おぉぉ、ついに!

愛用していたウィニングの
グローブに穴空いた!

C15A69A4-B758-4A6B-A2F0-3880DA1AC0A6

それも、親指の付け根と、変わった場所。

なので、急遽、新しいグローブを購入することになった。
次は、レイジェスのグローブにしてみた。

本当は、無難に再度ウィニングのグローブが欲しかったのだが・・・
前回同様、名入れをすると、3ヶ月くらいかかるのも知っていたし、以下の理由から、グローブを探すことにした。

 名入れに3ヶ月も待てない
 他のグローブへの興味
 この記事のため

結果、デザインとブランドで、このレイジェスのグローブを選びました。



前回同様、10オンス。
アマゾンではなく、Yahoo!ショッピング(+5ポイントの日)で購入しました。

レイジェスのグローブは、柔らかいと言われているけど、まぁ、私は、基本、思いっきりサンドバックを打たない方針に変えていますし、ミットを打った時に良い手ごたえがあれば十分なので、柔らかくてもええかなぁと思い、選択することにしました。

ちなみに、空手をやっていると、点で捉える癖から、思いっきりサンドバックを打つと拳に負担がかかります。ゲルの入ったインナーグローブを利用していますが、全力で打った次の日は、拳に違和感がある。まぁ、巻き藁も突いていない軟弱な拳なので♪

まぁ、使ってみて、ウィニングの時もそうでしたが、グローブが手になじまないので、ミットやサンドバック打っても、いい音しいくい・・・。
もう少し使い込んで、手になじませないとダメだなぁ・・・。
あと、柔らかいというコメントはあるが、柔らかくない。
やっぱり、薄いというコメントは、正しいと思う。今日は、拳に違和感がある。1サイズ上げて12オンスにしても良かったかも・・・。