今回は、新型コロナウィルスにも関連するような論文の紹介です。
新型コロナウィルスのワクチンに限らず、ワクチンが有効に働くには、鉄の充足が重要なようです。



Vaccine efficacy and iron deficiency: an intertwined pair?

Abstract
 Vaccines are the most effective measure to prevent deaths and illness from infectious diseases. Nevertheless, the efficacy of several paediatric vaccines is lower in low-income and middle-income countries (LMICs), where mortality from vaccine-preventable infections remains high. Vaccine efficacy can also be decreased in adults in the context of some common comorbidities. Identifying and correcting the specific causes of impaired vaccine efficacy is of substantial value to global health. Iron deficiency is the most common micronutrient deficiency worldwide, affecting more than 2 billion people, and its prevalence in LMICs could increase as food security is threatened by the COVID-19 pandemic. In this Viewpoint, we highlight evidence showing that iron deficiency limits adaptive immunity and responses to vaccines, representing an under-appreciated additional disadvantage to iron deficient populations. We propose a framework for urgent detailed studies of iron-vaccine interactions to investigate and clarify the issue. This framework includes retrospective analysis of newly available datasets derived from trials of COVID-19 and other vaccines, and prospective testing of whether nutritional iron interventions, commonly used worldwide to combat anaemia, improve vaccine performance.
Lancet Haematol. 2021 Sep;8(9):e666-e669.

 ↓ Google翻訳+微調整
ワクチンの有効性と鉄欠乏:絡み合う2つの関連性

要旨
 ワクチンは、感染症による死亡や病気を予防するための最も効果的な手段ですが、ワクチン予防可能な感染症による死亡率が高いままである低所得国および中所得国(LMIC)では、いくつかの小児ワクチンの有効性が低くなっています。ワクチンの有効性ワクチンの有効性が損なわれる特定の原因を特定して修正することは、世界の健康にとって非常に価値があります。鉄欠乏症は、世界中で最も一般的な微量栄養素欠乏症であり、20億人以上が罹患しており、食品の安全性がCOVID-19の大流行によって脅かされるにつれて、LMICでのその有病率は増加する可能性があります。この観点では、鉄欠乏が適応免疫とワクチンへの反応を制限し、鉄欠乏集団に対する過小評価されている追加の不利益を表すことを示す証拠を強調します。投資への鉄とワクチンの相互作用の緊急の詳細な研究のためのフレームワークを提案するこのフレームワークには、COVID-19やその他のワクチンの試験から得られた新たに利用可能なデータセットの遡及的分析、および貧血と闘うために世界中で一般的に使用されている栄養鉄介入がワクチンのパフォーマンスを改善するかどうかの前向きテストが含まれます。


一方、最後にも締めくくられていますが、このワクチンの有効性と鉄不足の関係については、もう少し追加の研究が必要そうです。

何れにしても、低所得国および中所得国は、ワクチンが回ってこない現状に加えて、女性を中心とした鉄不足の問題もある。

実際問題、この研究報告には、2つの意味(目的)がある。
まずは、ワクチンをより有効に働かせる意味。ワクチン接種が進む先進国では、ワクチンを有効に働かせるため、こういった研究が利用にされるだろう。

しかし、本当に重要な本論文の意味は、もう一つの意味であり、ワクチンが行き届かない低所得国および中所得国において、仮にワクチンが提供されても、鉄不足で有効に働かない可能性に対する問題提起です。

どうしても、前者が注目されるかもしれないが、決して、後者の問題を忘れてはいけない。

P.S.
今、感染対策として、亜鉛も積極的に接種されるようになっている。一方、亜鉛の過剰摂取によって、吸収が拮抗するのは、銅だけでなく鉄にも当てはまります。
フェリチン鉄のようなDMT1以外の経路で吸収される鉄以外、亜鉛により、鉄の吸収が阻害されてしまう可能性もある。
鉄や亜鉛、銅の摂取は、バランスが重要です。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。