昨日告知した、まめ鉄の梱包形態の変更のお知らせです。遅ればせながら、こちらでも告知。



この原料、とにかく、軽し、舞うんです。
ステカルあたりの滑沢剤を添加して攪拌造粒でも行えば、簡単に製剤化できてしまうのですが、小分けが大変。

工場作業を低減するため、その対応策を考え、実行しました。
まぁ、管理基準が厳しい大手受託加工会社さんでOKが出たので、他の受託加工会社さんでも大丈夫だろうと考えています。

弊社では、工場作業を少しでも低減できるよう、裏面のラベル貼りではなく後印刷の袋を利用したり、いろいろ工夫しています。
そして、後印刷の袋が採用されやすいよう、裏面のデータを弊社で作成して提供したりもしています。

不効率性のボトルネックをコツコツ取り除き、工場でも効率化を間接的に図っていければと思います。