健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

アンチエイジング論

新型コロナウィルス対策とサプリメント

現在、新型コロナウィルス対策として、ビタミンCのサプリメントが売れているようです。
特に、DHCさんの商品が売れているようです。


※私が買った持続型のタイプは、自社通販やモールテンポでしか売らないようです。これもマーケティング戦略なんでしょう。

風邪予防=ビタミンC

というイメージが強いですからね。

あと、美容にも。

ここ最近の状況を見ていると、マスクも完ぺきではないようなので、体の内側から免疫力を高めて対応する必要がありそうです。

また、私は、ビタミンCだけでなく、ビタミンD も摂取すべきだと思います。
外出も減り、日光にも当たらなくなるので。
参考になるのは、斎藤糧三先生の記事。是非、ご一読ください!



ビタミンDは、先生の商品のように2000~4000IU(50~100µg)摂取した方が良いのですが、なかなか高用量の商品が少ないという現実があります。

ちなみに、今後、ビタミンCの商品も店頭からなくなってくるかもしれない。
世界におけるビタミンC原料の製造の95%以上は中国ですから・・・。
注意してくださいね!

健康長寿で再注目されるビタミン:葉酸

ここ最近、葉酸のニュースや記事をよく見かけます。その理由は、こういった番組や書籍の影響だろう。サラッと調べたら、出てきました。



この番組にも出演されている香川靖雄先生(女子栄養大学副学長)は、こんな書籍も書かれています。



そして、この書籍を引用されながら、以下のような記事がサライでも掲載されています。



「葉酸の訳語をあてたのは、日野原重明先生」というのは、非常に勉強になりました。
NHKの番組では、坂戸プロジェクトのことも紹介されており、また、以前に紹介した活性型葉酸についても、簡単に紹介されています。



一方、
葉酸=妊活女性

というイメージが強い葉酸ですが、必要なのは、妊活女性だけじゃありません。
実は、これら記事のように、認知症や脳梗塞も予防することができるのです。

書籍の帯に書かれている通り、意外に、
日本は葉酸後進国!

アメリカでは1998年に穀類に葉酸を添加して販売することが義務付けられ、これを皮切りに世界各国で穀類への葉酸添加の義務化が進んでます。

主にパンやシリアルへ添加されるのだが、要介護者を減らしたりと、結果は、しっかり示されています。
effects of folic acid1

ほんと、葉酸って、大事なんです!

こういった義務化が進まないのは、米文化だからだろうか・・・。

ちなみに、葉酸、特に合成の葉酸の難しいところは、上限量も大して多くないことです。



まぁ、野菜や果物だけで摂取できるのが理想なんでしょうね。
でも、なかなか難しいというのが現実。

サプリも利用した方が良いというのが、私の考え方でもあります。
サプリって、付き合い方次第ですから。

インフルエンザが減った理由:マスクの効果

今、世の中では、新型コロナウィルスの影響で、インフルエンザの減少したという報道が行われています。



それは、マスクの徹底による影響だと思います。
うつさないためではなく、自分がうつらないために。

マスクは、医療機関にも、人に移さないためのものと書かれている。

一方、今回の新型コロナウィルスの件で、風邪の症状がない人でも、インフルエンザシーズンは、マスクをすべきだと思いました。

理由は、今回の新型コロナウィルスで、発症していなくても保菌していると感染を広げることがわかっているからです。
これは、インフルでも同じのようです。インフルエンザには感染して1~2日の潜伏期間があり、その期間でもうつしてしまうようです。



今まで、自覚のない感染拡大がかなり行われていたのだろう。
それが、今回の一件で、多くの人がマスクをすることで、自覚のない感染拡大が行われなかったのだろう。

今後、発症しなくても、保菌している可能性があるので、マナー/エチケットとしてインフルエンザシーズンはマスクをするようにした方が良いのでしょう。

極論言うと、不衛生ですが、このようなマスク不足時は、マスクの使いまわしも検討すべきだろう。マスクしないより良い。


このようなスプレーを併用するのも一手だろう。

花粉症シーズンも到来しているので、今後、さらにマスク不足は深刻化すると予測されるので、対策をよく考えていかないと思います。

加えて、手の殺菌も徹底。
特に食事前。

できたら、サプリによるビタミンCやビタミンDの日常的補給も。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • NMNの最も体感しやすい機能性は?
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 空手の呼吸法を利用する形のススメ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 飛び込んで突けない子供達のファーストステップ
  • 最大心拍数と目標心拍数で適切な運動管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。