新型コロナウイルスの感染拡大が終息しない現在、9月の営業体制について、以下のように告知しました。



ちなみに、転送される時間も、少し短めに再設定させていただきました。
あとは、SUBLINEで、受信設定のスケジュール機能が付くと、かなり完璧に近づくんだけどなぁ・・・。

まぁ、弊社は、元々、完全プル型の営業体制ですし、テレワーク体制になっても支障なくビジネスを進めれる環境があるので・・・
今後もテレワーク体制が続き、最終的に定常化するような感じがします。

実際問題、私は、新型コロナウイルスが終息するのに、あと1~2年かかかると予測している。もしかすると、もっとかかると考えています。

現在、健康食品サプリメント業界の状況は、

多くの販売会社さんは、特に大手企業さんほど、徹底したテレワーク体制
で営業されています。

そのため、OEMや原料などの製造系の会社も、訪問しての営業が行えていない状況 があります。

大手企業の販売会社さんも、お願いすればオンラインで商談してくれます。
ただし、距離感が近い会社さんに限定されるかもしれません。

一方、オンラインでの営業に対応していない健康食品サプリメントの製造系企業さんは、営業活動が行えていないケースがあります。
勝ち負けが生じ始めている。
そういった会社さんを中心に、人材の整理なども行われ始めています。(人材整理する会社の経営者さん程、自社の問題点に気が付いていない・・・。)

弊社も、今のところ、世間全体のご時世から考えると、そこそこ集客できている状況です。
今後、健康食品サプリメント業界も、徐々に変化していくと予測されます。
その変化に対応した対策を淡々と講じていこうと思います。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。