幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

OEM

男性更年期を救うジオスゲニン:PDE5阻害や抗炎症の作用

私は、定期的に各種素材・成分の文献検索を行っています。たまに、非常に面白い報告を発見することもあります。
今回、ジオスゲニンで面白い論文を見つけたので、ご紹介です。

In Vivo Protective Effects of Diosgenin against Doxorubicin-Induced Cardiotoxicity.Nutrients. 2015;7(6):4938-54.

ジオスゲニンの抗悪性腫瘍剤(ドキソルビシン)由来の心臓毒性に対する保護効果に関する論文です。オープンソースの論文なので、どなたでも論文を入手できます。

なんと!その論文の中では、PDE5阻害作用が紹介されていました。
まぁ、PDE5は、平滑筋の弛緩などに関わるcGMPという物質を分解する酵素ですので、心臓の評価としては、当然、重要な評価項目になってくるんでしょうね。

さて、なぜ?男性更年期を救うのか?

それは、PDE5阻害がED薬の作用メカニズムだからです。

まぁ、いろいろな用途で体が使うため代謝もされやすいでしょうから、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)ほどの効果は期待できないでしょう。まぁ、あくまで食品ですから。
でも、エビデンス型の商品開発を行っていく上で、こういった動物試験でも、ないよりはあった方が良いです。

さて、このPDE5阻害作用のメカニズムは、細胞内の抗酸化作用(ROS)によるもののようです。意外に、実はこれが画期的だったりもします。

結局、こういった細胞内の抗酸化による抗炎症作用が様々な機能性のベースとなります。そのため、現在、ジオスゲニンは、抗ガン(アポトーシス誘導)、血管新生や脂質過酸化の阻害などの動脈硬化性疾患の予防データも示され始めています。

それらの機能性を紹介したこんなレビュー論文も出ています。
ジオスゲニンの薬理学的活性と機構における進歩

加えて、不足するホルモンの産生サポートにも働くわけですから、まぁ、男性更年期のいろいろな予防という意味で、ミドルエイジ以降の男性にとっては、とてもありがたい作用を示す訳です。

もちろん、男性に限らず、ミドルエイジ以上の女性にもオススメです。
骨粗しょう症予防や認知症予防の観点からも、ジオスゲニンを活用することが可能だと思います。

現在、大手さんの男性更年期対策のサプリメントだけでなく、男性向けのシトルリンサプリメントで多く利用されているジオパワー15(ジオスゲニン含有やまいも抽出物)ですが、こういったベースの情報/データがあると、もっと売りやすくなるでしょう。
今後に期待です。

ファブレスOEM会社が生き残っていくための戦略

近年、OEM事業も勝ち負けが明確に分かれ始めています。基本、大手企業の案件は、大手受託加工会社へと集約が進みます。
そして、小さな案件は、ネットでしっかり集客ができている会社へと振り分けされています。

現状、工場を持たないファブレスのOEM会社さんの事業が落ち込んでいます。
(ちなみに、弊社は半ファブレス。関連会社のGMP工場を利用している。)

そのファブレス会社さんの下請けをすることも多々あるので、大変だなぁと思います。
新規はあまり取れていない感じもするので、しっかり既存の案件が回っていないと、営業経費もトータルも赤字になってしまうのでは?と思うこともあります。
特に、その傾向は、近年の新規案件で強くなっています。

近年の新規案件に対する鉄則!

顧客の言いなりになってはいけない!

特に、一元の顧客には、ドライに対応しなければならないです。
とにかく案件泥棒が多い。
良い提案を行っても、案件だけをパクられて別の工場で作られてしまう。無駄働きさせられる。
酷い会社は、試作だけを永遠と行わされてしまう。

営業担当は、商品作りに対して、どれくらい思い入れがあるか?などをジャッチし、その上で相手を見て提案していく必要があります。
ぶっちゃけ、ゴミ商品の案件やレスがなくなる顧客の案件は、断った方が良いと考えています。

もちろん、顧客をセグメントするだけでは、案件が取れない!

