コロナ過でも、世田谷と青梅の2箇所で空手の指導を行っている。
小学生中学生の指導を行うようになって、かなりの年月が経過している。そこで、ここ最近、以下のように思うようになった。

空手に限らず、どんなスポーツも、勉強も、

気持ち

が大事。
空手は、上手くなりたいという気持ちをどれだけ強く持てるかだと思う。
勉強だと、成績を上げたいと思う気持ち。

その本人に気持ちがなければ、決して上手くならない。

指導者は、技術を伝えるだけでは不十分で、この気持ちを持たせるような指導を行うか?を追い求めていく必要があるのだろう。
そういった指導を行っていくためには、

集中を切らさない緊張感

を維持し、上手くなれる環境を作ってく必要があるのだろう。

そして、どんなスポーツも同じだと思うが、

基礎力

がなければ、勝負では勝てない。
空手の場合、それが顕著だと思う。
立ち方・構え方・体の使い方・足運びができて初めて、実践的な約束組手や駆け引きの段階に進める。

今後、組手での立ち方・構え方から見直していこうと思う。
やっぱり、棒立ちでは、いつまで経っても試合で勝てない・・・。