今、市場では、中国系ビジネスを象徴するような動きを見せています。
このような転売ビジネスは、極当たり前の商習慣。



もともと、日本の化粧品や湿布薬で中国に対して行われていたビジネスの延長なので、行われて当然です。対象が日本人になっただけ。

利率が低くくても、確実に利益が出るのであれば、積極的にビジネスを行う商習慣がありますからね。

基本、スピード感が違いますから・・・。
日本は、こういった部分で、完全に負けていると思います。

やっぱり、成長している勢いって、人のモチベーションを高めるものなのだろう。

さて、新型コロナウィルスの影響で、中国ビジネスも沈静化してしまったのでしょうか?

いや、全くしていません。

むしろ、より元気な方々も多いです。
例えば、越境EC系の化粧品輸出。

今、中国における化粧品製造ラインは、一部が消毒剤の製造などに回され、化粧品製造が行われていないケースがあります。
外出できないで化粧品需要低迷でトントンとなっていましたが、外出できるようになりつつあり、化粧品の供給が追い付かないような状況も出てきているようです。
そこで、活躍しているのが、海外の化粧品。
当然、日本の化粧品も含まれます。

すでに、流通が正常化するのを見越して、多くのビジネスが動いています。

もちろん、こういったフラッシュな案件だけでなく、問題が沈静化した時にスタートダッシュできるような案件も水面下で多く進んでいます。

ただし、情報マネージメントに長けているので、なかなか漏れることはない。
弊社も、そこの情報管理は徹底しています。

中国は、日本以上にテレワークやリモートワークで働ける環境が整えられ、在宅勤務を見据え、多くのコラボレーションツールが機能を無料開放されていたりします。



だから、外出できなくても、ビジネスが進んでいるのです。
中国の場合、もともと、そういった土壌もあったので、浸透しやすかっただろう。

弊社も、基本、メール・電話・チャットだけでもビジネスを進めることができる会社だから、よくわかります。大事なのは、対応力。
だから、弊社も、こういった局面でも忙しい。

ちなみに、製造系は、そこを止めるとビジネスが停滞するので、武漢以外、適度に動いている。
例えば、原料供給がタイトになりつつある弊社の山芋抽出物などは、問題なく製造が進められています。
工場は、しっかり動いています。
新型コロナウィルスの影響で欠品する可能性も、かなり低くなりつつあるというのが現状です。
フルオートメーション化されている工場なので、人と人の接触が最小限で運営できるためであろう。

中国で市場を独占しているビタミンCに関しては、需要も高まっているので、タイトになるだろう。一時的に、高騰することが予測されます。
また、供給が落ち着いても、価格は落ちにくいだろう。
ここぞという時に、値上げされるだろう。

最後に。
中国から発生した新型コロナウィルスだが、蓋を開けてみると、ダメージを最小限に抑えて、結果、一番儲かってしまうのは、中国だろうと予測しています。
中国の覇権争いも、一歩前進したのではないだろうか?

中国政府としても、悩みの種だった武漢や香港でのデモも終息し、実はホクホクだろう。



今回の新型コロナウィルスに関する情報管理に関しても、結局、正しい情報を出しても、国益にならない。むしろ、経済面を考慮して情報を流した方が国益になると判断したのだろう。
国が情報を管理していると、こういったことも容易です。

こういった部分がビジネスにもあるんですよね・・・。
上手く情報統制し、仲間内だけで儲けるようなところが。
とにかく、とても強かです。
国を見て、企業も学んでいるんだろう。

まぁ、何れにしても、民間レベルでは、共存共栄のために上手く付き合っていかなければならないんでしょうね。
今や、健康食品サプリメントの業界でも、一番のお客さんは、中国ですから。
考え方を柔軟にして、我々から合わせる時代が来ているのだろう。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO / SloIron Inc. 取締役 技術アドバイザー / 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

kuri photoM2 広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。