空手の指導を行っていると、どうしても、低学年の小学生くらいだと、飛び込んで突けない子供達が出てきます。
センスの良い子は、自然に飛び込めるのだが、全てがそうではないです。

飛び込んで突けない子供達は、手で突きに行ってしまう。
ポイントが取れるようになるまで、なかなか時間がかかってしまいます。
多くの指導者の悩みの1つだと思います。

そこで、オススメなのがジャンプしてからの突きの練習です。



紹介の本題である突きの強化にもつながりますが、後ろ足に溜めを作る点と体重の前後移動を突きに乗せるという点を同時に覚えることが可能です。

飛び込んで突けない子供達があっという間に飛び込んで突けるようになります。

もちろん、体重の前後移動ができておらず突きに体重が乗っていない大人のフォーム矯正にもつながります。踵の打撲も減るでしょう。

飛び込んで突くことが癖づくまで、この練習を徹底すると良いと思います。

上手くできているか?の合否チェックポイントは、

足の踏み込み音!

バチーンと鳴れば合格。
ただし、つま先が真っすぐに向いている場合。

体重が前に移動できてれば、踵から踏み込んでも、つま先に体重が乗ります。

初めて、上手く踏み込めた子供達は、おそらく上足底が痛いと言い始めるでしょう。
これは、上手くできている証拠として、褒めてあげると良いです。

注意点としては、なるべく真半身を維持してジャンプすること。
正面を向いて飛ばないこと。
真半身の四股立ち構えが主流の本時代、その延長で練習させるようにすべきだと思います。

まとめると、この練習は、以下のポイントを意識させながら行うと良いでしょう。

意識ポイント:
半身に構えてジャンプ
着地時の後ろ足の溜め
つま先の方向(真っすぐ)
前足への体重移動


つま先の方向についてですが、音が鳴らない子供達で最も多い失敗理由でもあります。膝を外旋して開いてつま先を真っすぐにすると、実際に動きを見せながら説明しています。
※これは日本式の突きです。海外選手は、開かずボクシングのジャブのように突く選手が多いです。

なお、刻み突きより中段逆突きの方が難易度が高いです。
刻み突きより後足の溜めを深く作る必要があり、飛び込みながら沈む必要もあります。溜めを深めに作らせ、肩の高さで中段を突けるくらい沈みながら突けると、良い中段逆突きになります。
この2点を追加で意識させると良いでしょう。
参考までに、私の場合、後足の溜めの感触が残っている内に、後屈ステップインからの中段逆突き練習に入っていきます。そして、刻みフェイントからの逆突き(落差のある上中ワンツー)に変化させていきます。

ちなみに、動画で紹介されているように、ミニハードルを利用するのも一手ですが、3000円前後と少々コストが生じます。



あと、正直、嵩張ります・・・。

なので、私は、マーカーコーンを利用しています。薄型タイプ。



嵩張らないので、どこでも持ち運べるし、踏んでもケガしない。
加えて、以前に紹介したようなステップトレーニングにも活用できます。



安いし、とても便利!
冬場は、このステップトレーニングにラダートレーニングを組み合わせて、脚力強化を図れます。

加えて、ハンドミットを利用して、突いてる感を楽しませても良いでしょう。ハンドミットは、パンッと音が鳴るダブルのタイプがオススメ。
新型コロナウイルスの感染予防対策としても、対人で打ち込み練習するよりハンドミットに打ち込んだ方が好ましいだろう。
今や、こんな激安なハンドミット(ダブル)も流通する時代です。



アディダスの4000円のハンドミットもかっこええが、激安ハンドミットでも十分に使えます。
ただし、耐久性は劣ります。
強く蹴り込み続けると、壊れてきます。まぁ、特に寸止めでないレベルの子供達の振り回す蹴りで。

でも、本来、競技空手は、寸止めする競技なので、パンッと一番良い音が鳴るライトコンタクトもしくはスキンタッチを心掛けるべき。
この程度のハンドミットで十分と言えば十分。
特に、個人で所有するなら、十分。2個セットのミットなら、友達と1個づつ分け合えば良いでしょう。

組手の稽古は、楽しくなるよう、いろいろ工夫してみることが大事なんだと思います。

【追記】
後屈ステップイン(実は軽く継ぎ足)からの中段逆突きは、植草選手の逆突きの一般人向け改良版。あんな突き、一般人に出来ない・・・。どちらかというと、この動画の亀梨くんの突きに近いです。

この動画は、著作権的に良くないので、いつまで閲覧できるかが微妙です。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。