健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

マーケティング

成功事例のウソ・ホント

しつこい売り込み電話・・・
要らないと言ったら「御社の業態でしたらアピ株式会社さんも弊社を利用しているんですが、本当に必要ないんですか?」と返された。



嫌な気分になった。

こういった特定の社名を出した営業は、顧客にバレるリスクを加味しないで行われているのだろう。
また、弊社がどのような会社であるか? 全く調べないで、そういった提案を行ったのであろう。

よりによって、古くからの付き合いで仲間が多い会社名を利用するなんて・・・。

ちなみに、実際、アピさんクラスになると、ターゲット層が全く異なるので、集客で被ることない。
基本、最大手は、SEOを行う必要はない。SEOに予算を投じるより、リスティング広告に投じた方が費用対効果が良いいだろう。

実際、配布しないプレゼン資料で、成功事例/実績として特定の社名を羅列するWebマーケティング会社やコンサルさんが多くいる。

過去、私の成功事例を全く関係なかった別のコンサルが自分の成功事例としてプレゼンされていたこともある。

世の中、通販広告のMR=1以上が普通だった時代の成功事例を利用し続けるコンサルさんも少なくない。

こういった成功事例って、顧客の利益保護のため、隠されるべきものでもある。
成功事例や受託している会社名を示せと言ってくる顧客もいるが、弊社は、絶対に開示しない。公知になっているものは別として。

例えば、費用対効果が良い広告媒体も、多くの広告代理店が営業し始めたら、すでに費用対効果は落ち始めている。

成功モデルは、創造するものであるというのが私の持論。

実は、こういった社名を出した営業は、原料営業でも多々ある。

こういった社名を出す会社ほど、実力はない と思う。

今、情報化社会では、情報公開より情報マネージメントの方が重要になってきている。
我々も、情報の取扱いに注意しながら、営業活動を行っていければと思います。

新しいWeb広告考査基準に対応した商品開発

本当は「原料メーカーの勝ちモデル」というタイトルで、記事投稿しようと思たのですが、今回は、最近のWeb広告の動向と商品開発について、解説してみたいと思います。
この順序の方が、市場動向を理解しやすいです。

まず、近年、ECでかなり幅を利かせていた広告は、ニュースアプリです。
今や、利用者の数は、とんでもない数ですからね。
この動向をウォッチするだけでも、いろいろなことが見えてきます。

例えば、先月あたりから、そのニュースアプリで広告される商品に変化が表れています。

健康食品が極端に減った
機能性表示食品が増えた
大手さんの商品が増えた


機能性表示食品は、原料受託バンクでも原材料ランキング10位以内に入っているブラックジンジャーが目立ちます。
機能性表示食品は、地上波の考査にも通るので、短尺の地上波テレビCMとクロスメディアとしてWeb広告も使いやすいという理由もあるだろう。



機能性表示食品でないものは、大手さんのサプリメントが目立ちます。
例えば、協和発酵さんのシトルリンなど。
攻めているけど、黒くはない量のクリエイティブ。

まぁ、機能性表示食品でも、真っ黒な販売が行われているが、おそらく、広告考査の基準が変わった可能性があると思います。
やっぱり、過去にも紹介したグノシーでの問題もあったので、メディアとして、何でもOKとはいかなくなってきているんだと予測されます。
少なからず、メディアも、広告に対して責任が問われるようになってきているのだろう。
当然と言えば、当然の流れ。



もしかすると、真っ黒広告では、広告費用対効果が合わないという状況が生じている可能性もある。
消費者庁の規制が厳しくなっているので、ハイリスクローリターンな販売モデルになっている可能性もあります。

両方が理由かな・・・。

また、どんな商品でも出品できるAmazonでの販売の方も、変化が表れ始めています。

激戦過ぎて儲からない

参入障壁が低く、クリエティブで差が付けにくい販路だと、必然的に、こうなってしまいます。
ドラックストアの商品と同じです。

実は、広告費をかけないと、売れなくもなってきてもいるので、広告費がペイできなくなってきています。
ワンペイスタイルだったAmazonも、リピートやLTVで儲けていく時代へと変化してきているのでしょう。

