健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

オーガニック

オーガニック市場を成長させた法改正・規制緩和

一昨日、最寄り駅のイオンを訪れたのですが、もやしが有機(オーガニック)になっていて、びっくりしました。



まぁ、この店舗の方針かもしれませんが、ここのイオンは、最近、野菜を中心に有機の商品が増えています。
例えば、マッシュルーム、ゴボウ、ニンニク、レタスなど。

こういった変化でも、オーガニック市場の成長を感じます。



そもそも、生鮮野菜は、有機JASの認証を取得しやすく、昔から存在していたのですが、ここ数年、オーガニック市場の成長と共に、取得する野菜も増えているんだと思います。

ところで・・・いつの間にか、
オーガニック(有機)の表示や広告表現は規制緩和されているってご存知でしたか?

実は、こういった規制緩和も、オーガニック市場を成長させている一因になっているのです。

オーガニックの表現は、過去、商品で有機JASを取得していなければ、表現ができませんでした。海外で有機の認証を受けていてもダメでした。
海外商品が日本で有機/オーガニックを謳うためには、審査官の現地視察も必要で、お金をかけて有機JASを日本で取得する必要がありました。
まぁ、私は、日本の農業を守るための国策だったと考えています。
やっぱり、海外のオーガニック商品が日本に入ってくると、日本の商品は、太刀打ちできませんでしたから・・・。

そうなってくると、有機を謳える商品が限定されるので、なかなか市場が成長しないという状況があったと思います。

しかし、平成27年4月の食品表示法の改正で、特色のある原材料等に関する事項の設定され、表示の概念が消費者が選択できるものに変化しているのです。

食品表示基準第7条:任意表示
■特色のある原材料等に関する事項


有機に限らず本事項については、東京都のページが具体的に説明しています。


要するに、嘘でなければ、有機原料を使用している旨を謳えるようになったのです。
食品表示法では、機能性表示食品が新たに加わっただけではなかったのです。

もちろん、有機原料と言うのは、有機JASに限定されず、海外の有機認証も該当します。
ただし、「どの原料がどんな有機認証を取得しているか?」「製品に占める割合」など、誤認が無いよう的確に詳細を表示する必要があります。

例:大豆抽出物(フェリチン鉄含有)
本商品に〇%配合されている大豆抽出物は、米国で有機認証:USDA ORGANICを取得した原料を使用しています。

オーガニック(有機)は、広告表現に限らず、的確に表示すれば、健康食品サプリメントのパッケージにも記載可能です。

多くの製造者は、(不勉強なのもあり)リスクがあるから海外の有機認証を表現したがらないのですが、消費者庁に指導を仰ぐと、表示可能な範囲を的確に指導してもらえます。
たしかに、広告表現に限定してもらうのは、無難なのですが・・・。

一番良い例は、大手さんのソースやケチャップ!
ソースやケチャップは、砂糖や香辛料も配合されるため、なかなか有機の表示が難しかった商材ですが、現在、以下のような有機野菜使用を前面に謳って商品が流通しているのです。

ブルドック:有機野菜使用のソース
カゴメ:有機野菜と果実使用ソースウスター
デルモンテ:有機トマトケチャップ

トマトなどは、海外の有機トマトが利用されているようです。国産の有機トマトは、非常に貴重ですからね・・・・。

一方、加工食品は注意が必要。
注意しなければならないのは、有機の原料・素材を使用していると標榜できても、有機の商品としては標榜できない点です。
商品としての有機の標榜は、未だ有機JASに限定されています。

デルモンテさんの商品の表現が、上手く表していると思います。

まぁ、消費者の多くは、商品としての有機JASまで求めていないというのが、これまでの経験で感じている現実です。
むしろ、徹底的に情報開示され、有機の原料がどのように使用されているか? その他にどのような原料が使用せているか? という点の方が重要視されています。

そして、そういった商品の特徴として、
LTV(Life Time Value: 顧客生涯価値)が高い!

消費者が納得して選ばれているからでしょう。

これからの時代、顧客を納得・満足させてLTVを高めていかないと勝ち残れない!というのがよく分かります。
それが、コロナ禍で顕著になりつつあると感じています。

これからも、時代を先取り、勝ち残れる商品開発を続ければと考えております。
そのためには、努力あるのみです!


