久しぶりのNMNヒト臨床試験データ紹介。
え!?と思いましたが、明治さんの八王子研究所からの報告でした。

高齢者60名を用いたランダム化比較試験で、NMN 250mgを12週間摂取させています。
詳細は、以下の通り。



Ingestion of β-nicotinamide mononucleotide increased blood NAD levels, maintained walking speed, and improved sleep quality in older adults in a double-blind randomized, placebo-controlled study

Abstract

The study evaluated how ingestion of nicotinamide mononucleotide (NMN) for 12 weeks by older adults affected blood nicotinamide adenine dinucleotide (NAD +) levels and physical function, particularly walking function. Information concerning sleep, and stress was also collected as secondary endpoints. In this randomized, placebo-controlled, double-blind, parallel-group comparison study, 60 participants were randomly allocated into a placebo group or NMN group. Members of the NMN group consumed 250 mg/day NMN for 12 weeks. Motor function tests, blood NAD metabolite analysis, and questionnaires were conducted at the start of the study and 4 and 12 weeks after intake. This trial was registered at umin.ac.jp/ctr as UMIN000047871 on June 22nd, 2022.At primary outcome, at both 4 weeks and 12 weeks, the NMN and placebo groups had no significant differences in a stepping test. At secondary outcomes, after 12 weeks of NMN intake, the NMN group had a significantly shorter 4-m walking time than the placebo group as well as significantly higher blood levels of NAD + and its metabolites. A significant negative correlation was observed between the change in the 4-m walking time and the change in blood NAD + , N1-methyl-2-pridone-5-carboxamide (2-PY), and N1-methyl-4-pridone-3-carboxamide (4-PY) at 12 weeks. The NMN group had improved sleep quality at 12 weeks relative to the placebo group as evidenced by lower scores for "Daytime dysfunction" and "Global PSQI" on the Pittsburgh Sleep Questionnaire. No adverse effects related to test substance consumption were observed. Together, these results indicate that NMN intake could increase blood NAD + levels, maintain walking speed, and improve sleep quality in older adults. Interventions involving NMN aimed at maintaining walking speed could contribute to extended healthy life expectancy.
Geroscience. 2024 May 24. doi: 10.1007/s11357-024-01204-1.
 ↓ Google翻訳
β-ニコチンアミドモノヌクレオチドの摂取は、二重盲検ランダム化プラセボ対照試験において、高齢者の血中NAD濃度を上昇させ、歩行速度を維持し、睡眠の質を改善した

要旨

本研究では、高齢者が12週間ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)を摂取した場合、血中ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD +)レベルと身体機能、特に歩行機能にどのような影響があるのか​​を評価しました。睡眠とストレスに関する情報も副次的評価項目として収集されました。このランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験では、60人の参加者がプラセボ群とNMN群にランダムに割り当てられました。NMN群のメンバーは12週間、1日250 mgのNMNを摂取しました。運動機能検査、血中NAD代謝物分析、および質問票は、研究開始時と摂取後4週および12週目に実施されました。この試験は、2022年6月22日にumin.ac.jp/ctrにUMIN000047871として登録されました。主要評価項目では、4週および12週の両方で、NMN群とプラセボ群に足踏みテストで有意差はありませんでした。副次的結果では、12週間のNMN摂取後、NMN群はプラセボ群よりも4m歩行時間が有意に短く、NAD +およびその代謝物の血中濃度が有意に高かった。12週間の時点で、4m歩行時間の変化と血中NAD +、N1-メチル-2-プリドン-5-カルボキサミド(2-PY)、およびN1-メチル-4-プリドン-3-カルボキサミド(4-PY)の変化との間に有意な負の相関が観察された。NMN群は、ピッツバーグ睡眠質問票の「日中の機能不全」および「全体的PSQI」のスコアが低いことからも明らかなように、12週間の時点でプラセボ群と比較して睡眠の質が改善した。試験物質の摂取に関連する悪影響は観察されなかった。これらの結果を総合すると、NMN摂取は高齢者の血中NAD +濃度を上昇させ、歩行速度を維持し、睡眠の質を改善できる可能性があることがわかる。歩行速度の維持を目的とした NMN を用いた介入は、健康寿命の延長に貢献する可能性があります。

結果、他の論文と同じように、血中NAD+レベルが上昇したようです。
そして、歩行速度の維持と睡眠の質の改善が見られたようです。

まぁ、250mgも摂取すれば、何らかの効果が示されるのだろう。

原料価格も、かなり下落した今であれば、250mg/日の摂取量も、月1万円未満のコストで摂取し続けれるだろう。

最後に、この試験の意味は、なかなか理解できない。
まぁ、オリエンタル酵母さんや帝人さんの兼ね合いもあるのだろうが、この擦り切れてしまったNMNという素材に投資価値があるのかな?と疑問に思ってしまいました。

流通原料の多くが中国製という今、ビジネスの合理性という点では、合わない試験だと思う。
でも、こうやって知見を積み重ねてくれることはありがたいことだと思う。
感謝。