私が言うのもなんだが、弊社サイトのSEO強度は、健康食品サプリメント製造業界トップクラスだろう。



pv231201

最近のアクセス解析や問い合わせ数を見ていると、うぬぼれではなく、確信を持てる。

弊社のアクセスキーワードを分析すると、キーワード別のアクセスランキングは、
1位:フェリチン鉄
2位:NMN

3位:ジオスゲニン
4位:グルタチオン
5位:エルゴチオネイン
となっている。

1位と2位は、大きな差はない。
この両者は、マーケットに情報が無い時代から数多くの情報を発信し続けているので、当たり前と言えば当たり前だと思う。
それも、Googleの怒りを買わないよう、しっかりSEO対策しながら発信してましたから。

それ以外のキーワードは、未だマーケットに情報が少なく、情報量とニーズのバランスから、弊社のサイトにアクセスが集まっているのだろう。
ニーズがありそうなキーワードなのだろう。
なお、こういったキーワードのアクセスは多くても、問い合わせは多くない。
おそらく、多くが情報収集や調査でアクセスされているのだろう。
でも、こういったキーワードは、意図的に増やしている。更なるSEOに繋がるから。

そして、こういったニーズがありそうなキーワードの情報発信は、市場にも少なからず影響を与えている。
これだけSEO強度が強いサイトが発信すれば、当然のことだと思う。

ちなみに、ジオスゲニンは、インプレッションが少ない割にアクセス数が多い。マーケット上での情報が非常に少ないことを表しているのでしょう。
他の素材に比べて、まだまだニーズが低いのだろう。

市場が求める情報を発信し続けることで、弊社サイトは、アクセスされやすくなっている!

こういった好循環は、すぐに失われることはないけど、求められる情報が発信され続けていないと徐々に失われていく。
また、当然ながら、好循環を短期間で作ることも難しい。

地道な積み重ねが不可欠。
一方、こういったSEOタイプの集客って、健康食品サプリメント製造業界では、以下の理由から行われることが無い。

1. SEO対策の効果が見えにくい
2. SEO対策の効果が生じるまで時間を要する
3. SEO対策ができる人材がいない


過去にも、こういったSEO対策を試みた人達もいるだろう。
でも、SEO対策と問い合わせの関連性がわかりにくく、かつ効果が出始めるまで時間を要するため、SEO対策の効果が見えにくい。
だから、担当者は、結果が出ていても評価されず、SEO対策も行われにくくなる。

ぶっちゃけ、成果が出る前に担当者がクビになってしまう。

そして、SEO対策が行われなくなると、対策が行われる前に戻ってしまう。

したがって、弊社も、SEO効果が保たれるよう、絶え間なく情報発信を行う必要がある。

次は、オートファジーのキーワードで攻めようとしている。



今は、NMNサプリの副材でオートファジーが演出されている状況がある。
オートファジーメインで市場が盛り上がっていくのには、もう少し時間がかかるだろう。

でも、ニーズが高まっているなぁと体感しているから、攻めているのだが、どんな感じに盛り上がるかは、非常に楽しみです。

何れにしても、結果が出始めるのは、早くても来月中旬くらい。
結果がわかるのは、2月くらいだろう。
楽しみに待っていよう!

P.S.
ジオスゲニンCDを配合したLOH対策(男性の気力や体力向上)の商品の受注量が伸び始めた。650個からスタートし、2500個の単位になり始めた。
ジオスゲニンは、オートファジー系だけではない。