弊社サイトでもお知らせしたのですが、一昨日、上海市市場監督監督局から食品生産安全監管所からNMNサプリメント製造会社に対する警告と取り締まりついて通達文出されました。



この通達については、中国系のネットニュースでも、以下のように取り上げられていました。



その内容を翻訳機にかけて、読んでみました。

変な日本語ですが、記事の翻訳文です。
論文は、「古い薬」の主な成分は、ニコチンアミドモノ核酸(NMN)またはこれを原料として製造され、個々の錠剤菓子などの一般的な形態で存在し、主に「アンチエイジングエイジング、DNA修復、アルツハイマー病の予防」などの効果を宣伝している。 現在、NMNは医薬品、健康食品、食品添加物、新しい食品原料のライセンスを取得していません。

NMNの英語はニコチナミドモナックレオサイドと呼ばれ、中国名はβ-ナイアシンアミドモノヌクレオチドである。 近年、NMN成分製品は、一部の商人が「アンチエイジング」効果を宣伝し、消費者に求められている。 NMNの概念に続いて、NMN製品の生産に従事する上場企業のグループが市場に登場し、電子ビジネスプラットフォームでは、NMN成分製品も徐々に人気のヘルスケア製品のランクにランクされています。

しかし、NMNの実際の有効性は、広告が言うほど良くないかもしれない。

「NMNコンセプトユニット」が「トラブルシューティングレター」に回答

1月19日、Xiamen Jindawei Group Co., Ltd.(Jindawei, 002626)の証券部門に個人投資家として電話し、「我々は合法的に運営され、手紙に記載されていない」と述べた。 同社のNMN製品は、国境を越えたeコマースを通じて販売され、海外生産と国境を越えたeコマースプロセスを通じて法的に遵守されています。 ”

キンダウェイの米国子会社Doctor's Bestが製造したNMN製品は、2020年7月に新商品が試験販売され、8月に前売り、9月に正式に販売される予定である。 天猫国際プラットフォームでは、製品名は「NMN9600輸入βナイアシンアミドモノヌクレオチドnadサプリメント」であり、京東国際では「NMN9600ニコチンアミドモノヌクレオチド複合ベジタリアンカプセル」と記載され、栄養栄養補助食品(非食品サプリメント)としてラベル付けされ、代替医薬品ではありません。

ヤッペンケミカル株式会社(ヤッペンケミカル、300261)の子会社である米国ABINOPHARM株式会社は、ジンダウェイのほか、 同社はまた、NMN製品を導入し、2020年9月に上海ヤッボン化学有限公司が国内事業を代理し、北京東国際に上場しました。

上海ヤッベン化学(株)に個人投資家として電話し、証券部門に転送した記者は、この手紙は主に国内で違法に生産された企業を対象とし、ヤッベン化学のNMN製品は米国で生産され、その後、電子チャネルを介して輸入され、法的に準拠して運営されている、と述べた。

「これは私たちにとって良いことだと思いますが、市場はより規範的になり、国内では「長生きする薬」をランダムに販売し、原材料の錠剤を販売するケースがあります。 ヤッベンケミカルのNMN製品については、プロの運用チームを雇い、計画をフォローアップし、経営陣に直接報告します。 ”

前述の「チェックレター」は、上場企業の株価に顕著な影響をもたしていないようだ。 1月19日、キンダウェイは0.52%高の33.15元/株で取引を終えた。 ヤッベンケミカルは1.13%安の6.11元/株で取引を終えた。

しかし、ジンダウェイが昨年7月にNMNコンセプトに乗り出して以来、株価は8月の64.48元から下落した。 ヤッベン・ケミカルの株価も同様で、昨年9月に高値を記録した後、下落した。

「不老の薬」NMNとは何ですか? 栄養補助食品は、老化を遅らせるというヒト試験の証拠がない

NMNは、英語でニコチナミドモナックレオサイドと呼び、中国名はβ-ニコチンアミドモノヌクレオチドである。 NMN製品は、かつてバフェット、リー・カッシング、その他の世界的な有名人と結びついています。 2016年、香港の大物リー・カッシングが、NMNの主要原料サプライヤーであるクロマ・デックスに2500万ドル(約2億香港ドル)を投資した。

ChromaDexの公式ウェブサイトでは、Li Ka-chengに関する情報は検索されませんが、公式ウェブサイトによると、ChromaDexの代表製品はTRU NIAGENであり、主な活性成分はニコチンアミドリボシド(NR)であり、この物質はニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)の前駆体であるが、β-ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)とはまだ異なる。

国内の商人もNMNを見ている。 2020年7月、米国子会社のDoctor's Bestが国内の電子ビジネスプラットフォームでNMN製品を事前販売したとして株価が急騰し、大きな注目を集めました。

当時の公式回答で、キンダウェイは、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)がニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)の前駆体であり、NAD+が細胞の代謝をサポートすると説明しました。 年を取るにつれて、体内のNAD+含有量は減少し、ミトコンドリアアセチル化酵素調節タンパク質は減少し、ミトコンドリアアセチル化酵素は健康な老化において重要な役割を果たし得る。

しかし、NMNは本当に動作しますか? 2020年7月21日の報告書によると、清華大学薬学部長のディン・シェンは、NMNの服用が老化を遅らせ、そのような議論は非常に困難であることを示すヒト試験の証拠はない、と語った。

現在オンラインで販売されているNMN製品は、米国FDA(米国食品医薬品局)から「裏書」を受け取ったが、FDAがその有効性を認めたことを意味するものではありません。 実際には、NMNは、現在「栄養補助食品」と定義することができます。

FDA は、栄養補助食品の製造業者と流通業者が FDA の承認なしに栄養補助食品を販売できる情報を提供しています。 これは、FDAは、メーカー、流通業者、または彼らが販売している栄養補助食品製品のリストを保持しないことを意味します.

