すでにHACCP義務化が決定され、さて、どうなるんだろう?という状況が健康食品業界でも続いています。
どこも、おそらく、業界団体である日本健康・栄養食品協会が基準を作って何とかしてくれるのでは?と楽観視している人も少なくないだろう。

もちろん、その対応はGMP工場に対してのみです。
焦って、GMPの申請を行っている工場も増えているだろう。

ただし、cGMPにあって健康食品GMPにない項目が追加されるだろう。
同一性試験など・・・。
そこが不透明な部分であり、一番の問題点。

あと、すべての業務がGMPなどで網羅できないので、網羅できていない部分などは、どうなるか?です。例えば、セットアップ工場の計量された原料の発送工程など。

そもそも、日本の健康食品業界の難しいところは、健康食品(サプリメント)と一般食品の線引きが曖昧なところです。米国では、サプリメントの位置付けが明確であり、一般食品と区分が分けられています。

そして、サプリメントの製造について、米国ではcGMPが義務付けられています。それに伴い、原料の製造も、GMPが必ず求められる。
日本では、サプリメント製造すら、GMPが必須になっていない。

失礼な言い方になってしまうかもしれないが、汚い菓子工場で作られていても、問題ない。

当然、いきなり高いレベルでの管理が求められると、対応しきれない会社も多く出てくるだろう。
原料メーカーが代表例。

ぶっちゃけ、原料メーカーの何割が満たせるのだろうか?

国内に原料のGPM工場がいくつあるだろうか?


原料の製造工場に限らず、当然、小分け作業を行う工場にも、HACCPが求められるだろう。輸入原料は、多くがHACCPに対応しているが、小分けされると、話は別である。

海外と異なり、原料にはGMPが求められず、原料の製造基準が適当だったがために、このような問題が起こります。

さて、どうなることやら・・・。

現段階で、確実に言えることは、

原料の受け入れ基準が上がる
大手受託加工工場は使用される原料が制限される

ISO22000を取得する会社も増えてくる
原料小分け専門の会社のニーズが高まる


などであろう。
まぁ、流石にリスキーで違法なオフィス小分けなどが無くなるだろう。業界にとって、良いこともあるだろう。

ぶっちゃけ、原料メーカーの淘汰が始まる可能性もある。

急な時代の変化とは怖いものです。
変化に取り残されないよう、日々努力していくしかないと思います。