こんな時間に、今回は、経済の話。

日本の株価は、実力以上の株価を示していたケースが多く、ちょっとしたプチバブルのような状態が長期にわたって続いていると思います。
そのため、一部の上場企業では、お金が余ってしまい、良い買収先を探し続けていた現状もありました。これは、日本市場に限らず、欧米の食品市場(健康食品・サプリメントを含む)でも、同様なことが起こっていました。

ずっと危惧していたのですが、そのプチバブルも、いつか終焉を迎えます。

だから、ここ1、2年、怖くて株を変えなかったです。

もしかすると、ファイナルクラッシュという形で、是界全体の流れで終焉を迎えてしまうかのしれない。



そして、今回のコロナショックは、そのファイナルクラッシュを招きかねない。
非常に、危ない状態と思います。

加えて、東京オリンピックが中止になった場合、スポンサーになっている大手企業を中心に、株価は暴落するだろう。



一方、ここまで株価が下がってくると、東京オリンピック中止やファイナルクラッシュが起こらなければ、日本株の株価は必ず反発するだろう。
ハイリスクハイリターンだが、チャンスも訪れるだろう。
今は、見守るしかないと思う。