勝っていくため/生き残っていくための戦略が大事になってきます。
私の持論、以下の点を重要視して戦略を講じていく必要があると思います。

創造力
提案力
サポート力
価格でも勝てる何らかの武器


まぁ、一番重要なのは、4つ目の武器。

弊社の武器は、自社原料であることは間違えないです。また、価格だけにならないよう、原料は原料で、特許戦略や商標戦略もしっかり行っている。
自社原料以外でも、他社より安く原料を仕入れることに徹しているので、結果、案件の成約率や利益率にも反映されてくる。

現在、大手受託加工会社さんでも、自社原料を持って展開され始めています。
そのビジネスは非常に強固。
ファブレスのOEM会社では絶対に勝てない。

そうなってくると、実際問題、ファブレスの会社は、武器なしでは生き残っていけないだろう。しばらくは生き長らえても、ビジネスは先細りになってしまうだろう。
武器は不可欠だろう。

弊社も原料と言う武器を持っていても、コスト合戦になってしまうと、社員を犠牲にしながら営業経費無視でコストだけの勝負を行っている会社には負けてしまう。
そういった危機感を常に持っている。
そこで、少しでも勝率やリピート率を高めるため、いろいろと工夫している。社員は有効に利用するかわからないが、昨年末、新たなルールも導入している。
見積り戦略上からの顧客との駆け引きである。

のほほんとしていては、生き残っていけない時代になりつつあります。
OEM事業は、陣取り合戦。
常に努力あるのみです!

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2018年12月

今年最初、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 コラーゲン
2位 乳酸菌
3位 プラセンタ
4位 セラミド
5位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
6位 ヒアルロン酸
7位 大豆イソフラボン
8位 エラスチン
9位 高麗人参
10位 カテキン


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

12月は11月と比べて大きな変化なし!

まぁ、モリンガが落ちるのは当然だと思いますし、ベタなわかりやすい素材だけが上位を占めづつけています。
ここまで変化がないと、解説も行いにくい・・・。

まぁ、全体的に、中国感は薄れたように感じる。
もうすでに市場が成熟し始めているのだと思う。
EC中心の市場は、成熟しやすい。
今後、日本の市場に近づいてくるだろうと予測しています。ただし、高価格帯の商品ではなく、正規で通関できることが条件になってくるだろう。

私の予想、OEM商品でなく、原料での正規通関させていくことが課題になってくるだろう。
化粧品と同じである。

一方、このランキングは、そこそこ市場動向を的確に表していると思います。
何だかんだで、こういったわかりやすい素材が売れている。そして、わかりやすい素材の中でも、優位性が明確な原料ほど売れている。
まさに、レモン葉酸やまめ鉄も、そういった原料に該当するだろう。
ほんと、原料によって勝ち負けも、はっきりし始めている・・・。

ただし、プラセンタは、サプリメントやドリンクより、原液化粧品の方が盛り上がっている!
同様なことがプロテオグリカンでも言える。

ぶっちゃけ、どの原料も、どんなクリエイティブが作れるかで、勝ち負けの明暗が分かれるのでしょう。

如何に! 競合を潰しつつ、差別化ポイントの優位性を生み出せるか!

あとは、コスト競争力とのバランス。
どんなに良い原料でも、コストパフォーマンスが悪いと採用されにくいです。

ちなみに、大豆イソフラボンが上位に入っているが、決して、大豆イソフラボンでアクセスされていないだろう。
間違えなくエクオールでだろう!
弊社にも、エクオールでの問い合わせが非常に多かったです。

私の場合、プラセンタ原料は、あえて最も高い原料を採用します。
それは、少量の配合で十分な原料であり、優れた数と質のクリエイティブでの展開ができるため、結果、コストパフォーマンスが良くなるためです。
私は、そういった目線でしか、原料を選定しないです。
同様なことは、弊社まめ鉄にも言えるだろう。

さて、会社のランキングですが、先月の予想通り!
予想的中。
ホルスさんは、今月やや下がるだろうが、上位をキープするだろう。

弊社は、特にランキングを気にしていないが、問い合わせが多い独自性のある原料は上に上がってこないけど、それなりに注目されているのだろう。
非常にありがたいことです。
感謝。

今年も一年、ランキング解説を続けていきたいと思います。
引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。
<(_ _)>
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。