健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

シトルリン

シトルリンとレスベラトロールの男性機能への効果

男性機能系では人気の2成分:L-シトルリンとt-レスベラトロールについて、以下のような報告を見つけたので、要旨を翻訳してみました。

L-シトルリンとt-レスベラトロールの経口摂取によるホスホジエステラーゼ5阻害剤を使用する男性の勃起機能を改善:無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバーパイロット試験。


要旨(アブストラクト)
イントロダクション:ホスホジエステラーゼ5型阻害剤(PDE5i)は、勃起不全(ED)のほとんどの男性に対する第一選択治療です。効果がない場合は、真空勃起装置、海綿体内注射、および陰茎補綴物の埋め込みが、二次治療または三次治療として適しています。しかし、これらの治療法を選択する患者は、ほとんどいません。効果的な薬剤の経口投与によって勃起機能を改善することは、非常に重要です。 L-シトルリンまたはtーレスベラトロールを動物実験で投与すると、勃起機能が改善されることが報告されていますが、EDのあるヒトではそのような試験はほとんど行われていません。
目的:PDE5i使用しているED患者におけるL-シトルリン・トランスレスベラトロールの併用治療の有効性を試験することを目的としました。
方法:このパイロット的なランダム化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験では、PDE5iを頓用するED(男性の性的健康インベントリー[SHIM]スコアが16未満)の男性がアクティブな治療(L-シトルリン800 mg /日およびt-レスベラトロール300 mg /日)またはプラセボを一ヶ月置きに受けました。患者はPDE5iの頓用を継続しました。
主要評価項目:SHIMスコア、勃起硬さスコア(EHS)、老化男性の症状スケール性的ドメイン(AMS-SD)、および有害事象を調べた。
結果:29〜78歳の20人の患者が登録され、6人の男性が離脱した後、13人が有害事象なしで試験を終了した。アクティブな治療の平均SHIMスコア(10.96±1.21)は、ベースライン(8.32±1.21)やプラセボ(8.31±1.23)と比較して大幅に増加しました(両方のP <0.05)。アクティブな治療の平均EHSスコア(2.56±0.26)もベースライン(2.31±0.26)から増加しましたが、有意差は認められませんでした(P = 0.79)。平均AMS-SDスコアは、どちらのグループでも有意差はありませんでした。
結論:我々知る限り、このPDE5i頓用とL-シトルリン・t-レスベラトロールの併用治療において有効性が示された男性のED治療の最初の研究です。 PDE5iが不十分な場合は、この併用サプリメントを追加しても良いだろう。
Oral L-citrulline and Transresveratrol Supplementation Improves Erectile Function in Men With Phosphodiesterase 5 Inhibitors: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Crossover Pilot Study. Sex Med. 2018;6(4):291-296.
 Pubmed (PMID: 30150102 )より

まぁ、バイアグラ・レビトラ・シリアスのようなホスホジエステラーゼ5阻害剤では効果が不十分な人への試験でした。
限られたニーズ。
それでも、貴重な臨床試験結果です。

ホスホジエステラーゼ5阻害剤もシトルリン・レスベラトロールも、血管の弛緩拡張を行う一酸化窒素(NO)が作用の根源にあるのだが、発生のさせ方が異なります。

特に、シトルリンは、NOを産生するオルニチンサイクルの重要成分ですから、それを補えば、NOの産生量も増えそうです。
アルギニンを加えると、もっと産生量が増えそうです。
実際、以下の論文では、ウサギを使って、アルギニン・シトルリン・抗酸化物質(ビタミンCとE)でNO産生量が上がることが報告されています。

l-Citrulline and L-Arginine Supplementation Retards the Progression of High-Cholesterol-Diet-Induced Atherosclerosis in Rabbits. Proc Natl Acad Sci U S A. 2005;102(38):13681-6.

