お知らせです。テレワーク体制変更ならびに来客制限に関してです。



従業員の安全確保を優先してのことです。まん延防止等重点措置も発令されそうですしね・・・。
もう、当たり前になりつつありますね。

弊社のように、テレワーク体制が整い、Web中心で集客されている体制で営業している会社は、こういった状況に強く、逆に、成長するチャンスだったりします。
健康食品サプリメント業界は、アナログな会社が多く、こういった部分が遅れていますからね・・・。

最近では、Facebookなどでも新興OEM会社さんの法人向け広告が目立つようになってきました。

弊社は、基本、最小限の広告とコンテンツ型マーケティングで集客しているので、あまり影響はありませんが、おそらく、今後は、競争激化で広告費用対効果が下がってくるんでしょうね。
Google広告も、単価が上がっています。

弊社としては、以下のように、コンテンツの増強施策としてFAQを充実させるなど、淡々とやることをやっていくだけです。



こういったFAQの充実は、集客に限らず、業務の効率性も促します。
中小企業向けOEM事業には、不可欠なサービスだと思います。


【余談】
ちなみに、こういったコンテンツ型マーケティングは、制作を一部内製化できる体制が求められます。基本、Wordpressで作成され、ページの修正・追加が社内でも簡単にできるような体制が必要になってきます。
TwitterなどのSNSは、告知性は高くても、コンテンツ性が低いため、集客には適してません。コンテンツとして固定ページをたくさん作っていく必要があります。

一方、Wordpressで作成されるのは容易ですが、制作会社さんは、基本、そういった体制を顧客に作ってもらいたくない。
理由は、Wordpressはちょっと勉強すれば誰でも一定レベルで使いこなすことが可能であり、ページ修正・追加で制作工賃を取れなくなってしまうためです。まぁ、下手な人がいじると、ページが崩れてしまう可能性もありますからね・・・。

制作会社さんとの付き合い方も、今後、変わってくるんだろうなぁと思います。
場合によっては、月額で固定の管理費を払って、サポートしてもらった方が両者にとって良い選択なんだろう。

まぁ、コンテンツを誰が作るのか?という問題も生じるのですが、健康食品サプリメント製造業界のような専門性の強いB2B事業の場合、制作会社では、模倣サイトを作ることが限界であり、良いサイトを作ることが難しい。
事業のことをよく知っている人間がコンテンツを作っていく必要があります。
意外に、このハードルが高い!

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。