先日、まめ鉄の書類申請方法を変更したのですが、一気にサンプル依頼が増えました。
今日も朝から一件♪



申請書類の提出が採用直前で良くなった結果、提案される頻度が一気に増えているのでしょう。

でも、通販向け商材は、供給条件ギリギリの鉄として3mg/日設計の商品が多いなぁ・・・。

ヘム鉄と比べると、鉄1%あたりのコストで同じくらいになってきているのだが、やっぱり、クエン酸鉄やプロリン酸鉄のような無機鉄のコストには敵わない。というか、土俵が違うので、全く争うつもりはない。
ターゲットは、あくまでヴィーガンやプラントベースフードの市場+Halal市場。コストでなく、質を負う市場。

何れにしても、今後、まめ鉄由来の鉄として5mg/日より10mg/日の方が有効性が高いという論文も発表されるんですけどね・・・。
だから、10mgでの設計がオススメ。

まぁ、それでも10mg配合するのは、一部の顧客(販売者)だろう。
体感によるLTVを追ったり、適正摂取量の重要性を消費者に教育していける顧客だろう。

本ブログで何度もコメントしていますが、まめ鉄でゴミ商品を作らせるつもりは、全くない。
消費者を決して騙すことのない良い商品に利用されていくような市場にしていくつもりです。
今後、コツコツと、そういった市場を創造していければと思う。