指針と洗濯マニュアル

今、マスクの転売問題が生じていますが、問題になっているのは、

使い捨て マスク

です。

そもそも、使い捨てである必要があるだろうか?

基本、マスクは、感染予防になりません!
一方、感染拡大予防につながりますので、着けたほうが良いと思います。

我々が徹底しなければならないのは、感染拡大予防です。

でも、必ずしもマスクは、使い捨てである必要はなく、綿の洗えるタイプのマスクで十分です。
もちろん、手作りマスクでも良いし、樹脂タイプの洗えるマスクでも良いと思います。




マスクにウィルスがついているかはわからんが、帰宅したら、マスクを次亜塩素酸(キッチンハイター)もしくは洗剤入りの液体に浸しておいて、ある程度溜まったら、洗濯ネットに入れて洗えば良いだろう。
もちろん、その後、しっかり手洗いをしなければならない。
勤務先や外出先で変えたければ、数枚用意して、使ったマスクを使い終わり用袋に入れておけば良いだろう。
こういった洗濯マニュアル的な情報が発信されても良いと思います。

まぁ、極論だが
使い捨てマスクは、感染してからで良い!
と思います。
感染者と医療従事者優先。

一方、今や、マスクはエチケット!

着けない訳にはいかない。
使い捨てマスクを使いまわしてでも使わなければない局面。

使い捨てマスクの使いまわしは、不衛生というのは、わからんでもないが、切羽詰まっている方々からは、反感を買うコメントだと思います。

むしろ、洗えるマスクを推奨していくべきだろう。

口には出さないが、多くの人が、使い捨てマスクを長期間使い続けていると思う。使い捨てマスクの使い回しも、仕方ないと思う。

ちょっと気になる人は、同時に、使い捨てガーゼや除菌スプレーを利用しても良いと思います。私は、花粉症持ちで幸い持っていたマスク専用の除菌スプレーを利用し続けています。



まぁ、外は数日置きに洗っても、中は毎日変えれば良いと思います。
もちろん、中は頻繁に変え、外も毎日洗った方が良いに決まっていますが。

こういったことは、使い捨てマスクの供給が追いつくまででも良いと思います。
使い捨てマスクが以前のように安く供給されるようになったら、使い捨てマスクに戻せばよいだけだと思います。

こういった局面、いろいろ工夫することが大事だろう。
転売する業者を批判するだけではなく、転売品を買わないような情報発信を行ったほうが生産的だろう。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 最大心拍数と目標心拍数で適切な運動管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。