健康食品サプリ製造業界の🥋オヤジ伝

レスベラトロールやジオスゲニン、フェリチン鉄の植物由来のアンチエイジング素材を取り扱うアンチエイジング・プロで、研究開発を大学と行いながら、市場創造し続ける栗山雄司のブログ。

仕事ではマーケット情報や学術情報をまとめながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

2022年秋の商品開発動向

河野さんがステマ対策など具体的なことをコメントするもんだから、これが健康食品サプリメント市場、中でも商品開発動向にかなり影響が出ている。



広告規制強化がさらに強まると予測され、まず、新規参入による商品開発が激減している。

全体的に、問い合わせが少ない。

弊社も、既存顧客のクロスセル商品の開発や新規案件だけが活発なだけで、新規の問い合わせが少ない。
原料の新規案件を見ていても、そういった傾向が伺える。

未だ続いているNMNサプリ新規案件の質も変わってきている。
NMNサプリ案件は、中国向けから、日本向けに切り替わった。
まぁ、一部、香港経由があるのみ。

ちなみに、まめ鉄は、例外。
まめ鉄のOEM案件は減っているが、原料案件は、今、アホみたいに試作が行われている。
原料調達が追い付かず、苦しい日々が続いている。
複数の既存顧客において、すでに半年先まで予約注文が入っている・・・。

なお、新規参入による商品開発案件の顧客は、広告規制強化の現状を知らない方々がほとんどです。
そんな、甘い市場ではないのに・・・。

現在、ネット通販の市場において、販売者は、以下のように分類できるだろ。

1. 一定の定期顧客を保有し、黒字化している会社
2. 急に広告費用対効果が合わなくなり、事業撤退を余儀なくされている会社
3. ずっと赤字の状態が続いている会社

まぁ、複合タイプの会社も存在するだろう。
そして、今、急に2の会社が増えていて、最悪なケースとして、計画倒産で逃げてしまう会社まで出てきている。基本、ワンペイ型のネット通販会社さん。
踏み倒されるのは、商品代金より、広告費のケースの方が多いようだ。2億踏み倒されたという話も聞く。



昨年8月以降、広告規制強化の動きが強まり、急に広告費用対効果が落ち始めたため、こういった状況が起こっている。

アフィリエイト広告⇒半ステマのSNS広告と、今、ターゲットが移り、徐々に包囲網が構築され始めている。

今後も、広告規制は、ますます厳しくなるものと予測され、商品開発も、リスクとプロフィットのバランスを加味して進める必要が出てくるだろう。
なお、ここでのリスクというのは、課徴金制裁などのリスクです。

何れにしても、この変化は、急激過ぎる。

広告の主流も、紙媒体⇒電波媒体(CS等)⇒ネット媒体と移ってきている。
ついていけない通販会社さんは、あっという間に利益モデルが損なわれてしまう時代。

こういった変化は、商品開発にも大きく影響が出てくるだろう。
我々も、顧客の販売方法などを加味して、提案を行っていく必要があるだろう。それによって、顧客の成功率が大きく変わってくるだろう。中小企業対象の弊社OEM事業のように、リピート注文をもらわないと営業利益が出ないビジネスモデルでは、少しでも成功に近づけるよう、しっかりサポートしていく必要があるだろう。
今後も、いろいろ大変だなぁ・・・。

ちなみに、前期は、めちゃめちゃ前半の売上が良かったため、なかなか前期を超えれないでいましたが、10月でようやく前期を超えてきそうです。
でも、今期は、増収でも、減益もしくは同益だろう。
気合で、増益も目指していこう!

