弊社は、タイトルのような原料メーカーのOEM事業を前面に出して展開していますが、ほとんどの原料メーカーができていないOEM事業を行っています。
それが、弊社のOEM事業の大きな秘密であり、成長し続ける理由でもあります。

まず、多くの原料メーカーさんは、OEM案件が来ても、もし自社原料を高配合しなければ、まともに対応しないのが実際です。
なぜ、対応しないのでしょうか?

理由は、効率よくOEM供給を進めていくスキームがないため。

要するに、ノウハウ不足で対応したくてもできない。

基本、純粋なOEM会社であれば、商品設計後、概算でもコスト計算して見積書を提示していくことで案件を進めていきます。

一方、多くの原料メーカーさんは、競合の商品設計を真似すれば簡単なのだが、商品設計を行うことができない。
そして、データベース化や短時間でコスト計算できる仕組みがないため、自社だけでは、見積りが出せない。仮に、協力会社に丸投げしたとしても、直接顧客とコミュニケーションを取りながら進めていける訳でなないので、見積り提出にもかなりの時間を要してしまいます。そこで、機会損失が起こる。

また、原料メーカーは、ある意味、品質管理された原料を送るだけでお金が入るため、営業等に人件費がかかっても、OEM案件ほど手間がかからないです。ぶっちゃけ、一度決まっちゃうと定期的ににお金が落ちる美味しい商売。
まぁ、手間やノウハウ蓄積の労力を考えたら、そこまで勝負しようとする原料メーカーさんが少ないのが実際だったりもします。
単に面倒くさがっているだけ。

こういった原料メーカーさんに限って、顧客であるOEM会社の案件を奪ってしまって原料が売れなくなると言い訳します。
決して、そんなことはありません。
むしろ、OEMのことを知っている原料メーカーは、かゆいところに手が届く存在であり、反対に重宝されます。また、原料って、市場で露出のある原料ほど採用されやすくなりますからね・・・。

上記のような理由で、OEM展開もしっかり行っている原料メーカーは少ないのですが・・・
一方、原料を取り扱うOEM会社は、非常に増えています。
まぁ、原料流通させず、自社OEM専用の原料を持っているケースも少なくありません。

名前を出しちゃうと、アピさんや東洋新薬さんなんて、自社原料の存在を明らかにして、大々的に展開されています。
ぶっちゃけ、アピさんなどは、ローヤルゼリーのトップ原料メーカーと言っても過言ではないと思います。
世界のOEM会社の展開を見ても、ごく当たり前の流れです。例えば、イギリスのトップ受託加工会社さんも、養蜂が出発事業で、プロポリスなどの原料をもって展開しています。

さて、OEM会社の原料展開は容易でも
原料メーカーのOEM展開が盛んに行われないのか?

まぁ、先日、顧問先とも話していたのですが・・・
それは、原料メーカーのOEMって自社原料をたくさん配合して売ることしか考えていなくて、他社の原料を配合してまで儲ける志向がないためです。

弊社の場合、競合原料を配合したOEMも承って供給することもありますし、実際、自社原料を配当した商品って、実際、半分に満たないのが実情です。
原料メーカーのOEMらしからぬと言えば、そうなんでしょう。

ぶっちゃけ、自社原料に固執し過ぎると、原料メーカーのOEM事業は上手くいかないです。

ちなみに、こういった体質がインターネット集客に表れ、SEO的に上手く行かない最大の要因になるので、ただ他社の原料もたくさん用いてOEM展開するだけじゃあダメなんですけどね・・・。

何れにしても、弊社は、他の原料メーカーができない体制でOEM事業を展開しています。だから、OEM事業も伸びているのです。

そして、OEM事業で自社原料が配合されれば、必然的に原料事業にもプラス要素が生じます。
多くの販売会社さんは、既存で販売されている商品をターゲット商品に設定し、副材までも真似しようとされるので、副材で弊社原料が指定されることが増えるのです。
さらに、弊社原料特有のクリエイティブまで真似しようとされれば、ますます弊社原料しか選べない状況が市場で生じてくるのです。

例えば、NMNの副材として利用される赤ワインレスベラトロールも、W特許のクリエイティブも真似されようとされるので、弊社原料の赤ワインエキスがNMNの副材として不動のポジションを維持し続けるのです。

弊社としては、次のブーム素材が現れた時、NMNのように自社原料による副材開発をしっかり行っていくだろう。
主材の原料って、ブームが去れば一気に売上が落ちるし、競合が出てくると価格競争も激くなる。原料事業は、必ずしも、主材原料として勝つ必要ないんですよね・・・。

まぁ、考え方は、各社さんで異なるでしょう。
上記のような考え方も、是非、参考にしていただければと思います。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。