大変残念なことながら、弊社独自データを流用し、弊社原料のラベル替えを偽る並行輸入品ならびに模倣原料の存在が明らかになりました。
致し方なく、以下のようなお知らせをさせていただくことになりました。



流石にトラブルに巻き込まれちゃうため、証拠の提供までしてくれませんでしたが、仲の良い取引先から指摘がありました。
別の担当が騙されていたから、その原料を切り替えるから許してほしいとのこと・・・誠意がある対応だから、もちろん、許すけど。

こういった悪いことって、必ずバレることなのになぁ・・・。
残念で仕方がない。

この問題は、以前から、そこそこ把握しており、某大手受託加工会社さんも、リスク回避で弊社原料の使用に統一していただいたのですが、他の受託加工会社さんでは、まだまだ切り替わらないのが現実。
弊社の営業ツールやデータを使われて営業されるのは、とても悔しい。

ほんと、モラルのない会社だと思う。

最も悔しいのは、私が商品開発に絡んでいた案件で商社経由で受託加工会社に利用されていた原料が騙された受託加工会社によって勝手に切り替えられていた点。
主材の原料と、いつもセットで注文が来ていたのに、いきなり来なくなった。
この時点で、今回も名前が挙がってきている会社が裏切ったことも、すぐに発覚した。

私は、絶対に許さないだろう。
その報復としての大きな爆弾は、着々と準備が整いつつある。
これ以上言うと、私のイメージが悪くなるから、ここまでにしておこう。

まぁ、何れんしても、こういった告知を行うことで、まずは、採用しているお客様に問題があることを理解していただかないといけない。
弊社は、後ろめたいことなく、誠実に営業活動を行っていければと思う。


P.S.
この件周辺で、スパイ活動を行っていた取引先がいるのだが、昨年、スパイ活動を把握していることを裏付けるコメントをしたので、それ以来、連絡がない。
相当、焦っていた。
ん~、情報を取ったり偽情報を流したりできなくなっちゃったなぁ・・・。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。