健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ビタミンD

ビーガン/ヴィーガン対応のビタミンD2と鉄

先日、ビタミンDの記事を書きましたが、そこそこアクセスが集まっており、市場ニーズの高まりを感じています。



そこで出てきた質問。

ビタミンD3は、ビーガン(ヴィーガン)対応ですか?

というもの。
そして、調べた結果。

ビタミンD3は、ビーガン非対応!

実際、弊社ののパートナーの記事だが、こういった記事まで書かれています。



ビタミンD3は、毛脂から抽出したコレステロールをもとに合成されるようです。

過去、肝油からビタミンD3を抽出していたようですが、コストの問題でもう作られていないようです。まぁ、どちらも、動物由来なので、ビーガン非対応。

ちなみに、ビーガン(Vegan)って何や?
という人もいらっしゃったと思います。

ビーガンとは、わかりやすく言うと、ベジタリアンの1つ。
ベジタリアンは、主に以下の4つに区分されます。

ビーガン(植物性食品のみを食べる)
ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)

ビーガンとは、完全菜食主義者。

弊社は、ビーガン対応したオーガニック大豆由来フェリチン鉄を取り扱っているため、必然的に、ビーガンと接することも増えました。
ちょっとづつ詳しくなってきている☺

最近、仕事上で知ったのですが、インドは、ペスコ・ベジタリアンが多いそうです。特に、王族などアッパー層に多いそうです。
そういう方々は、基本、四つ足の飲食を嫌うそうです。チキンはOKという方々もいらっしゃるそうです。
だから、インドのカレーって、意外に野菜カレーや豆カレーが多く、次いで、チキンやマトンのカレーが多いんだろうなぁと思いました。

なので、弊社の鮭鼻軟骨抽出物(プロテオグリカン原料)は、意外に、インドでニースがありました。でも、インドは時間がかかる・・・。

話は戻り・・・
ビーガンが多いアメリカでは、ビタミンD3ではなくビーガン向けのビタミンD2商品のニーズがあります。ビタミンD2は、主にオーガニックマッシュルーム由来で、人はビタミンD3と同じように利用できるようです。

mushroom

アメリカ市場では、未だビタミンD(+ビタミンK)ブームが続いており、このコロナウイルス問題で、再び注目を浴びています。
日本とは比べ物にならないくらい、ビタミンD市場は大きいです。
だから、ビーガンが多い(2019年の推定で7〜8%)アメリカでは、ビタミンD2ニーズも日本と比較するとはるかに大きいのです。

ちなみに、日本のビーガン率は、約2.1%だそうです。



思ったより多い。
おそらく、少しづつ増えている。

まぁ、日本はこういった市場なので、ビタミンD2は、ビーガン対応だけの切り口だけで絶対に成功しないだろう。
同じくビーガン対応している大豆由来フェリチン鉄(まめ鉄)も、同様なことが言えます。
我々は、そこをどう攻めるかも腕の見せ所なのだろう。

冬秋からビタミンD補給を!

先日、新型コロナウイルスに対して、以下のような報告がなされました。
サプリメントなどでビタミンDを十分に補っておくと、例え新型コロナウイルスに感染しても、重症化リスクが半減する可能性が示されています。当然、死亡リスクを減らすことにもつながるでしょう。

ビタミンDが新型コロナに効果絶大? 米ボストン大、感染と重篤化が半減と発表


25-ヒドロキシビタミンDの血中濃度が少なくとも30ng / mL(ビタミンD状態の尺度)で、ビタミンDが十分である入院中のCOVID-19患者は、無意識になる、低酸素症などの有害な臨床転帰のリスクが大幅に減少しました。 (体は酸素に飢えている)そして死。さらに、炎症マーカー(C反応性タンパク質)の血中濃度が低く、リンパ球(感染と戦うのに役立つ免疫細胞の一種)の血中濃度が高かった。
「この研究は、ビタミンDの十分性が、サイトカインストーム(血中へのタンパク質の放出が速すぎる)や最終的にはCOVID-19による死亡などの合併症を軽減できるという直接的な証拠を提供します」と対応する著者のマイケルF.ホリック博士は説明しました。 D.、MD、ボストン大学医学部の医学、生理学、生物物理学および分子医学の教授。
COVID-19で入院した235人の患者からビタミンDの状態(25-ヒドロキシビタミンDの測定された血清レベル)を測定するための血液サンプルが採取されました。これらの患者は、感染の臨床的重症度、無意識、呼吸困難を伴う低酸素症および死亡を含む臨床転帰について追跡された。血液はまた、炎症マーカー(C反応性タンパク質)およびリンパ球の数について分析されました。次に、研究者らは、ビタミンDが不足している患者とビタミンDが十分な患者のこれらすべてのパラメーターを比較しました。
40歳以上の患者では、ビタミンDが十分な患者は、25-ヒドロキシビタミンDの血中濃度が30 ng /未満で、ビタミンDが不足または不足している患者と比較して、感染による死亡の可能性が51.5%少ないことが観察されました。 mL。
十分な量のビタミンDがコロナウイルスを捕まえるリスクを54%減らすことができることを発見した研究を最近発表したホリックは、十分なビタミンDであることがコロナウイルスだけでなく他の感染による結果と戦うのに役立つと信じていますインフルエンザを含む上気道疾患を引き起こすウイルス。 「インフルエンザ感染と冠状ウイルス感染の組み合わせが、これらのウイルス感染による合併症による入院と死亡を大幅に増加させる可能性があるという大きな懸念があります。」
Holickによると、この研究は、コロナウイルスと戦う能力を向上させ、人工呼吸器のサポートの必要性、サイトカインストームと死につながる過剰な免疫反応など、COVID-19の有害な臨床転帰を減らすためのシンプルで費用効果の高い戦略を提供します。 「ビタミンDの欠乏と不足は、米国および世界中の子供と大人、特に冬季に非常に蔓延しているため、感染やCOVID-19による合併症のリスクを減らすために、すべての人がビタミンDサプリメントを服用することが賢明です。
これらの調査結果は、ジャーナルPLOSONEにオンラインで掲載されています。
ボストン大学医学部提供 <Google翻訳>

