幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

HMB

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年3月

恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 コラーゲン
2位 乳酸菌
3位 プラセンタ
4位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
5位 セラミド
6位 HMB
7位 プロテイン
8位 大豆イソフラボン ( イソフラボン 、エクオール )
9位 ヒアルロン酸
10位 酵素


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

プロテインを始めとして、今月もアンケートの影響があるようです。

HMBが残ったのは、市場を表しているんだと思います。
今、Amazonでは熾烈な販売競争が行われています。

一方、その他、シトルリン・マカ・葉酸(妊活)などの素材が熱いのですが、ランキングには反映されていないですね。

理由は、Amazon販売系の会社さんはOEM会社に丸投げしてしまうためでしょう。
基本、原料からは探さない。

ただし、HMBに関しては、国内製造の原料を探す会社さんも出てきているので、HMBのランキングは10位以内に留まったのかな?と考えています。

全体的な傾向として
中国色が薄れたかなぁと感じています。
結果、機能性表示食品の色だけが残って強まった。
EC法の影響でしょう。

ちなみに、中国向け商品は、健康食品より化粧品が活発で、OEM(商品輸出)から正規原料輸出へとシフトしています。

水面下では、某中国向け原料メーカーさんが30億円という売上の2~3倍の価格で買収された点など見ると、まぁ、まだまだ中国向けビジネスが好調であることを物語っています。
ただ、既得権益化し、見えにくくなっただけ。

また、面白いなぁと思ったのは、
25位のCBD(カンナビジオール)です。

まぁ、原料も流通し始めたようですし、販路によっては、面白いと思います。
ただし、いつでも撤退できる販路という条件があると思います。
何だかんだで、大麻の抽出物ですから、いつ食薬区分を変更されるかわかりません。効く成分ほど医薬品区分に変更されますから。

最近、NMNやCBDなど、食薬区分が際どい成分の案件が多いです。
市場も飽和しつつあるので、ハイリスクハイリターンの素材で一発逆転を狙っている会社さんも少なくないのでしょう。

海外の市場を見ていると、ナチュラル志向と機能性だけの添加物の二極化が進んでいます。
弊社の大豆由来フェリチン鉄:まめ鉄も、ナチュラルプロダクツエクスポ2019で紹介された情報発信を行ったのが影響しているのか、ナチュラル系の販売会社さんからの問い合わせが多いです。
弊社が相性の良いレモン果皮由来葉酸も取り扱っているからでしょう。

弊社原料のサブテーマは、ナチュラルファーマシューティカルですから、同時に両方のニーズを満たしていこうというものです。
現在、実は、かなり輸出に力を入れています。
社員も知らない機密性の高い案件が複数あります。
やっぱり、日本の場合、英語というツールがあるだけでチャンスは広がります。
今後の展開が楽しみです。

今年のダイエットサプリはAmazonなどモール系が熱い!

忙し過ぎて、久しぶりの投稿です。午後からようやくデスクワークができます。

今年のダイエットサプリ市場は、

AmazonやYahoo!ショッピングなどのモール系が熱そうです!

先日の記事の通り、商材は準定番商品です。

コスパの勝負のAmazonが勝っていく時代に

特に、HMBとシトルリン、マカが熱いですね。
なんとなく、ややスポーツ系なのかな?という感じがします。

AmazonとYahooの違いは、比較のされ方。

Amazonは似たような商品が比較されますが、Yahooは同商品間での比較が強く行われます。
その違いが適正商材の差になってきているのかな?と思っております。

まぁ、Amazonの方が配合も加味されるため複合処方が多く、量のクリエイティブだけでなく、軽く数のクリエイティブも求められます。
中心となる成分の配合量あたりのコストが重要になってきます。

一方、Yahooは、検索キーワードなる成分の単味の商品が多いです。そのため、DHCさんの商品がターゲット商品になりやすいです。
単味は、DHCさんと勝負するのはしんどい・・・。

そういった背景もあり、Amazonの方が物量も動きますが激戦です。

低粗利でもワンペイするビジネスモデルで展開されています。
広告費を定期で縛ったリピートで回収するような広告費先行投資型ではないです。手堅いと言えば、手堅い。

何れにしても、どちらも中心となる成分の原料コストが重要になってきます。
今後、価格競争がさらに激化するのが予測されるので、顧客のため、我々も原料仕入れ戦略を工夫していく必要があります。
また、価格だけでなく、賢いやり方として模倣されないような設計の工夫も必要になってくるでしょう。
ちなみに、HMBやシトルリンなどの中国製造 or 日本製造は、販売会社さんの販売戦略次第。

最後に、営業上の注意点。
比較的モラルがない会社さんが多いため、ためらいなく情報だけ持っていくので、開示する情報は最小限にしなければなりません。
秘密保持契約も、意味がないかな・・・。
そういった案件が来た時は、無駄働きしないよう注意していただければと思います。

原産国(最終加工国)表示と中国の技術力

もうそろそろ猶予期間の期限が来て、サプリメントのような加工食品にも原産国(最終加工国)表示が求められる。

サプリメントの場合、以下のような素材が問題となる。問題となる理由は、多くの商品で中国産・中国製造の表示が必要になるからです。

オルニチン塩酸塩
シトルリン
HMBカルシウム
カルニチン(フリー体や酒石酸)
αリポ酸
グルコサミン
緑茶エキス(カテキン)
大麦若葉末


多くが中国製造の食品添加物は、表示義務がないのだが、添加物以外の最も多く配合されている原材料には、表示が求められる。

まぁ、近年、国内で再精製を行った純国産品より安価な原料も流通しているので、そういった原料に置き換わでしょうか?
実際、弊社の顧客には、HMBやシトルリンで、日本製造と表示できる国内再精製原料も提案したりもしている。

こういった商品は、Amazonで熾烈な価格合戦(正確にはコスパ合戦)を行なっています。どのような影響があるでしょうか?
コストだけで、中国原料でも問題ないのだろうか?
それとも、国内製造原料を選ぶのだろうか?

実は、健康食品・サプリメントは、中国製造の原料なしには成り立ちにくい現状があります。
ビタミンCなんて、世界の9割以上のシェアを持ています。
アミノ酸も、半分以上だろう。
その他、クエン酸やステビアも同じような状況だろう。

スマホやパソコンなどの電子端末に限られず、機能性食品原料も、中国の技術力は、ものすごく高まっている!

例えば、弊社がジオパワー15の製造を委託している工場は、トン単位の充填剤が充填できる分離抽出用のカラムが100本以上完備している。
日本では、ありえない規模の設備であり、原料を供給している先も、一流企業ばかりだ。例えば、タミフルの中間原料も作っている。

今や、中国=粗悪品とは、必ずしも言えないのです。

日本もうかうかしていられない。

実際、NMNみたいな素材が簡単に製造されてもいるので、日本が勝てない部分も多々出てきている。
こういった状況を見ながら、製品開発や研究開発、特許戦略などを行っていかなければならないだろう。

実際、日本でしかない特許がないダイエット素材(日本では機能性表示食品)が、今、中国でプチブーム・・・。
次の段階では、特許がない米国などに進出するのだろう。

大事なのは、中国との付き合い方と国単位での特許防衛だと思う。
なかなか大変な時代である。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。