先週投稿したヴィーガン向けの健康食品サプリメントに関して、予想以上に好評だったため、改めて補足の記事を書くことにしました。

基本的に、公的な認証機関がないため、自主基準を定める必要がありそうでしたので、以下のページも参考にしながら、弊社の基準を作ることにしました。



以下が弊社の基準です。

1. 調査書により動物由来の一次原料が使用されていない(必須)

2. 動物由来物質含有検査の実施(任意)




DNA検査(;PCR法)とElisa法の検査が存在するようです。

まぁ、検査だけでも良いのではないか?と考える方も多いかもしれません。

一方、精製度が高くDNA検査とElisa法でも検出されない動物由来の粗原料を用いた原料が存在するから、調査書でのチェックも必要になります。
タンパクを完全に除去されていれば、分析しても検出されませんからね・・・。

例えば、ビタミンD3などは、精製度が高く含有率も微量なので、分析では検出されないでしょう。

実際、弊社の山芋抽出物も、山芋から抽出されていますが、アレルゲン検査(PCR)を実施しても陰性という結果が示されます。
分析の精度や分析の位置付けって、こんなもんなのです。

まぁ、こういったことを非常に神経質にチェックする方がヴィーガンの方に多い傾向があるので、注意が必要です。
検出されないからと言って、ビタミンD3なんて配合したら、どえらいクレームになる可能性があると思います。
注意が必要です。

ちなみに・・・
動物由来に該当しない化学合成原料を用いれば、ヴィーガン対応の商品を作るのは簡単だろう。
でも、ヴィーガンの方々は、化学系の添加物も嫌うため、どうしてもナチュラル素材(好ましくはオーガニック素材)で商品形成しなければならないです。
ヴィーガンの方に支持されるヒット商品を作るには、ナチュラル志向も徹底する必要があるのです。
なかなかハードルが高い・・・。

こういった商品を作っていくため、我々も日々努力です。