今回は、私の空手道について。
青梅で再開するまでの空手経験、私は、大学の部活でしかありませんでした。
大学での部活は、週6回。当時は、平日:17時~19時半過ぎ、土曜日:10時から12時半くらいの稽古でした。
小学校から、運動を変えながら、同じような生活をしていたので、この空手漬けの生活は、苦じゃなかったです。
まぁ、がんばって、2年生で単位の9割ほどを取得していたので、3年以降は、ほとんどバイトと空手だけの生活でした。

目標は、試合に勝つため。
メインは、全国国公立大学空手道選手権(全国公)で優勝すること。

空手エリートの私立大学の選手とも、試合していました。
やっぱり、私立大学は、一定以上の大学には勝てませんでした。
最後の試合だった、関東の体重別個人戦(中量級)でも、準々決勝で帝京大学の選手に5-2で負けちゃいました。

大学院時代は、後輩達の指導。
後輩達も頑張ったので、経験者ゼロのチームで東日本ベスト16。負けた相手は、帝京大学。

今とは、環境も、競技レベルも、異なります。

こんな空手人生だったので、子供と空手を再開した時は、いろいろと戸惑いました。
10年以上もブランクがありましたからね・・・。

また、何と言っても、立場が選手から指導者になった変化は大きいです。
それも、大学生ではなく、小学生・・・。

指導者としては、求められるものが全く異なります。
また、チームの目標・目的や思想によっても、求められるものが異なります。
ぶっちゃけ、数年、悩み続けました。
そしで、出した結論。

【目標・目的】
集中力の強化
考えて努力する力

礼と協調性の習得


まず、どんなスポーツでも、勉学においても、集中力は、結果を左右します。
空手を止めて別のスポーツを始めても、勉学に集中しても、空手を通じて結果を出せる人間を育成していければと考えています。

それは、私がスポーツ人生で学んだ大きなものだったと思います。

実際、3年生の高校総体後から受験勉強を始め、1次志望校は失敗しましたが、2次志望校の東京水産大学(現 東京海洋大学)に合格。大学院入試も、4年の7月8月に死ぬほど集中して、最も不得意だった英語の試験をパス。
すべて、スポーツによって培った集中力によるものだと思います。今の仕事での成果も。

そして、指導者の役割として、

1. 集中力を途切れさせないような雰囲気の維持
2. スキルレベルに合った最適な指導方法

が求められるのだろう。
2はいろいろ試行錯誤してきたが、1は、これから本気で追求していこうと思っていることでもあります。最近、子供達の育成という面では、1に尽きると思うようになった。

次に、スポーツで結果を出すためには、才能も重要ですが、考えて努力する力も求められます。
体だけでなく、頭も使います。
だから、

文武両道

という言葉があるのでしょう。

基本、トップ選手以外は、文武両道であるべきだと考えています。
まぁ、極まれに、トップ選手でありながら、文武両道の方もいらっしゃいます。そういった方は、より高いレベルの集中力と才能の両方を持ち合わせられたのでしょう。

そして、何事も一生懸命取り組むにあたり、自分に問いかけなければならないことがあります。

先日、それをスキーの萩原健司さんが番組で紹介されておられたので紹介です。

352F5C9D-51B3-4187-B73E-B740150F75BE


本気は、本物か?

ほんと、良い言葉であり、ついつい、写真を撮ってしまいました。

真剣に取り組まなければ時間の無駄であり、結果を求めるのであれば、人より努力が必要です。
努力していても「その努力は本気で、本物か?」と問われれば、Yesと言える人は、極少数です。
そして、それができる人だけが結果を出しています。

まぁ、こいつだけには死んでも負けたくないという人間を持つことが手っ取り早く努力できる秘訣なのですが、達成したら、すぐに別の高い目標を設定し続けなければならないのですが・・・
環境が大事だったりもします。
経験として、切磋琢磨する仲間は多ければ多い方が良いと思います。

結局、こういった空手とは、単なる習い事かもしれないけど、子供のために親はお金を出している訳だし、時間は有限であり、子供が成長できる時間も有限です。

せっかく時間を割くのだから、どんなことでも、子供の成長につながり、将来に活きるような指導を行っていきたいと考えています。

それは、長男長女が私立の進学校に入学したので空手を卒業し、自分の中での空手の指導というものも変化したからだろう。
自分も、せっかく時間を割くのだから、結果が出なくても子供達の成長を追い求めるべきだと思うようになったからだろう。

私も、環境が変化しています。
指導する環境も変わる可能性が高いです。
まぁ、求められるところに、自分が存在する場ができるのだろう。

また、先述の通り、10年も休んでいるので、遅れた分を頑張って取り返す必要もあります。

今日は、世田谷で指導。
新しい空手道着です ♪

夏になると、この軽量速乾タイプの道着しか着る気になれません・・・。値段が上がる前、在庫性分時に、購入してありました。
頑張ろう!