弊社サイトに、NMNサプリメントOEM製造の注意点というページを追加いたしまいた。



依頼時の注意点や情報開示条件をまとめたページを追加いたしまいた。

9月以降、NMNサプリメントのOEM製造依頼が急速に増えております。
また、カプセル充填できなかったというトラブルも耳にするようになってきました。

また、NMNは非常に高価な原料のため、コエンザイムQ10ブームの時のように、偽物が出回る可能性もございます。
例えば、数千円のナイアシン(NMN前駆体のビタミン)を供給されると、何れも白色の粉体のため、見分けが付きません。

ちなみに、ページには記載しませんでしたが、NMNを1mgくらいしか配合されていないNMN商品が表れ始めています。
現在は、NMN原料としての定量分析まで確立しておりますが、今後、商品としてのNMNの定量分析を確立していかなければならないなぁと感じています。

是非、ページを参考に、トラブルなくNMNサプリメントの商品化を進めていただければと思います。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。