私は、原料事業を行っている関係上、また企画会社さんの仕事を下請けしている関係上、他社のOEM営業マンと取引することも多い。
そこで、感じるのがタイトルにあるように

弊社OEM営業マンな優秀 です。

これだけは、自信がある。
特に、中小零細企業の顧客に対しては、敵はいないだろう。

今日も、いろいろなトラブルを見ていて、改めて、そう思った。

ちなみに、弊社OEM営業マンは、業界経験者ではなく、初心者から始めている。

今回、その優秀な人材に育つ理由を考えてみた。
その前に、他社で、なぜ?優秀な人材が育たないかを考えてみた。

大手受託加工会社
・顧客も大手のため、案件の取り扱う件数が少ない
・大手企業さんの徹底した情報管理
・チーム割りの社内情報管理

小規模受託加工会社
・業務効率化が行われらず、無駄に忙しい
・結果が出しにくく、評価されにくい
・人材の入れ替わりが多く、人が育つ前に退職する

大手受託加工会社さんは、年々、顧客の固定化が進み、かつ新規もコンプライアンス的に大きな会社しか対応しにくくなっている。
最小ロットも大きくなり、小ロットでの価格も高くなる。
必然的に、営業マン(特に若い営業マン)は、経験を積み行くくなる。

大手受託加工会社さんの方が、圧倒的に、勝ち組と接する機会が多い。
一方、業界の成長期の営業マン(今は重役)は、販売まで関わりながらサポートすることも多かったため、めっちゃノウハウを持っている。
しかし、勝ち組の会社さんが成長してしまうと、縦割りでマーケティング情報が入ってきにくくなる。結果、若者が育ちにくくなる。

要するに、こういった現象は、業界が成熟した証拠だと思う。

次に、小規模受託加工会社さん(企画屋さんも含む)は、いろいろなケースがあり、各社さんによって、人材が育たない理由も遷座万別だと思う。
基本的に、物凄く人の入れ替わりが多いか、人の入れ替わりが全くないかのどちらかだと思います。

また、一部の会社さんは、良い顧客を安定的な売上を持っているが、顧客を持っているのは、弊社と異なり、プレイングマネージャーの経営者であることが多い。
集客のスキームもなく、後から入社した人達は、結構、悲惨な目に合っているケースも多い。若者の離職率だけが高い会社さんは、OEM企業に限らず、原料会社でも、たくさん存在しています。

社員が結果を出すスキームがないことがほとんど。
なので、人も入れ替わり、人材が育たない。
マニュアル化やデータベース化が進んでいない会社は、特に、人材が育たない。

組織自体が古い体質で、時代についていけないのだろう。

結果、悪循環が生じ、離職率が高まる!

過去にも紹介したが、やっぱり、サイボーズの青木社長のおっしゃるように、離職率が低いほど、企業は成長するのだろう。



弊社は、10年間で3名の離職!
しかも、内1名は独立してパートナー企業になっており、今でも付き合いがある。

その差が出ているのだろう。

さて、まとめると・・・

弊社の社員が優秀な理由は、

完全プル型営業(電話営業・飛び込み営業なし)
案件数が多く成果を出せるチャンスが多い
データベース化・マニュアル化
顧客との距離が近い
原料メーカーのメリット/強み
 ↓
離職率が低い

であり、総合的にそれらの理由が絡み合ってのことだろう。

まぁ、その分、私が苦労している部分もありますが・・・
私が追い求めている形なので、これからも頑張り続けるしかない。

一方、弊社も、平均年齢が上がりつつあるので、注意しなければならない。このままいくと、誰もが定年なしで、80歳近くまで働いてもらう必要が出てくる。何とかせねばならん!
その分、会社を成長させて、増員していければ良いのだが・・・。

私は、生涯現役で働くつもりですが、こういった理想をバックアップする仕事を誰かにバトンタッチしていきたいとも考えている。
そのため、もっと頑張っていかなければと思う。