鉄と老化&鉄選びが重要な理由

鉄って、非常に難しく、多く摂取するだけではダメで、年代別に最適な量を摂取する必要があります。
また、鉄は、フリーラジカルを発生して酸化ストレスを誘発する栄養素でもあるため、アンチエイジングドクター(医師)の中には、摂取を推奨しない方も少なくない。

実際、細胞における若さや寿命の蝋燭(ろうそく)でもあるテロメアと鉄の充足状態の関係性が調べられ、65歳以上のシニア層は、血中鉄レベルを高くし過ぎない方が良いことが示されています。
かみ砕いて表現にすると、血中鉄レベルが高ければ、老化度合も高く、残っている寿命も少ないということになる。


Association between Body Iron Status and Leukocyte Telomere Length, a Biomarker of Biological Aging, in a Nationally Representative Sample of US Adults

Abstract

Background: Excess iron levels can induce oxidative stress and could therefore affect telomere attrition. However, little is known about the impact of body iron status on telomere length.
Objective: Our aim was to examine the association between serum ferritin concentrations, an indicator of body iron status, and leukocyte telomere length in US adults.
Design: We conducted a nationwide, population-based, cross-sectional study.
Participants/setting: We used data from the National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES) 1999-2002. We included 7,336 adults aged 20 years or older who had available data on serum ferritin levels and telomere length. High ferritin levels were defined as a serum ferritin level >200 ng/mL (449.4 pmol/L) in women and >300 ng/mL (674.1 pmol/L) in men. Low ferritin levels were defined as a serum ferritin level <30 ng/mL (67.4 pmol/L).
Main outcome measures: Leukocyte telomere length was assayed using the quantitative polymerase chain reaction method.
Statistical analyses: Linear regression with survey weights was performed to estimate the association between serum ferritin levels and telomere length.
Results: The prevalence of adults with high and low serum ferritin levels was 10.9% and 17.6%, respectively. High ferritin levels were inversely associated with telomere length compared to normal ferritin levels. After adjustment for demographic, socioeconomic and lifestyle factors, body mass index, C-reactive protein, and leukocyte cell type composition, the β coefficient for log-transformed telomere length was -0.020 (standard error [SE]=0.009; P=0.047). The association was stronger in adults aged 65 years or older (β coefficient -0.081, SE=0.017; P<0.001) than in adults 20 to 44 years old (β coefficient -0.023, SE=0.019; P=0.24) or adults aged 45 to 64 years old (β coefficient 0.024, SE=0.015; P=0.10) (P for interaction 0.003). Low ferritin levels were not significantly associated with telomere length compared with normal ferritin levels.
Conclusions: In a US nationally representative population, high body iron status was associated with shorter telomeres, especially in adults aged 65 years or older.
J Acad Nutr Diet. 2019;119(4):617-625.

 ↓ Google翻訳
米国成人の全国代表サンプルにおける体内の鉄の状態と生物学的老化のバイオマーカーである白血球テロメア長との関連

要旨

背景: 過剰な鉄レベルは酸化ストレスを誘発する可能性があり、したがってテロメアの消耗に影響を与える可能性があります。しかし、体内の鉄の状態がテロメアの長さに与える影響についてはほとんど知られていません。
目的: 私たちの目的は、米国の成人における血清フェリチン濃度、体の鉄の状態の指標と白血球のテロメア長との関連を調べることでした。
デザイン: 全国規模の人口ベースの横断研究を実施しました。
参加者/設定: 国民健康栄養調査 (NHANES) 1999-2002 のデータを使用しました。血清フェリチン値とテロメア長に関するデータが入手可能な 20 歳以上の成人 7,336 人を対象に含めました。高フェリチン レベルは、血清フェリチン レベルが女性で 200 ng/mL (449.4 pmol/L) を超え、男性で 300 ng/mL (674.1 pmol/L) を超える場合と定義されました。低フェリチン レベルは、血清フェリチン レベル < 30 ng/mL (67.4 pmol/L) として定義されました。
主な結果の測定: 白血球のテロメアの長さは、定量的ポリメラーゼ連鎖反応法を使用して分析されました。
統計分析: 血清フェリチン レベルとテロメア長との関連を推定するために、サーベイ ウェイトを使用した線形回帰を実行しました。
結果: 血清フェリチン値が高い成人と低い成人の有病率は、それぞれ 10.9% と 17.6% でした。高フェリチン レベルは、通常のフェリチン レベルと比較して、テロメアの長さと反比例の関係にありました。人口統計学的、社会経済的およびライフスタイル要因、ボディマス指数、C反応性タンパク質、および白血球細胞型組成の調整後、対数変換されたテロメア長のβ係数は-0.020でした(標準誤差[SE] = 0.009; P = 0.047) .この関連性は、65 歳以上の成人 (β 係数 -0.081、SE=0.017; P<0.001) の方が、20 ~ 44 歳の成人 (β 係数 -0.023、SE=0.019; P=0.24) または高齢の成人よりも強かった。 45 歳から 64 歳 (β 係数 0.024、SE=0.015; P=0.10) (交互作用の P 0.003)。低フェリチン レベルは、通常のフェリチン レベルと比較して、テロメア長と有意に関連していませんでした。
結論: 米国を代表する集団では、特に 65 歳以上の成人において、体内の鉄の状態が高いことはテロメアが短いことと関連していました。