昨年7月の公開回答で、Jindaweiは、NMN製品の事前販売は、その実用的な有用性に明確なコミットメントをしていないことを強調し、製品の有用性は、米国食品医薬品局(FDA)によって評価されておらず、病気の診断、治療、治癒、または予防に使用されていないことを明らかにしました。

Jindaweiカスタマーサービスは、海外の栄養補助食品は、国内の健康製品に対応すると言います。

実際には、厳密に言えば、健康食品でなければなりません。 2018年10月に国家市場監督総局が発表した「食品健康食品詐欺と虚偽の宣伝と是正に関するQ&A」によると、健康食品は明確な法的位置を持ち、健康食品の規制法的根拠は「中華人民共和国食品安全法」であり、製品属性は食品である。

国家市場監督総局は、健康食品事業者が電話による健康食品のマーケティングと広報を行うときは、真実、合法的、虚偽または誤解を招くような宣伝をしてはならない、または健康食品が疾病予防または治療機能を有することを明示または暗示してはならないと繰り返し強調している。

また、食品健康食品の詐欺や虚偽の宣伝に関するQ&Aは、健康食品広告の審査に関する暫定規則第8条は、健康食品の広告が出現してはならない状況と内容を定めています。

販売中のマルチ家電プラットフォーム、一部のビジネス、または不適切なプロモーションの有効性に関連する

NMNは、医薬品、健康食品、食品添加物、新しい食品原料のライセンスを取得していないので、このカテゴリは、主にクロスボーダーEコマースプラットフォームで販売されている海外ブランドであり、天猫インターナショナル、京東国際、コアラハイショッピング、マルチグローバル購入プラットフォームは、NMN製品を販売しています。

日本のNMN市場を懸念する業界関係者は、Yin Newsに「クロスボーダーEコマース小売輸入品リストによると、ホワイトリストはクロスボーダーEコマースプラットフォームを通じて販売することができる」と語った。 日本は2020年3月に食品原料リストにNMNを組み込み、その数ヵ月後には国内のクロスボーダーEコマースプラットフォームが日本のNMN製品を次々に発売しました。 さらに、クロスボーダーEコマースプラットフォームは、製造プロセス、納税証明書、現地の法律や規制への準拠など、投資を誘致する際にブランド資格を確認します。 ”

記者によると、2016年に「クロスボーダーEコマース小売輸入品リストの公表に関するお知らせ」が正式に発表され、未混合ビタミンや誘導体などの商品が第2バッチでリストされました。

NMNの問題点について、この人物は、第一に、プロパガンダを誇張し、クロスボーダーEコマースプラットフォームは、プラットフォーム上の「誇張されたプロパガンダ」規制の優先順位を高め、第二に、中国はNMN原材料供給大国であり、海外ブランドに供給しながら、生産者やワークショップがNMN製品を生産している現象があると述べた。

NMNは「栄養補助食品」としか使わならないが、NMNの服用が老化を遅らせるというヒト試験の証拠はないが、一部の企業はNMN製品の機能を宣伝する努力を惜しんだ。

現在、JindaweiのDoctor's BestブランドのNMN製品オンラインモールでは、製品名と詳細には有効性の紹介は含まれていません。 しかし、コメントエリアでは、公式の顧客サービスは、ユーザーレビューへの応答で、それを取った後、エネルギー代謝を強化し、身体機能を調整し、三高、記憶、睡眠、皮膚などのサブヘルスに良い改善を持っています。


この記事を読んでみると、主に激安な米国サプリメント会社の商品を問題視しています。これら会社の一部は、NMNが含有していなかったことで米国でも問題視されています。その流れで、Amazon等でも商品中の含有量との管理が義務付けられる流れがあります。

日本の市場には、大きな影響がないかもしれないですが、含有量保証は、ちょっと厳しくなるかもしれません。
できれば、厚生労働省の登録機関で商品分析を実施し、商品としてのデータを取得しておいた方が望ましいかもしれません。

また、同時に、原料の含有量や純度の管理もしっかり行いつつ、NMNの合成工程がどのような工場で行われているかをしっかり管理した方が良いだろう。

弊社は、主に2社の中国製原料を利用しているが、どちらも医薬品原薬(API:Active Pharmaceutical Ingredient)工場で合成されている原料です。

やっぱり、合成の残渣が怖い。
酵素は、失活させれているかもしれないが、触媒関係の残座が怖い。

ナトリウム加工物1%未満という規格を見たことがある。
ぶっちゃけ、1%未満で、ほんとに大丈夫なの?と思ってしまう。

市場では、NMN含有量100%のデータが出回っているが、その分析精度は、±1%あるから、あまり意味がない。
NMN原料であることの証明にしかならない。
決して純度が高い証明にはならない。


もちろん、この分析データは、毎ロット行われているわけではない。

最も怖いのは、正規輸入されていない原料。
それは、国内粉砕原料にも当てはまる。粉砕前の原料がどのように輸入されているかが重要。
NMNは、輸入通関の際、製造工場毎の個別審査が検疫所(実質、厚生労働省)で行われ、安全性のチェックも行われる。
やっぱり、厚生労働省は、工場のレベルまでチェックしていると思う。そのチェックを受けていない原料は、リスクが高い。

今、中国から直接原料売り込みがあって、非正規であれば、簡単に輸入できてしまう。
そんな原料が支給されることもある。
日本のGMPは、cGMPではないため、厳密な原料管理まで必須ではないが、NMN原料の場合、原料が支給される場合であっても、しっかり管理する必要が出てくるだろう。

これから、NMNは、さらに盛り上がりを見せるだろう。
だからこそ、気を引き締めて、原料チェックを行っていかなければならないだろう。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。