先日、そこそこ大きめのサイト修正を行いました。



すでに、その影響が出始めています。
めっちゃ、問い合わせが増えました!
原料も、OEMも♪

テレワーク日の今日も6:40から淡々と自宅で業務遂行中。
もうぼちぼち、一休みしたい・・・。

さて、問い合わせが増えた理由、タイトルでも紹介している通り、導線と誘導が上手く機能し、コンバージョンが上がったんだと思います。
一応、コンテンツの微修正も行っているので、そのコンテンツがハマったのも要因かもしれない。NMNサプリでの実績を示しながら、ブームやトレンドへの対応力を強化したのが良かったのかもしれない。

この導線や誘導の部分がダメなサイトって、ほとんどレスがないです。
この弊社のOEMページで、コンスタントに週3~8件の問い合わせ(電話含む)があります。



おそらく、今のペースは、週6~12件ペース。
ダメなページだと、週ではなく月の問い合わせ数だろう。

原料ページは、基本、既存顧客メインなので、ページのコンバージョン率などは、評価しにくい。
一元の客で(特に電話で)問い合わせてくる客は、基本、競合からのスパイが多い。

何れにしても、導線と誘導が上手く構築されていないと、問い合わせにはつながらない。

この導線と誘導の要素は、まさに

営業

そのものだと考えています。だから、営業を知らない人間がディレクションしても、結果は出ない。
優秀な営業マンをディレクションに絡めるべきだと思う。

加えて、当然ながら、SEOも加味して、サイト構築を行っていくべきだろう。

ちなみに、私の持論、B2Bのインターネット集客は、

組織的SEOに尽きる!

という結果に至っている。
弊社も、実行し切れていないが、私の実行だけで、そこそこ効果が出ている。
まぁ、ノウハウ中のノウハウなので、しばらくは、詳細を紹介するつもりはない。顧問先には、指導していこうと思うが。

まぁ、集客って集客(サイトアクセス)とクリエイティブ(コンテンツ、導線と誘導)のどちらがダメでも、コンバージョンにつながらない。
淡々と改善し、集客効率を高めていくしかない。
弊社も、その繰り返しです。