今日も夏季休業中ですが、大事な仕事が待っています。
預けてあったハードカプセル(耐酸性)の引き取りに行ってきます。NMN単味の300mg/粒の商品ニーズは続いているので、すぐなくなってしまうだろう。
ハードカプセル品薄状態は、もうしばらく続きそうなので。



さて、本日は、市場動向の話なのですが・・・
今、GW後の案件の刈り取り等で忙しい時期が続いているが、9月くらい、暇になるかもしれない。
問い合わせが少ない。
それは、弊社の集客の問題ではなく、市場全体が沈んでいるのだろう。
その根拠として、リスティング広告も、ここ30日間、さらにその前の30日間の66%しか予算消化されていない。

商品開発ニーズが落ちているのだろう。
要するに、今年の冬商戦向けの商品開発。

その理由は、以下の3点が大きいだろう。

・コロナとウクライナでの戦争終息が見えない先行き不安
・広告規制強化
・原材料の高騰

特に、広告規制強化は、かなり大きな影響。

そして、その広告規制は、さらに強化される。
おそらく、機能性表示食品じゃなきゃ売れなくなる商品カテゴリーも増えてくるだろう。

まぁ、先行き不安によって盛り上がる市場・全く変化しない市場も存在する。
東日本大震災の際、健康不安が増大し、健康食品サプリメント業界自体が盛り上がった事例もある。

結果、上記2点の影響を受けにくい案件だけが弊社に届いている。
ほんと、今年は、ダイエットサプリを1商品も作らなかったし、7月以降、まめ鉄OEM案件と中国向けNMNサプリOEM案件ばかりでした。まめ鉄は、NHK砲の2連発の影響が大きかった。


機能性表示食品案件も、例年に比べて多かったと思う。
うちはまだ良い方だと思うけど、他のOEM会社さんの話を聞いていると、かなり勝ち負けが明確に出ていて、メタメタな会社さんも少なくない。

中国案件に関しては、今後、大きな壁が立ちはだかるだろう。特に、NMNサプリメント。

中国への通関が通らない!
輸入規制が、ドンドン厳しくなってきている。
完全に、中国は内製化へと向かっている。

登録制度は、始まり過ぎなかった。


実際、弊社において、NMNサプリを正規で通関を通している会社は、たった1社のみ。
難しいかなぁ・・・と断念する会社さんも増えてきた。

まぁ、そこで生まれる隙間ビジネスもあり、実は、8月以降、少しづつ隙間ビジネスの問い合わせが増えている。
基本、中国ができるスタッフが在籍しないと、対応しきれないだろう。
うちのスタッフは、OEMハンドリング力が付くまで時間を要すると思うので、しばらくは、通訳として頑張ってもらおう。とても良い修行になると思う。ある意味、運が良い。

何れにしても、日本の冬商戦向けの商品開発は、活発に行われないだろう。
隙間を的確に狙いつつ、少しでも良い案件を刈り取っていければと思います。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。