【個人的な見解】
日本の有機/オーガニックの表記は、まだまだ問題点も多いです。
食品添加物だらけの商品でも、原材料の一部に有機の原料を配合していれば、有機の表現ができてしまいます。
広告表現では、有機の原料が〇%配合されていることまで表記されるケースが少ないでしょうから、オーガニックが緩い規制で謳えることにより、ほんのちょっとだけ有機の原料を配合した偽物オーガニック商品も現れやすい状況もあります。

特徴成分の強調表記でも同様なことが言えるのですが、広告とパッケージの表現・表示は連動すべきだと思います。
まぁ、それを徹底すると、困る会社がたくさん出てきてしまうですけどね・・・。

ヴィーガン/ビーガン健康食品サプリメントOEM製造

今日も、ニュースでヴィーガンスイーツについて、たくさん紹介されていまいたね。





ヴィーガンというキーワードも、かなり耳にするようになってきましたね。
盛り上がり始めを感じます。
インフルエンサータレントのローラさんも、ヴィーガン生活をなさっているようですしね。



先日、私も、ヴィーガンのネタで記事を書いていたのですが・・・それもかなりニッチな記事、どちらかというとSNSで好評でした。



そこで、今日は、弊社サイトに以下のような特設ページを作成していました。たまたま、作成していたんですよね・・・。



未だ繋ぎ込みを行っていないのですが、この後、お知らせで告知して、明日、繋ぎ込みを行う予定です。

ページにも書かれている通り、ヴィーガンとオーガニックの親和性って、かなり強いんですよね・・・。
今日のヴィーガンスイーツの紹介番組でも、白糖ではなく、アガベシロップを利用していたし、確実にナチュラル志向であることが示されていました。

まだまだヴィーガン&オーガニック大国の米国には敵いませんが、少しづつ、日本も変化して生きているようです。
とても良い傾向だと思います。

ちなみに、スーパーフードが日本で盛り上がり切っていないのは、このヴィーガンやオーガニックの下地がなかったためと考えています。
ヴィーガンやオーガニックの下地ができると、おそらく、スーパーフードも再燃して始めると予測しております。

先行して本ブログで公開ですが、是非、参考にしていただければ幸いです。


【追記】
本日、弊社サイトの特設ページに「ヴィーガンが不足しやすい栄養素」の紹介を追加しました。

ビーガン/ヴィーガン対応のビタミンD2と鉄

先日、ビタミンDの記事を書きましたが、そこそこアクセスが集まっており、市場ニーズの高まりを感じています。



そこで出てきた質問。

ビタミンD3は、ビーガン(ヴィーガン)対応ですか?

というもの。
そして、調べた結果。

ビタミンD3は、ビーガン非対応!

実際、弊社ののパートナーの記事だが、こういった記事まで書かれています。



ビタミンD3は、毛脂から抽出したコレステロールをもとに合成されるようです。

過去、肝油からビタミンD3を抽出していたようですが、コストの問題でもう作られていないようです。まぁ、どちらも、動物由来なので、ビーガン非対応。

ちなみに、ビーガン(Vegan)って何や?
という人もいらっしゃったと思います。

ビーガンとは、わかりやすく言うと、ベジタリアンの1つ。
ベジタリアンは、主に以下の4つに区分されます。

ビーガン(植物性食品のみを食べる)
ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)

ビーガンとは、完全菜食主義者。

弊社は、ビーガン対応したオーガニック大豆由来フェリチン鉄を取り扱っているため、必然的に、ビーガンと接することも増えました。
ちょっとづつ詳しくなってきている☺

最近、仕事上で知ったのですが、インドは、ペスコ・ベジタリアンが多いそうです。特に、王族などアッパー層に多いそうです。
そういう方々は、基本、四つ足の飲食を嫌うそうです。チキンはOKという方々もいらっしゃるそうです。
だから、インドのカレーって、意外に野菜カレーや豆カレーが多く、次いで、チキンやマトンのカレーが多いんだろうなぁと思いました。

なので、弊社の鮭鼻軟骨抽出物(プロテオグリカン原料)は、意外に、インドでニースがありました。でも、インドは時間がかかる・・・。

話は戻り・・・
ビーガンが多いアメリカでは、ビタミンD3ではなくビーガン向けのビタミンD2商品のニーズがあります。ビタミンD2は、主にオーガニックマッシュルーム由来で、人はビタミンD3と同じように利用できるようです。

mushroom

アメリカ市場では、未だビタミンD(+ビタミンK)ブームが続いており、このコロナウイルス問題で、再び注目を浴びています。
日本とは比べ物にならないくらい、ビタミンD市場は大きいです。
だから、ビーガンが多い(2019年の推定で7〜8%)アメリカでは、ビタミンD2ニーズも日本と比較するとはるかに大きいのです。

ちなみに、日本のビーガン率は、約2.1%だそうです。



思ったより多い。
おそらく、少しづつ増えている。

まぁ、日本はこういった市場なので、ビタミンD2は、ビーガン対応だけの切り口だけで絶対に成功しないだろう。
同じくビーガン対応している大豆由来フェリチン鉄(まめ鉄)も、同様なことが言えます。
我々は、そこをどう攻めるかも腕の見せ所なのだろう。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • 結局 再びLenovo ThinkPadに
  • NMN商品と原産国表示
  • 競技空手の足さばき/最新の足さばき
  • 和のヴィーガン食:精進料理について考える
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。