近年、NMNや5-ALAなど、新しいアンチエイジング素材が市場で注目されています。

一方、これらの素材は、収益を上げるためには手を出すけど、本腰を入れて取り扱うことは決してないです。
理由は、以下の2点。

効果に対するコスパが悪い
コスト競争にしかならない(中国素材だけが勝つ)


ぶっちゃけ、NMNなんて、エビデンスがなさすぎる。
仮に、250mgでアンチエイジング関係の有効性が示されても、どんなに安くなっても10万円/kgを超える素材だから、高価格帯商品にしか利用できない。
それでは、多くの人の手に届かない。

5-ALAは、多額の研究費が投じられた素材であり、エビデンスも充実している。
一方、特許抵触の心配のない原料は、大手企業にしか供給されないだろから、中業企業では手が出せない。
面白くない。

そういった問題を解決するため、ジオスゲニン包接体などの原料を開発した。



このジオスゲニンという素材は、非常にコスパが良い。
多くの人を認知症リスクから守ってくれるだろう。
それ以外にも、オートファジー関係で、健康への貢献が期待できる。

安価のコストで多くの人に健康を提供できることが目標!

もう一つの弊社オリジナル素材、まめ鉄は、更なるエビデンスの充実とコストダウンが求められる。
そのため、必死に頑張っている。
コストダウンは、限界があるのだが、合格ラインには近づいてきた。もう一息。

私は、こういったことを考えながら、社会に貢献できる費用対効果の高いサプリメント素材を開発し続けている。

これからも、日々努力です!