幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

関節

冬発売の新商品開発へと動き始める市場

8月に入ると、徐々に冬発売の新商品開発へと動き始めます。
関節サプリや冷え対策サプリが増えてきます。主に、紙系の媒体で展開を考えている会社さんですね。Web系の展開は、もっとギリギリの段階であり、9月の後半あたりから始まります。

やっぱり、関節サプリの場合、グルコサミン&コンドロイチンの市場は成熟し切っているため、新たな市場創出には、プロテオグリカンなどが注目の的となるでしょう。
ライフサイクルも成長期後期に入りつつあるので、今年あたりが、慎重な各社大手さんも手の出し頃だと考えています。

原料メーカーが増えているので、今年は、激戦の予感がします。
先日、プロテオグリカンの定量分析の問題も紹介しましたが、その点も、原料選定の重要なポイントとなってくるでしょう。

ただし、このプロテオグリカンという素材は、1つ、難点がありあます。
素材として難し過ぎること。
作用メカニズムの免疫寛容というもの自体、非常に難しい。

プロテオグリカンはクリエイティブ表現が非常に難しい素材です。
インフォマーシャルの尺であれば伝えれるかもしれませんが、紙媒体で的確に伝えて行くことは難易度が非常に高いです。

現状、権威を利用したクリエイティブ中心で販売されていますが、本質は伝わっていないです・・・。本当に、レスが取れているのかなぁと思っています。
私は長万部で撮影を行ったりしていますが、やっぱり、鮭の水揚げや加工といった、消費者が好む「しずる感のあるクリエイティブ」の提供まで難しい現状があるんだろうなぁと感じています。
どれも、クリエイティブが冷たい(関節系商品クリエイティブにとっては致命的)。
通販としては、大きな欠点。

紙やWebでレスが取れんから、インフォマーシャルのステップまで進めないんだと考えています。
でも、インフォマのレベルまで行かないと、ぶっちゃけ、大手さんの通販としては、経営上、物足りないと思います。

冷え対策サプリに関しては、ずっと真新しい素材が不在の中、どのように攻めていくかが重要となってきます。
ヘスペリジンなど、機能性表示食品での展開も争点の1つ。
王道は、やっぱり、根の素材を利用した展開なんでしょう。
意外に、植物発酵エキスとも合わせやすい。

私は、オールシーズン活用できるようシトルリンなども活用するけど、なかなか攻略できない市場でもあります。
理由は、そうしても冬場しか売れんこと。
また、一般食品が強いこと。
発送の展開で、今までに存在しなかったような商品を創造していくことも大事かなぁと感じています。

いずれにしても、コツコツと良い商品を供給し、クリエイティブ面でもサポートできればと思っております。
がんばらなくちゃ!

リピートする関節サプリの主原料サブ原料の特徴

関節サプリって、効かないと、顧客は、グルグルショップを変えて、効く商品を探します。そりゃ、痛いから当然。
中には、効かないと思っていて、初回購入の特価商品のみ購入し続ける方もいらっしゃいます。

なので、きちんと体感がある商品は、キチンとリピートしますが、体感が遅かったりなかったりする商品は、リピートしません。
だから、私は、最初のひと月だけ倍量飲むようなアウトバウンドのコールオペレーションを推奨しています。特に、鮭鼻軟骨抽出物の場合。

私が投稿した鮭鼻軟骨抽出物(50mg/日、非変性Ⅱ型コラーゲンとして20mg、プロテオグリカンとして10mg)の論文でも、グルコサミン塩酸塩(1500mg/日)は、体感を得るのに多少の時間を要することがわかっています。
市場でも鮭鼻軟骨抽出物が顕著に伸びているのは、おそらく、グルコサミンより体感が早いためでしょう。治験データでは、1ヶ月くらいで有意差が認められています。体感度合いも、顕著。

また、体感を出すには、サブ原料(副材)の体感も重要。そこは、各社さんで好みがあると思いますが、私は、ボスウェリアを利用することが多いです。私の経験上、濃い原料を60mgほど配合するだけで体感が上がるようです。
その他に、西洋シロヤナギやキャッツクローなど、鎮痛系のハーブも相性良いと思います。

ちなみに、弊社のOEM顧客は、小ロットが多いのでハードカプセルの割合が必然的に高くなっていますが、競争の激しい市場の状況を考えると、3000個以上のロットで、小粒の錠剤にした方が原価率も低く抑えられ、勝率も上がると思います。
ハードカプセルでも、1日1粒もしくは2粒でPTP仕様にして、ボスウェリアをガッツリいれたりし、高単価高体感を徹底するのも一手。

