2年前ほど、MBさんから聞いていたSHEINがネットでもポツポツ情報が出るようになってきた。
どうやら、大学生での人気から、中高生への人気へと人気の幅が広がり始めているようです。



このファストファッションは、中国の南京発のブランドであり、本社はシンガポールにあります。
店舗は持たず、基本、ネット限定のファストファッションブランド。

何と言っても、安い!
デザインも、種類も多く、そこそこ。

最近は、日本でのインターネット広告も始まったようですし、完全日本語対応し、デザインもアメリカ市場受けから日本市場受けを意識したようなものに調整され始めているような感じがする。
初めて知った時は、英語のページしかなかったですし、モデルも日本人が増え、デザインもアメリカの匂いがした。今は、そんなことない。

そもそも、洋服って、以下のコストで成り立っており、

デザインコスト
生地コスト
加工賃
広告費

ブランドによって、構成比率が全く異なる。

デザインコストは、ファストファッションのような大量生産品の場合、1商品あたりのコストとすると、かなり圧縮されているだろう。
反対に、高級ブランドや有名デザインとのコラボ商品などは、必然的にデザインコストは大きくなってくるだろう。

ちなみに、ファストファッションは、コスト最優先の薄利多売という、高級ブランドの付加価値戦略とは対照的な戦略で展開していてるため、広告費に関しても、1商品あたりのコストは、かなり圧縮されているだろう。
ほんと、ファストファッションは、大きな資本でしか成り立たない典型的なビジネスモデルだと思う。

一方、今の日本の若者にとっては、とてもありがたいし、生まれながら、ファストファッション文化で育っているので、ファストファッションの洋服を上手くコーディネイトして着こなすことに慣れている。だから、大学生も、高級ブランドの洋服を選択することは、少ないだろう。
※若者の定義は25歳くらいまで。また、お出かけ着やデート着は除き、あくまで普段着の話。

お高めのブランドを購入していたような、バブル期からバブル崩壊期に大学生をやっていた我々世代とは大きく異なる。
近年、カナダグースやタトラスなど、高級ダウンを購入していたのは、ブランド志向が強いこの世代が中心だと思う。
バブルの名残・・・。

また、今の若者は、おそらく、高級腕時計などにも憧れず、興味を示さないだろう。

まぁ、そもそも、高級ブランドや高級腕時計って、権力や財力などの自己顕示欲の部分でもあったりし、今の若者も、将来、高級な洋服や時計で自己顕示するのかもしれない。
我々世代ほど、顕著ではないと思うが。

ちなみに、私も、ブライトリングの時計を付けていても、約8割は、日時があっていない☺
ファッションと自己顕示欲の現れでしかない☺

ちょうど我々世代は、ファストファッションをアンダー以外に着ない人と、ファストファッションしか着ないようになった人に大きく分かれているようにも思える。
不思議なものだ・・・。

一方で、アウトレットが台頭してきたお陰で、そこしお高めのブランドも、安く購入できるようになったことで、誰でもお高めな服を着れるようになった時代でもある。
都会でしか購入できなかったようなブランドが地方でも購入できるようになった。

まぁ、今の若者も、親におねだりする時は、アウトレットなどのブランドだったりもするのだろう。
親が買ってくる洋服の比率は、アウトレットのブランド比率が高いだろう。

さらに、コロナ禍ということもあり、テレワークやオンライン授業が増え、更にファッションの概念も変化しているのだろう。



ビジネス着は、年々ラフになっていたが、その流れは、一気に加速した。
それは、若者も同じだろう。
オンライン授業なら、ファストファッションのおしゃれだけで十分だろう。

ただし、例えば、UNIQLOやGUは、同級生などと被ってしまう可能性やブランドを知られてしまう可能性がある。
なので、あまり人が来ていない新たなファストファッションというニーズが出てくる。
コロナ禍の大学生は、ちょうどSHEINがそのニーズに合ったのだろう。

SHEINが日本でも伸び始めている理由だと思う。

こうなってくると、今の若者は、ファストファッションにますますどっぷりとなり、ますます高級ブランドに興味を示していかない可能性がある。
だって、無くても、十分におしゃれできるから。
そんな時代なんだと思う。

そして、韓国の激安ブランドも進出してくるという話も聞いているので、今後、SHEINのようなブランドが増えてくるだろう。
これで、今の若者達は、ファストファッションしか必要としない世代になっていくのだろう。

個人的には、おしゃれなテーラードジャケットやネクタイも多く取り扱う、ヨーロッパ中心で展開していて日本未展開のC&Aが上陸してくれるとありがたいのだが、UNIQLOなどとも競合し、日本の土壌と合わないため、難しいのだろう・・・。
ジュネーブなど、ヨーロッパの展示会に行った際、仕入れてくるしかないのだろう・・・。