昨日、NHKの「あしたが変わるトリセツショー」で「鉄」のトリセツとして貯蔵鉄不足による貧血の内容が放映されました(2022年7月14日 午後7:55)。



こういった番組は、とてもありがたい。
NHK様様。
やっぱり、こういった番組が放映されると、翌日、それなりに反応がある。

まぁ、貯蔵鉄ってフェリチンのことなのだが、血中フェリチンが低い隠れ貧血の女性って、ほんと多い。

1992年の内田らの調査報告(日本人女性3,015名)では、鉄欠乏性貧血8.5%、潜在性鉄欠乏8.0%、貯蔵鉄欠乏33.4%、正常43.6%、その他6.5%となっており、調査に参加した半数の女性が鉄欠乏もしくは潜在的鉄欠乏であることが示されている。
隠れ貧血は、潜在性鉄欠乏と貯蔵鉄欠乏の方が該当し、40%強の女性の方が該当する。

引用文献:内田ら 日本人女性における鉄欠乏の頻度と成因にかんする研究 臨床血液 1992; 33 (11) 1661-1665.

ちなみに、栄養鉄の臨床研究を行っていると、鉄不足は、月経との関係が深いことがよくわかる。やっぱり、月経時、フェリチン(貯蔵鉄)が30%程度落ちるという報告もあり、この月経のタイミングがヒト臨床試験に大きな影響を与える。
なので、昨年我々が行った試験(被験食品:まめ鉄)では、被験者の月経と鉄摂取のタイミングを一定化して実施した。



この結果を見ると、5mg/日、特に鉄欠乏の人の場合、好ましくは10mg/日くらい摂取した方が早く回復するんですよね・・・特に、貯蔵鉄である血中フェリチン値を回復させるためには。
番組で推奨されている3mg/日の補給では、フェリチン値が上がるまで、かなり時間がかかると思う。

まぁ、何れにしても、弊社の顧客(販売者)の商品に対しては、昨晩あたりから何らかのレスが出ているだろう。
そして、その動きが、来週中くらいからOEM案件等に影響してくると予測しています。
近年におけるメディアの反応の特徴。
来週が楽しみ。