B to B ビジネスの集客特性として、単に広告媒体で誘導しても、なかなか高い費用対効果を導きにくい。

理由は、誘導される多くのページは、コンバージョンを意識されていないから。
通販商材では当たり前のことがB to B ビジネスではできない。対象が消費者から法人に代わるだけなのに・・・。
最適な顧客像すら見えていないこともある。

また、競合からのアクセスも多いため、SEOを加味した様々な対策が必要なのだが、SEO会社に依頼しても業界の実態がわからないから有効な対策が講じられにくい。

極論、弊社は、競合のアクセスによって有効的な集客を可能にしているといっても過言ではないだろう。

私は、今後、そういった集客をますます活性化させていこうと企んでいる。
それは、弊社のOEM事業が次のステージに行くためには、不可欠なことだと考えている。
まぁ、この次の施策は、未だ成功するかわからんのだが・・・。
常に全力を尽くし続けるのみ。
実行力なくして、成功は導けない。