シトルリンの詳細は、弊社ページへ。


今回は、抗酸化物質としてレスベラトロールが用いられましたが、別のポリフェノールや抗酸化物質でも良かったと思います。
理由は、レスベラトロールの女性ホルモン様作用です。
流石に、300mgも摂取すると、影響が生じる可能性があるでしょう。

私だったら、赤ワイン由来のもので、レスベラトロールを30mg以内に留めながら、OPCやプロシアニジンを摂取させます。
(弊社の赤ワインエキスも、規格されていませんが、プロシアニジンが十数%ほど含まれます。)
実際、プロシアニジンが規格化されているピクノジェノール(120mg/日)を用いて、同様な結果が示されていますからね。

Natural Polyphenols Improve Erectile Function and Lipid Profile in Patients Suffering From Erectile Dysfunction. Bratisl Lek Listy. 2019;120(12):941-944.
Pubmed (PMID: 31855055 )より

まぁ、これら文献に基づいた商品設計を行う場合、私なら、協和発酵さんの特許に注意しながら、シトルリン(800mg/日)・アルギニン・赤ワイン由来レスベラトロールで設計するでしょうね。
赤ワインエキスのW特許も活用しながら。

実際、この設計の商品を摂取して、男性機能に変化はなくても、動脈硬化性疾患の予防など体には良いと思います。

是非、皆様も、これら論文を参考にして、商品設計していただければと思います。

剤型を工夫した高用量商品の差別化

今回は、少々テクニカルな内容の記事です。
製造ノウハウ/設計ノウハウってやつです。

近年、シトルリンのOEM案件は、多く頂いております。
そして、ここ最近、非常に増えているのは、シトルリンが1800~3000mgなどという高用量商品です。
ある大手さんの影響。
この流れは、原料仕入れが強い弊社としては、ありがたい流れです。

一方、無茶な要望も多いです。
それは、1カプセルもしくは1粒の設計にしてもらいたいというもの・・・。

例えば、賦形剤も含めて2000mg配合する錠剤ならば、直径2cmくらいのラムネサイズになってしまいます。飲み込めない・・・。
また、ハードカプセルは、米国で流通する000号でも、そんなに入りません。820~1640mgとなっていますが、1500mgが限界でしょう。
まぁ、1カプセル・1粒というのは、ちょい無理があります。

だからと言って、1号カプセルにした場合、頑張っても5~6粒くらいになってしまうでしょう。
それはそれで、かなりコスト高になります。
これだけ高用量になると、最適剤型は、錠剤になります。

私の考え方ですが、カプセルは多くても1日あたり3粒以内の設計にした方が良いです。
コスト的に。
好ましいのは、1日あたり2粒。
日本人の場合、男性向け商品は1号まで、女性向け商品は2号までの大きさが好ましいです。

最適剤型が錠剤の場合、摂取量が多い場合や飲みやすさを改善したい場合、いろいろと工夫する必要があります。

例えば、単なる粉末を用いている場合、エキス末へ変更するのも一手です。
可能であれば、弊社の赤ワインエキスのようにグラス換算できるような、粗原料換算できるエキス末などが理想です。

カプセルは、有効成分の含有量が多く摂取量も少ない様な原料に適しています。たくさん摂らなければならないアミノ酸などは、顆粒か錠剤。もちろん、3000mgを超えてきたら、当然、顆粒が良いです。味付けが面倒ですが。

また、形状を丸錠からラグビー型に変更してみるのもオススメです。

6AA8E4F1-60D9-4817-9B71-4AFEB9064691

私は、丸錠だと350mgが飲み込める限界ですが、細長いラグビー型だと500mgでも難なく飲み込めます。
ハードカプセル同様、形状が細長いのでツルンと喉を通りやすいのだと思います。

海外の座薬のようなバカでかい錠剤も、ラグビー型であることが多いのは、同様な理由があるのでしょう。

顧客は、たまに消費者の利便性というものを考えずに商品設計して、そのまま製造に踏み切ってしまいます。
当然、失敗します。
製造側の営業マンは、こういった提案ができて上手く誘導できてこそ一人前。
顧客の言いなりではいけません!

