先日は、労務系認証の紹介をいたしましたが、今回は、SDGsについてです。
最近、健康食品サプリメントの会社さんのホームページでは、多くの会社さんがSDGsのサイトが設置され始めています。







以前に、CITE JAPAN 2021を訪れた際にコメントしましたが、健康食品サプリメントより、化粧品業界の方が、SDGsへの取り組みが盛んなようです。

弊社も、SDGsのページを設置しているのですが、先日、強化いたしました。



そして、ヴィーガン向け健康食品サプリメントとの紐づけを強く致しました。

実は、ヴィーガンって、SDGsとの関連が非常に強いです。
それは、中田さんのYouTubeでの解説を視聴すると、よくわかると思います。



実際に、食肉と環境問題の関係性も強いですし、最終的には、飢餓問題を解決するためには、食肉を減らしていく必要があるのでしょう。



世の中で、SDGsや環境問題へ関心が高まると共に、完璧なヴィーガンとは言わないまでも、ヴィーガン思想を持って、肉を避けるような動きも強まっています。

特に、若い人は、学校教育でSDGsを学ぶので、我々世代より意識が高いです。
ローラさんなどは、かなり早い段階からヴィーガンであることを公言しており、今後、若いインフルエンサーがヴィーガン市場を作っていくと予測しています。

当然、ヴィーガン向け健康食品サプリメントのニーズも高まる訳であり、大手さんも参入されようとしています。
まぁ、弊社は、まめ鉄という植物鉄の原料を取り扱っているので、こういった市場動向をどこよりも察知で来ていると思います。
なので、弊社では、こういった特設ページも設置しています。




なので、ヴィーガン向けサプリメントのOEM問い合わせも増えています。

まぁ、サプリに限らず、大豆ミートも人気急上昇です。
私も、大豆ミートだけの料理を作ったり、大豆ミートを足して肉の量を減らしたりもしています。



まぁ、すぐには、肉をゼロしていくことはできないですが、環境負荷の少ない肉を選択したり、肉よりエコな近海青魚を選択するなど、私も、やれることを少しづつやっていければと考えております。

私も、肉なしスープカレーなどを作ったりもしています。



これからの時代、そんな時代になっていくんでしょうね・・・。
ちなみに、このスープカレーには、カツオ出汁が入っているため、ヴィーガン対応ではないです♪