参入障壁は低くても、利益を出すためのハードルは上がっているのでしょう。

そのうち、原価率を50%前後のドラックストアの商品が勝ち上がってくるのかな・・・と思っています。

加えて、今、新型コロナウイルスの影響で、健康食品サプリメントの市場が一時的に萎んでいるのも一因でしょう。

あと、商品カテゴリー的に見ると・・・
化粧品と同様、美容などQOL向上の商品が落ち、悩み(痛みやコンプレックスなど)の緩和系商材の方が売上を維持しているように感じます。
美容系商材を購入していた人達は、コスパの高いベースサプリメントへとシフトしている傾向あります。
実は、今注目のNMNは、タイミングが悪い・・・。
中国案件でも、ベースサプリの依頼が来るので、そういった市場動向は日本に限らないのだろう。

よくわからないのは、ベタな滋養強壮系商品がよく売れていること。
マカ・ワイルドヤム(山芋)・牡蠣・シトルリンに必ず亜鉛酵母が入る。
レスベラトロールが配合されるケースも増えてきている。
不思議なものです。

こういったことが原料の販売動向でもよく見えてきます。また、2月以降に商品を上市してリピート注文が来ている商品の動向からもよく見えてきます。
今後、こういった市場動向を加味して商品開発を行う必要がありそうです。
いろいろな情報に惑わされてはいけないです。

ちなみに、どこのOEM会社さんも、販売状況などから市場分析を行うマーケッターが必要な時代になりつつあるなぁ。
そうしなければ、的確な商品提案は行て行けないだろう。

新型コロナウィルス問題の中でのマーケティング

最近、新型コロナウィルスの関係で、ある一定の商材の広告を目にします。
少しづつ、その内容は変化しています。

例えば、2月中頃は、テレワークやリモートワークの必要性が高まり、テレワークのシステムやクラウドデータサーバーの広告を目にしました。



もう、落ち着いたかなぁという感じで・・・
次は、3月に入り、学校が休校になったことにより、イーラーニング系の商材の広告が目立つようになりました。




テレビでもネットでも、目に付くのがスターディサプリ。
まぁ、チャンスでしょう。
私も、子供にネイティブキャンプ(オンライン英会話)をさせています。

一方、広告や告知にはモラルが求められます!

同時に、こういった局面、モラル的に際どいケースとして、以下のような商材の販売が行われるケースも増えてきました。

コロナウィルス対策の健康食品素材
マスクの販売


コロナウィルス対策の健康食品素材は、まぁ、ニーズも高まっているので、どうしてもアピールしたくなるだろう。
一方、こういた局面で、露骨な広告活動を行うと、企業のイメージダウンにつながりかねないので、注意した方が良いだろう。

高かくても安くても、普段からマスク販売に関わっていない企業が販売を行うのは、得策ではないと思います。

一発当ててやろうてきな魂胆が見え見えです!
実際、転売して高く売った人たちは、叩かれています。

また、いきなりマスクの販売を始めちゃうと、本業への信頼が落ちるだろう。

まぁ、マスクの備蓄が危なくなってきていて困っている工場などに、高く売り付けようというケースは、言うまでもなく最低です。
マスクの供給が追い付いてきたとき、必ず本業でも取引されなくなるでしょう。

B to B に限らず、B to C でも同様なことが起こっていて、こういった記事も、ギリギリです。



下手すると、イメージダウンにつながりかねない。

実際、私は、この女医さんのコメントの所々で、不快になる点がありました。
例えば、マスクの使い回しについては、「買えないのだから、使い回すしかないだろう!」と思った人は、少なくないだろう。

最悪、消費者庁に吊るし上げられる可能性がある。
そういった場合、確実にイメージダウンになってしまう。先日、紹介させていただいた通り、良い商品を作る会社さんでもあるので、注意して広告出さないと・・・と残念に思っちゃう次第です。



過去、ヤクルトさんなどは、厚生労働省からこっぴどくお叱りを受けたケースもあるようなので、注意しないといけないです。

こういった局面、逆効果になる広告や販売もあるのです。
これららの事例は反面教師として、皆様もお気を付けていただければ幸いです。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • ヴィーガンの理念と環境に優しい魚食
  • 結局 再びLenovo ThinkPadに
  • NMN商品と原産国表示
  • 競技空手の足さばき/最新の足さばき
  • 和のヴィーガン食:精進料理について考える
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。