今回は、久しぶりの最新研究紹介です。
今、市場で非常にホットなフェリチン鉄の報告。フェリチン鉄の新機能。

こういった効果もあるだとびっくりしました。


Both human and soya bean ferritins highly improve the accumulation of bioavailable iron and contribute to extend the chronological life in budding yeast

Abstract

Ferritin proteins have an enormous capacity to store iron in cells. In search for the best conditions to accumulate and store bioavailable iron, we made use of a double mutant null for the monothiol glutaredoxins GRX3 and GRX4. The strain grx3grx4 accumulates high iron concentrations in the cytoplasm, making the metal easily available for ferritin chelation. Here, we perform a comparative study between human (L and H) and soya bean ferritins (H1 and H2) function in the eukaryotic system Saccharomyces cerevisiae. We demonstrate that the four human and soya bean ferritin chains are successfully expressed in our model system. Upon coexpression of either both human or soya bean ferritin chains, respiratory conditions along with iron supplementation led us to obtain the maximum yields of iron stored in yeast described to date. Human and soya bean ferritin chains are functional and present equivalent properties as promoters of cell survival in iron overload conditions. The best system revealed that the four human and soya bean ferritins possess a novel function as anti-ageing proteins in conditions of iron excess. In this respect, both ferritin chains with oxidoreductase capacity (human-H and soya bean-H2) bear the highest capacity to extend life suggesting the possibility of an evolutionary conservation.
Microb Biotechnol. 2022 May;15(5):1525-1541.
 ↓ Google翻訳
ヒトフェリチンと大豆フェリチンの両方が、生物学的に利用可能な鉄の蓄積を大幅に改善し、出芽酵母の経時的寿命の延長に貢献

要旨

フェリチンタンパク質は、細胞内に鉄を貯蔵する巨大な能力を持っています。生物学的に利用可能な鉄を蓄積および保存するための最良の条件を求めて、モノチオール グルタレドキシン GRX3 および GRX4 の二重突然変異ヌルを利用しました。 grx3grx4 株は細胞質に高濃度の鉄を蓄積し、金属をフェリチンのキレート化に容易に利用できるようにします。ここでは、真核生物系 Saccharomyces cerevisiae におけるヒト (L および H) と大豆フェリチン (H1 および H2) の機能の比較研究を行います。 4 つの人間と大豆のフェリチン チェーンがモデル システムで正常に表現されることを示します。ヒトフェリチン鎖または大豆フェリチン鎖の両方を共発現させると、呼吸状態と鉄の補給により、これまでに記載されている酵母に貯蔵された鉄の最大収量が得られました。ヒトおよび大豆のフェリチン鎖は機能的であり、鉄過剰状態での細胞生存のプロモーターとして同等の特性を示します。最良のシステムでは、4 つのヒトおよび大豆フェリチンが、鉄過剰の状態でアンチエイジング タンパク質としての新しい機能を持っていることが明らかになりました。この点で、酸化還元酵素能力を持つ両方のフェリチン鎖 (ヒト-H および大豆-H2) は、進化的保存の可能性を示唆する寿命を延ばす最高の能力を持っています。


フェリチンは、ラジカルを発生させる可能性のある鉄を包むタンパク質ですから、ラジカルに対処する能力を持っていたもおかしくない。

ヒトも大豆もフェリチン鎖が酸化還元酵素能力を有するということは、ラジカル消去にも働くだろうから、細胞的で長寿効果が示されるのだろう。
ヒトのフェリチンは摂取できませんが、大豆のフェリチンは、摂取可能です。

まぁ、酵母の試験なので、ヒトで同じように働くかは不明ですが、面白い効果だと思います。

フェリチン鉄の特徴は、ラジカルを発せずに吸収できる点。要するに、優しい鉄であること。
それだけでも、老化を招きにくくなるだろうが、ラジカルを消去する効果まで示されていけば、本報告のように、アンチエイジングにはつながるだろう。

ちなみに、まめ鉄は、鉄の補給という点でなく、アンチエイジング(長寿)の効果もあれば、ますます弊社らしい原料になるなぁと思いました。



現在、まめ鉄も、フェリチンと非フェリチンの比率が徐々に改善され、フェリチンの比率がかなり高まっています。
今後の研究が楽しみです。


【追記220917】
こんな論文も紹介されいました。
上記の報告とも関連しているんでしょうね。

Saccharomyces cerevisiae における大豆フェリチン発現は、鉄の蓄積と鉄濃度の上昇に対する耐性を調節する
要旨

酵母 Saccharomyces cerevisiae を含む菌類は、フェリチンを欠き、液胞を鉄貯蔵細胞小器官として使用します。この研究では、植物フェリチンの発現がパン酵母の鉄代謝にどのように影響するかを調べました。大豆種子フェリチン H1 (SFerH1) および SFerH2 遺伝子をクローニングし、酵母細胞で発現させました。両方の大豆フェリチンは多量体複合体として集合し、in vivo で酵母の細胞内鉄に結合し、その結果、鉄欠乏時に発現する遺伝子の活性化を誘導しました。大豆フェリチンは、Ccc1 液胞鉄解毒トランスポーターを欠く酵母細胞を、細胞の酸化を減少させることによって有毒な鉄レベルから保護し、高鉄濃度での増殖を可能にしました。興味深いことに、ccc1Δ 細胞で同時に発現すると、SFerH1 と SFerH2 がヘテロポリマーとして集合し、フェリチン ホモポリマー複合体と比較して鉄耐性がさらに高まり、過剰な鉄によって生じる酸化ストレスが減少しました。最後に、大豆フェリチンの発現は、特定の環境鉄濃度で野生型および ccc1Δ 酵母細胞の両方で鉄の蓄積を増加させました。

重要性: 鉄欠乏症は世界的な栄養障害であり、女性と子供が特にかかりやすい.鉄欠乏症と闘うための一般的な戦略は、バイオアベイラビリティが非常に低い無機鉄塩を食事から補うことです。鉄分が豊富な酵母と穀物は、鉄欠乏を減少させるための代替戦略です.動物や植物は、過剰な細胞鉄を蓄積、解毒、または緩衝する大きなフェリチン複合体を持っています。ただし、酵母 Saccharomyces cerevisiae はフェリチンを欠いており、液胞を鉄貯蔵オルガネラとして使用します。ここでは、大豆フェリチンの発現が酵母の鉄代謝にどのように影響するかを調査し、大豆種子フェリチンを発現する酵母が、食事による鉄の吸収を増加させる新しい戦略として調査できることを確認しました。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。