まぁ、女性だったら、小さい方のラグビー型錠の方が好ましいのかな。
今後、我々も研究です。
日々研究、お客様から学ばせていただいています。
感謝です。

Amazonの市場の最終形:終息の時は近し

今週は、激務です・・・。
昨晩も帰宅したら、24時近く・・・。いつも通り5時15分起床し、8時前に出勤して、海外とのやり取りを始める・・・。
何とか、記事を書けました。

今回は、Amazonの市場について、動向を紹介です。
まず、一言。

早かったぁ・・・

この市場は、一年も経過せずに陰りが見えてきました。
一気に群がり、無駄な競争だけ行い、誰でも簡単に儲からない市場へと変化しつある。

ぶっちゃけ、商品のライフサイクルは、長くても3ヶ月、厳しい見方をすると1.5~2ヶ月といった感じだろう。

販売者は、商品に思い入れは全くなく、投機マネー的にビジネス参入しているから、儲からなくなったらすぐに撤退する。

商品の市場価格だけが崩れる。

ついでに、シトルリンやHMBのような原料価格も崩れた。
米国の市場に近くなった。

実際、こういった市場になってくると、

Amazonでこ勝ち残るのは1カテゴリーあたり数商品のみ

勝ち残った数商品は、リピートされ続けるであろう。


一方、リピートされるだけの商品力があることが最低条件だと考えます。厳しい市場なので、ゴミ商品では、生き残れないです。

サプリメント先進国アメリカの事例だと、

勝ち残る商品を作るメーカーは、複数の勝ち残る商品で展開し、激安ブランド化していく流れになります。

基本、米国の場合、こういった展開が単味商材で行われていく。
もう少し、具体的に述べると・・・

DHCさんのビタミン・ミネラルのような原価率50%オーバーの商品だけのブランドで展開する会社が数社できてきます。

Amazonのビジネスは、それほど広告費がかからんから、それでも利益が出ちゃう訳ですわぁ。

ただし、多くの競合が撤退するくらいまで徹底して価格勝負しなければならないです。競合を潰していかなければならないです。
当然、勝ち残っている商品を持っていれば持っているほど、横展開しやすいから有利になっていきます。

トコトン潰し合う市場 そういった市場であることは、よく理解しておかなければならない。

勝ち残る商品を作るコツは、

大量生産に加えて

原料調達の工夫 に尽きます。

これは、DHCさんのやり方を見ていると、間違えないと思います。まぁ、売れてくると、必然的に原料メーカーが寄ってきます。そこでの交渉が勝敗を分けていくでしょう。

うちの原料みたいにオンリーワン原料は、如何に協力関係を築くか、添加物系の原料は、如何に価格を競わせるかに尽きます。

ちなみに、余談だが、弊社の山芋ジオスゲニンは、この記事の内容(バイアグラ様作用)を活用して、シトルリン&アルギニンサプリの差別化素材に用いられることが多い。特許もあるので、クリエイティブ表現上、使いやすいのだろう。
最近、増大系や精力系のサプリでは、定番素材化し始めている・・・。「ジオスゲニン 増大サプリ」で多く検索されているようです・・・。



そして、Amazon系の会社が最終的に手を出すのは、ビタミン・ミネラルのベースサプリ。
広告費や流通&小売りの儲けが乗った量販店の市場を取っていくことになります。

結果、間接的にAmazonが量販店の市場を食っていくことになります。

Amazon vs 量販店の代理戦争です!

まぁ、そこまで気合を入れて、Amazonの市場を制しようとする会社さんが出てくるかが微妙ですが・・・資金があれば容易です。

もっとえげつない方法は、経営の悪い製薬会社もしくはサプリメント老舗会社を買収してから、展開する方法。ブランドを買ってから、展開する方法でしょう。
そして、最終的に、工場を買収もしくは建設するという展開が理想でしょう。

何れにしても、このような市場になっていくことは間違えないです。
製造側の我々は、どう絡んでいくかも、よく考えていかなければならなそうです。

P.S.
明日も、5時台に起床して、小娘を学校に送り出し、小僧の運動会の弁当作りです。
今年も、かみさんは、自分の学校の運動会と被っているし・・・。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 最大心拍数と目標心拍数で適切な運動管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。