まぁ、鉄摂取にとって、ネガティブな論文なのだが、その反面、鉄素材選びの重要性も示している。
フェリチン鉄に関しては、摂取時、イオン化されずにエンドサイトーシスで吸収されるので、ラジカル発生の可能性や影響は少ないだろう。
先述の最新研究紹介のように、フェリチン鎖がラジカル消去として働く可能性もあるだろう。



一方、フェリチン鉄は、吸収後の動態で不明な部分もある。
吸収後でも、ラジカルの生じない代謝が起こっていれば、ラジカルの発生の可能性が低い極めて安全な鉄素材と言えるだろう。
また、そもそも、鉄のエンドサイトーシスによる吸収に、血中鉄濃度が高ければ吸収しないなど、調整機構も備わっていれば、過剰な鉄による害も少ないだろう。
今後の研究課題でもある。

何れにしても、鉄は、重要な栄養素。
ただし、鉄って、主に必要なのは、成長期の子供達と閉経前の女性。
成人男性も、出血がある人以外、あまり必要としない。

そして、この論文で示されているように、おそらく鉄のラジカル(酸化ストレスの誘発)としての影響だろうが、一定年齢以上は、摂取しない方が良いようになってくる。

年齢や性別で、鉄の摂取の仕方が変わってくる。
他の栄養素より、摂取管理が難しい。

これらを加味すると、現時点において、私は、鉄摂取の仕方について、以下のように考えています。

男性は、成長期に積極的に補う以外、不足量を適当に補いつつ、過剰に摂取しないようにする。60歳以上は、貧血症状がない限り、摂取しない。

女性は、初潮後、不足しないよう積極的に補い続ける。貧血症状を感じるようであれば、少し多めに補うようにする。特に、妊娠中は、摂取目安量が倍になるため、多めに補うようにする。閉経後、摂取を止めても良い。60歳以上は、貧血症状がない限り、摂取しない。

そして、鉄を摂取する場合、ラジカルのダメージが少ない素材を選択するようにする。


こういった鉄摂取の仕方を行っていれば、老化やアンチエイジングという観点で、さほど気にすることはないと思う。

ちなみに、隠れ貧血というものもあるので、ヘモグロビンがギリギリ正常値でも、血中フェリチンが低ければ、補っておいた方が良いだろう。



米国市場では、すでに常識なのだが、鉄は吸収性と安全性で選ばれるようになっている。
ただし、日本は、医薬品の鉄剤の力が強いことなどから、食品で使用できる鉄素材も限定されている。必ずしも良いと思わないが、例えば、キレート鉄などは食品添加物として認可されていない。

日本市場では、米国と異なり吸収性や安全性の詳細が謡えない法規制があるため、素材イメージの方が先行してしまう。
まぁ、豆由来フェリチン鉄は、安全性も高く、吸収性も低くない。イメージも良く、昇り龍の素材であることは間違えないだろう。
米国生まれの市場だが、むしろ、日本市場の方が適している素材ともいえるだろう。

何れにしても、今後も、研究開発を続け、豆由来フェリチン鉄の市場を伸ばしていければと思う。
淡々と努力を積み重ねるのみ!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

仕事のガイド
40万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。


秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
プロフィール

博士(水産学) 48歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員/博士論文は海洋ゴミがテーマだが、現在は、機能性食品原料を開発。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