健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

市場動向

NMN商品と原産国表示

今、中国向けのNMNサプリメントブームが加速している。
NMNは、中国では食品区分として承認されていないため、日本で製造し、中国向けに越境ECで販売されています。

ちなみに、日本では、今年3月、食薬区分リストに追加されました。



現在、9割以上は、中国で製造されたNMNを用いて、中国に出荷されています。
一方、NMNも日本製造の原料のニーズが大きく、中国製造を日本で再加工して日本製造品に変える錬金術的な原料も現れ始めています。

実際、アミノ酸でも、このような原料が多く存在するので、NMNでも表れるのは時間の問題だなぁと思っていました。

一方、現時点では、原産国表示制度の猶予期間中のため、ほとんどのNMN商品は、原産国表示されていません。

原産国表示


中国原料を用いたNMN商品は、令和4年(2022年)3月末の猶予ギリギリまで原産国表示されないでしょう。

私の予想

NMNのブームは令和4年(2022年)3月末まで続かない!

もうすでに価格破壊が起こり始めているのに、あと1年半もブームが続くとは考えられない。
酵素同様、スピード勝負の商材。

ぶっちゃけ、このNMNに関しては、300mg(1商品9000mg)配合の商品でも1万円を切って販売されるくらいまで価格が落ちると予測しています。

まぁ、NMN商品は、原産国表示は関係ない!とも言えるだろう。

むしろ、日本で売る訳ではないのだが、日本でのブランド戦略をどのように行うか?の方が重要になってくるだろう。

まず目指すは、

2021年の春節前納品

もう時間がない!
春節まで、どれだけのNMN商品を作れるかが勝負だと思う。
来年の11月11日(独身の日)まで待っていられない。

今、それくらいのスピードでビジネスが動いています。

世間は暗いけど・・・
今、紹介案件のNMNも舞い込み、アホみたに忙しい!
気合じゃ!

栄養補助食品事業のDHCとファンケルの明暗

今、業界では、衝撃的な退任劇と共に、ファンケルさんの売上がDHCさんの売上を上回ったという情報が流れています。
真偽はわからないが、その可能性は高いだろう。
特に、健康食品サプリメントなどの栄養補助食品事業。



ちなみに、私は、DHCさんの持続型のビタミンシリーズが好きなので、DHCさんは好調だと思い込んでいた。
でも、違ったのかもしれない。
私は、一般消費者の目線になっていなかったのかもしれない。
反省。

さて、コロナ禍において、ファンケルさんが逆転した理由を考えると、以下の2点だろう。

1. 機能性表示食品
2. 原産国表示(;中国原料)

  ↓
安心・安全

1. 機能性表示食品
高くても、信用できる商品が選ばれる市場動向を表しているのでしょう。

ファンケルさんは、他社さんと異なり、SRでの申請より、最終商品でのヒト臨床試験での機能性表示食品に力を入れている。

DHCさんの機能性表示食品戦略と大きく異なる点です。

ヒト臨床試験済という1つのワードが消費者からの支持をもたらしているのだろう。

また、広告審査基準が厳しくなったのも一因だろう。



地上波などのような広告審査基準が厳しかった媒体だけでなく、量と取れる大手さんの媒体を中心にインターネット広告も審査基準が厳しくなり、機能性表示食品が優先的に広告出稿されるようになっています。

ぶっちゃけ、機能性表示食品ほど、広告基準は厳しく成ります。縛りがきつくなります。
過去、同様なことが栄養機能食品にありました。

そうなってくると、表現できることも限られてくるため、先述の「ヒト臨床試験済」のワードが強く働いてくるのです。

当然、安心(信頼)という点も消費者から獲得していけるだろう。

2. 原産国表示(;中国原料)
原産国表示は、猶予期間が残っていても、一部の大手さんは、積極的に表示するようになりました。特に、ファンケルさんは、最終加工地だけでなく粗原料の産地まで公開している。

マルチビタミンの例

ファンケルさんは、徹底的に情報公開していく方針。
原料選定の産地・最終加工地を公開しても消費者から良い評価を得れる自信があるからだろう。

一方、DHCさんでは、最も多い食品素材のみ開示されている。
最低限の原産国表示。

私は、ビタミンCなど添加物原料に関して全く気にならないのですが、DHCさんの多くの原料は、中国産の原料が多いです。
それは、業界でも有名な事実でした。

実際、賦形剤の原産国表示に隠されていますが、原料コストで大きな割合を占めている機能性素材の主剤は、中国産原料が非常に多いだろう。

今、新型コロナウイルスがもたらした影響の1つとして、欧米のように中国品のボイコットまで行っていないが、国産のものを積極的に選ぶような動きが強くなってきている。
もちろん、最も敬遠されるのは、中国産のものです。


それは、先日こっそり投稿した本記事でも紹介しました。

今の中国の製造レベルは、非常に高い。日本企業の多くは、全く太刀打ちできない。
ぶっちゃけ、安くて品質が良い。
でも、だからと言って、支持されるとは限らない。

それが今、DHCさんでも問題になり始めているのだろう。
まぁ、一部の優秀な人が気が付いちゃったんだろう。マーケティングのプロであれば、データ分析などから必ずわかることですから。