こんな工夫を日々繰り返しています。
この市場は、競争が激しいですからね・・・。
これからも頑張らなきゃ。

関節サプリメントを科学する:作用メカニズム別解説

グルコサミン・コンドロイチンのような関節サプリメントは、弊社でも頻繁に作っています。
ある意味、関節ケアというのはシニアアンチエイジングの1カテゴリーですからね。
基本的に、関節サプリメント素材は、主に軟骨成分の補充、抗炎症、免疫寛容の3つに区分されます。そして、代表素材や概要メカニズムは、以下の通りです。

1.軟骨成分の補充
グルコサミン、コンドロイチン硫酸、MSM、ヒアルロン酸など

軟骨の原料を摂取して、削れてしまった軟骨を再生させることで関節の悩みを解決しようという素材です。。
私は単に軟骨成分を補うだけでは、ダメだと考えています。より有効性の高い素材を補うべきだと考えております。
例えば、グルコサミン塩酸塩では有効性データは乏しいですが、グルコサミン硫酸塩では有効性データは多く存在します。MSMやコンドロイチン硫酸も、それなりに効果が示されています。
これらの評価は、ナチュラルメディシンデータベースの有効性レベルを見ると、一目瞭然です。

私は、硫酸基もしくは硫黄と同時に摂取することが重要と考えます。
理由は、過去読んだ論文で、グルコサミン塩酸塩単体より、硫酸鉄を同時摂取した方がより良い効果が示されていたためです。やっぱり、硫酸(硫黄)が効くのだと痛感したことに由来します。

ちなみに、硫黄を含んだり、塩になっている素材は、美味しくないという問題点があります。なので、ゼリーやチュアブル錠などのように美味しさを求められる場合は、硫黄を持たないですが、アセチルグルコサミンを活用します。グルコサミン塩より美味しいですし、摂取目安量も少なくて済みます。

2.抗炎症
ボスウェリア、キャッツクロー、西洋シロヤナギ、クルクミン、山芋ジオスゲニンなど

関節の軟骨や滑膜などで起こっている炎症を抑えることで、関節の悩みを解決しようという素材です。
抗炎症の素材は、体感性を持たせるために利用されます。やはり、軟骨成分の補充の素材は、体感を得にくいです。結果が出るころには、商品利用が中止されていることも多いです。

この抗炎症素材も、いくつかのメカニズムに分けられます。
例えば、シクロオキシゲナーゼ1:COX-25-リポキシナーゼ:5-LOXを阻害することで抗炎症をもたらすものがあります。一般的に、5-リポキシナーゼ阻害による抗炎症の方が即効性があると言われています。なので、私は、比較的ボスウェリア(インド乳香)を頻繁に利用します。

その他にも、山芋ジオスゲニンのような、抗炎症作用を持つ副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の産生を促して抗炎症作用をもたらす変わった素材も存在します。副作用がない天然のステロイド抗炎症剤です♪

3.免疫寛容
非変性Ⅱ型コラーゲン、プロテオグリカンなど

近年、新たな素材として現れたものです。生のチカラとでも言えるでしょうか・・・。
腸で吸収されるのではなく、腸のM細胞からパイエル板に働きかけて、免疫寛容を起こさせて、免疫の暴走(免疫の関節への攻撃)を止めて関節の悩みを解決しようという素材です。

T細胞に働くことまでわかっていたのですが、ここ最近、プロテオグリカンでは、自己免疫疾患と関わりが深いTh17というヘルパーT細胞に働くことがわかり始めいています。Th17細胞の暴走を抑制したり、制御性T細胞(免疫暴走のブレーキ役)を活性化するようです。
極少量で効くのが特徴です。

体感のある関節サプリメントを作るには、これらの3つの作用メカニズムをバランス良く組み合わせることが重要です。
数年前までは、補充&抗炎症が人気でしたが・・・
私の最近のブームは、免疫寛容&抗炎症の組み合わせです。
1粒2粒で効果が期待できるので、利用する側も長続きしやすいようです。また、糖尿病の人が利用しやすいというメリットもあります。実際、体感も高いようなので、かなり力を入れています。
グルコサミン&コンドロイチンで挫折した消費者にセグメントした販売が適しています。

関節サプリは、これからも、ドンドンニーズは高まります。競争も、今以上に激化していきます。
その競争激化に負けず、良い商品をドンドン作っていきたいと思います!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。