コロナ禍、日本では、健康意識が非常に高まっている。
ただし、時間もあるので、しっかり調査した上で商品が選ばれるため、商品選定が非常に厳しくなっている。

そこで、ブームというか、活気が出始めているのが

漢方

です。
最近では、以下のように、タレントさんや番組で紹介されたりしています。





佐藤健さんが紹介された時は、似合わな~と思いましたが・・・
そして、これって、もしかしたら・・・カリスマのタレントさん達がオーガニック食品にハマるような、自然食ブームの延長なのかなぁとも感じました。
もしかすると、先に行き過ぎておられるのかも。

また、その背景には、近年の自然食ブーム以外にも、中国における漢方による新型コロナウィルスの治療と予防が影響していると思います。





ちなみに、いろいろ調べてみると、以下の処方のような「清肺排毒湯」という漢方が主に利用されているようです。基本、温める系。
ER4zbwQVAAAF059

しっかりと山葯(山薬→漢方山芋)も入っていますね。
ちなみに、結構な量を摂取しなければならない。

別の論文では、オウセイ(黄精)という生薬が治療薬に使用されていて、その有効成分を調べていったらジオスゲニンだったという報告もあります。



ジオスゲニンは、山薬の有効成分。
オウセイに限らず、漢方山芋に含有します。ただし、吸収が悪いので、何らかの成分と組み合わせてしようしたり、何らかの加工を行って、生物学的利用能を高める必要があります。

まぁ、いずれにしても、こういった背景が漢方の人気を押し上げているのでしょう。
今まで売っていなかった某顧客は、ここ最近、漢方系の商材だけ、やたらとリピート発注している。そして、コロナ禍、予想に反して伸びを見せている。

もちろん、このように、漢方素材は、医薬品区分の漢方薬に限らず健康食品やサプリメントでも活用できます。
以下が、その利用できる漢方系素材の一例。

山芋(山薬)ジオスゲニン、葛花イソフラボン、鬱金クルクミン、胡麻セサミン、生姜ジンゲロール、アグニ(チェストベリー)、桂皮、甘草、ヤマブシタケ(猴頭 ホウトウ)、高麗人参、田七人参、日本山人参(当帰の亜種)、冬虫夏草、柘榴、枸杞子、薏苡仁(ハトムギ)、山査子、山椒、茴香、杏仁、莪朮(ガジュツ、紫ウコン)、陳皮など
※その他の漢方素材は、食薬区分に注意!
 麻黄・当帰・芍薬・地黄・川芎などは医薬品区分。

弊社では、大きい文字の素材ほど、商品設計に組み込まれることが多いです。
ほんと、ジオスゲニンの市場動向は、この漢方の盛り上がりと一致しています。まぁ、山芋=元気・スタミナという感じで、わかりやすいからでしょうね。
(ぶっちゃけ、私は、このジオスゲニンで、日本の超高齢化社会問題を解決したいと本気で考えています。)

私だったら、量のクリエイティブを謳える主剤(イメージを植え付ける素材)に、数のクリエイティブを加えて商品設計するでしょう。主剤と副材の一部で、イメージを作り上げる。
まぁ、その設計に権威のある人の監修を付けても良いと思います。

今後、この盛り上がりが、さらに活性化することを祈るばかりです。
今後が非常に楽しみ!