実際、弊社も、人気原料の最終加工国を日本の技術を用いて中国から日本へ変えていくプロジェクトも進めている。
その重要性を十分に理解している。

そういった動きの影響もあり、意図的なのかわからないが、今、DHCさんの商品で、中国製造の原産国表示がなされている商品が見当たらない。
おそらく、市場動向を加味した動きであり、ファンケルさんとの差を認識されているのだろう。

実際、噂では、2022年まで中国原料をゼロにするという話すら上がっている。一方、添加物原料では不可能なので、どこまで徹底されるかを注目したい。
最低限、原産国表示の義務がある原料から中国原料は、姿を消すだろう。

そして、安心・安全をアピールできる体制を再構築していくのだろう。

こういった差は、消費者動向を表しており、まさに時代の変化だと思う。

こういった動きは、市場全体の動きでもあり、我々も他人事ではない。
その他の販売者でも、どうような指針を打ち出してくる会社さんが増えてくると予測される。
今後の両社の動きは、常にウォッチしていきたい。

NMNのような流行だけが勝ちモデルではない!

今、このブログは、NMNの記事にアクセスが集中しています。昨晩のアクセスが多かったことなどからも、食品開発展の影響もあるのかな?と感じています。

中国市場向けに限らず、今、NMNの案件は、非常に多いです。弊社へのOEM問い合わせの半分くらいは、NMNの案件です。
今、NMNプチブームが到来しているのでしょうね。
大きなブームにまで発展するかわかりませんが。

まぁ、原料問い合わせでも、ここ1ヶ月、赤ワイン由来レスベラトロールへの問い合わせが集中している。

私は、NMNの定番副材として定着しているからだと考えています。

でも、こんなに商品化がNMNに集中すると過度な価格競争が起こり、誰も儲からなくなる。
実際、すでに原料レベルで価格競争は激しくなってきている。

食品開発展でも、NMN原料が数社で紹介されているようなので、おそらく、更に価格競争は激化するだろう。
ほんと、典型的な添加物原料の末路だ。

まぁ、販売会社さんや企画屋さんなど、どこかが必ず価格競争が起こるように、一斉合い見積りを取るので、必然的に価格競争は激化する。近年は、情報化により、その競争が激化しやすくなっている。
加えて、NMNは、主に中国市場向けの素材。日本市場は、まだまだ温まっていない。
だから、弊社は、OEMでしか供給しない。



今、NMNに関しては、OEM供給での勝ちモデルを模索することしか考えていない。

結論として、最終的には原料メーカーに近い存在でないと勝っていけなくなるから、原料メーカーに近い位置でOEM供給を行っていこうと思う。
同時に、中国市場に攻め入るプロジェクトも進みつつある。
そこで、少しでも絡めれば、弊社は、十分だと思う。

ライフサイクルは短いだろうが、2,3年、供給が続けれれば、万歳!だと思う。

一方、弊社の原料では、流行とは全く別のところで、順調に売上を伸ばしている素材もある。

最たる例が弊社の
「まめ鉄(フェリチン鉄含有の大豆抽出物)」です!

今、ヴィーガンやオーガニックなどの流れから、ナチュラル系のビタミン・ミネラル市場が非常に伸びています。

実際、商品のリピート率やLTVというものを加味すると、こういった素材の方が安定して大きな収益を得ることができるでしょう。



商品のリピート率やLTVというものを考えると、本当にNMNでの商品化が正解なのかは、正直、疑問が残る。

NMN商品を作っていて感じるNMNの欠点は、

顕著な体感がない
例えば、すこぶる元気になるなど

という点です。
高額商品のよくあるケースとして、期待値が高過ぎて、がっかりされるケースも多いのではないだろうか?

逆に、ビタミン・ミネラルのようなベースサプリって、必要なもの(栄養素)として摂取されるので、効果に対して過度な期待はない。

まぁ、鉄に関しては、必ず貧血症状の緩和を期待されるが、女性の場合、どんな鉄でも不足している人が補えば効果を体感する。

だから、順調に伸びを示すのだろう。
困ったことに、原料供給できず、OEM限定でしか供給できない状況が続いてしまうのだが・・・。
現在は、OEM工場指定可能としたお陰で、原料供給されない不満に対する摩擦が多少緩和されていますが・・・。

NMN商品は、すでに価格競争が始まっているため、実際問題、販売会社の収益性という点では、後者の方が明らかに高いと思う。特に、広告集客型の通販ビジネスの場合。

何れにしても、NMNのような流行素材を追うか、それとも真逆の素材を追うかは、各会社さんの販売戦略次第だと思います。
販売会社、OEM会社、原料会社の何れも。

弊社は、両方を追っていくことを追っていこうと思います。
ただし、NMNは、適度に。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • 結局 再びLenovo ThinkPadに
  • NMN商品と原産国表示
  • 競技空手の足さばき/最新の足さばき
  • 和のヴィーガン食:精進料理について考える
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。