今の時代、ちょっと勉強すれば、株式投資などで儲かっちゃってしまう時代。そして、一部の成功した若者がFireしている。
ぶっちゃけ、東京電力株のように、昨年購入していれば、2倍になっているような株もあるので、現在、運用次第では、年間+20%くらいの運用は、簡単なのだろう。
私も、今年は、+35%と、かなり利益が出ている。

なので、昨今、Fireできそうな人は、かなり増えているだろう。
(PERが上がり過ぎていて、いつ?バブルが弾けるか、非常に心配だが。)

でも、この記事にもあるように、全ての人にFireが良い選択ではないと思う。



Fireできる状況を作りつつ、マイペースに働き続けることがベストのようにも思える。
サラリーマンの場合、理想は、起業して、自分のペースで働くことだろう。
まぁ、社員を持たず、気楽に働けるのがもっと理想だろう。

実際、私も、後10年後には、子供も大学を卒業して独立し、いつでもFireできる状況になるだろう。

60歳で定年という選択肢もあるが、私の場合、会社に所属しながら研究者という道も存在する。
経営や営業から退き、客員教授等で大学に所属しながら研究業務だけを行うという道。

コンサルティング業務も可能だが、やる気はない。

何れにしても、経営や営業からは外れるだろう。

これは、私が考える私の幸せな働き方の理想形。
この働き方は、十人十色 だと思う。

一方、自分のような雑草は、止まったら死んでしまうマグロと同じであり、一生、Fireとは無縁なのかもしれない。

私の場合、所得の割に贅沢する訳でなく、お金の使い方も、1. 子供の教育、2. コスパ重視の洋服、3. 空手がほとんどで、非常に質素だと思う。
まぁ、 子供の教育に関しては、惜しまないことにしている。やりたいことを100%できるようにお金を投じている。
だから、ここ数年、収入が増えているのにも関わらず、私の貯蓄額は、あまり増えていない。

でも、今が一番幸せ!
大変なことも多いけど。

ぶっちゃけ、安定で平坦な生活が必ずしも幸せではないと思う。
波のある人生の方が、幸せを感じれるのでは?とも思ってしまう。大変だった時期を振り返ると、良い思い出になっているから。
特に、破天荒な人生を送っている私の場合は。

ある意味、階級化している社会で生きる子供達世代は、可哀想だと思ってしまう。まぁ、これは我々からの視点であり、本人達は、安定した人生が幸せなのだろう。
うちの息子は、私に似て少々違うようだけど・・・。

今後の社会は、価値観も大きく変化していくだろう。
変化の多い中で、幸せを模索していかなければならないだろう。

変化の速度は違えど、いつの世も同じなのかな・・・。

私自身、欲深くて、幸せや達成感を感じにくい人だから、損していると思う。
人生、難しいなぁ。