原文:Adequate levels of vitamin D reduces complications, death among COVID-19 patients Medical Press

掲載論文:Vitamin D sufficiency, a serum 25-hydroxyvitamin D at least 30 ng/mL reduced risk for adverse clinical outcomes in patients with COVID-19 infection. PLoS One. 2020; 15(9): e0239799.


我々は、こういった形で新型コロナウイルスと闘っていくことが重要なんでしょうね。

特に、インフルエンザと共に、新型コロナウイルスも猛威を振るう可能性がある冬期は、ビタミンDをしっかり摂取しておくことが重要なのでしょう。

こういった報告もあってのことか、ファンケルさんでは、以下の記事のように、グループの全従業員約4,000名にビタミンDのサプリメントを配布されました。



まぁ、サプリメント会社としては、良い宣伝ですね。

今後、ビタミンDへのニーズが高まりそうです。
キノコ類でも補えますが、サプリメントの方が手軽に補えますからね。

米国は、数年前からビタミンDブームだったけど、日本は、こういった形でブームが起こるのかな?

新型コロナウィルス(COVID-19)と栄養学

日本栄養士会の中村会長や女子栄養大学栄養科学研究の香川所長から、新型コロナウイルスと栄養摂取について、こういった情報発信がされています。





その他、様々な研究機関からも見解が示されています。

基本的に、たんぱく質摂取を心がけて、バランス良くビタミン・ミネラルを摂取する必要があるのは、間違えなさそうです。

特に、以下の栄養素は、積極的に摂取する必要がありそうです。

ビタミンA
ビタミンC
ビタミンD
亜鉛


セレン
グルタミン


こういった免疫に関係が深い栄養素の摂取は、心がけた方が良いと思います。
基本のビタミンCに限らず、ビタミンDと亜鉛などは、フランスで結果が出ているようですし、以下のような報告もあるので、特に心がけた方が良いと思います。

Evidence That Vitamin D Supplementation Could Reduce Risk of Influenza and COVID-19 Infections and Deaths. Nutrients. 2020;12(4):E988.
A Review of Micronutrients and the Immune System-Working in Harmony to Reduce the Risk of Infection. Nutrients. 2020;12(1):236.


ビタミンDについては、否定的な見解も発信されていますが、感染予防というより、血中ビタミンD濃度が低い人ほど重症化しやすいようなので、外出も自粛して血中ビタミンD濃度が高まりにくい環境(日光を浴びない生活)で過ごしているので、サプリメントでの補充は必要だと思います。

まぁ、亜鉛も、粘膜を保護するビタミンAを体内に留め、免疫システムにも関わる栄養素なので、摂っていて損はないと思います。
また、亜鉛は、味覚にも重要な役割をしており、新型コロナウイルスが味覚にも変化が出ることからも、関係性は深いように思えます。

グルタミンと、アミノ酸が1つ、ポツンと示されているが、医療の世界では、経口免疫剤と言えば、グルタミンです。
今日、グルタミンの文献を読んで、まとめていて、重要性が理解できました。



何れにしても、国民は、不安を低減するために、こういった栄養素を積極的に摂取しようとしていることは、市場動向を見ていると読み取れます。

アフターコロナの世界では、免疫強化を意識して予防を心かけた栄養摂取が重要になってくるでしょう。

コロナに負けるな!
です。栄養学からも。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 最大心拍数と目標心拍数で適切な運動管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。