健康食品サプリメント市場の理想像と未来像

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

女性の約8割は鉄欠乏女子=テケジョ(隠れ貧血/鉄欠乏)

面白い書籍紹介のニュースを見つけたので紹介です。
このニュースでは、書籍のポイントをわかりやすく説明しています。

女子のダルさやイライラ、不安の原因は「隠れ鉄欠乏」? 全世代必見の「テケジョ(鉄欠乏女子)」脱出法(Amazon)


こういった書籍が売れていということは、鉄欠乏で鬱(うつ)の心当たりがある女性が多いということなのだろう。

やっぱり、鉄欠乏は、現代社会の女性にとって避けれない問題だと思います。鉄欠乏と思っていなくても、隠れ鉄欠乏だったりする女性も多いはず。
特に、ダイエットで食事制限を行っている女性やベジタリアンの女性。

例えば、面白いデータがある。新潟県労働衛生医学協会のデータです。

血清フェリチン鉄検査の案内(外部サイト)

ここの協会の平成28年度血清フェリチン検査の調査結果では、30代・40代女性の半数以上(61.8%)は貧血であることがわかります。

隠れ貧血の人を加えると、30代・40代女性の約8割(77.6%)が鉄が足りていないことがわかります。

この隠れ貧血の状態まで知るためには、血中のフェリチン量を測らないといけません。
フェリチンとは、フェリチン鉄とも呼ばれる体の貯蔵鉄です。
この貯蔵鉄は、男性より女性の方が少ないです。女性に貧血が多い理由です。

womenferitin

女性を元気にするのは、鉄の摂取は不可欠!

一方、以前にも紹介しましたが、鉄はフリーラジカルでもあり、副作用があります。
女性が鉄剤の摂取を嫌う理由でもあります。
大事なのは体に優しいこと!
吸収が良くフリーラジカルの害が鉄塩より少ないヘム鉄が選ばれることも多いですが、豚などの血液から抽出されていることなどから嫌う方もいるのが実際です。

まぁ、大豆由来フェリチン鉄のコストがヘム鉄を下回ってくると、すべての問題が解決されるんだと思います。
そこまでコストが下がるよう、流通量を増やす努力をしなければなぁ!と思う次第です。続きを読む

鉄の過剰摂取問題と新型鉄不足

昨年末、問題になった陸上競技界の鉄剤注射の問題。

鉄剤注射に関する今後の対策について(日本陸上競技連盟)

最近では、こんな記事も出ました。

鉄剤注射が陸上女子をつぶす…4割が不必要に注射の実態も(AERA dot.)
内服より注射が危ないこともわかりやすく解説されています。

そもそもなぜダメなのか?

やっぱり、鉄イオンは、フリーラジカルであるためである。
過剰症も起こりやすい。

鉄は、適度に摂取しなければならないが、過剰に摂取すると注意が必要です。

鉄の害というものが存在する。そのため、日本陸上競技連盟も、このような告知を始めました。

過剰な鉄分は身体に害です! (日本陸上競技連盟)

詳しく説明されていないが、鉄のフリーラジカルが人体に及ぼす害の研究が多くなされています。肝炎、動脈硬化性疾患、ガンなど、様々な可能性が示されています。

参考:鉄代謝の生体に及ぼす影響鉄と発癌

どうも、鉄のフリーラジカルは、消去する系が存在しないことが問題のようです。

最もよく知られている鉄剤の副作用は、胃もたれ、下痢や便秘です。
便が黒くなる。
特に、硫酸鉄、クエン酸鉄、プロリン酸鉄は、すでに胃で鉄イオンになるので、副作用を示しやすい。
女性が鉄剤を嫌う理由の1つでもある。

一方、過剰も良くないが、不足も良くない!

近年では、新型鉄不足として、テレビ番組でも紹介されている。
実際、平成29年の摂取状況の結果では、男性は足りているが、女性は足りていないことがデータで示されている。

あなたも!新型鉄不足,肌荒れ不眠,うつ状態の紹介(外部サイト)
ためしてガッテン(NHK) 2014年4月9日(水)

ためしてガッテン出演 「鉄不足をより理解してもらうために」


成人女性(月経あり)の鉄の推奨量は10.5mgであり、調査結果での鉄の摂取量は7.2mgであり、平均すると3.3mg足りていない。
妊婦(中期・後期)なんて、13.8~14.3mgも足りていない。そのため、約8割の妊婦が鉄が不足していると感じているようです。

実際の医療現場では、診療時、患者さんの「爪の色(ピンク色でなく白っぽい)」や「眼瞼結膜が白い(あかんべーをした時の目の下の色が白い)」ことから判断しているようです。

そして、より正確に判断するためには、近年、血中のフェリチン量(貯蔵鉄の量)を測定しているようです。
血中の鉄の量で問題がなくても、フェリチンが少ないと新型鉄不足と判断されます。

一方、鉄の難しいところは、素材によって鉄の吸収が異なること。
ヘム鉄は吸収が良く、非ヘム鉄は吸収が悪い、ということは良く知られる。
まぁ、非ヘム鉄の中でも、フェリチン鉄だけは、吸収が良いのだが。

詳しくは:第三の栄養鉄形態:フェリチン鉄とは?

鉄を摂取する場合、吸収率が高い鉄を摂取した方がフリーラジカルの害も少ないだろう。

鉄は素材選びが重要!

ちなみに、鉄のサプリって、市場が大きいんだなぁと思うことがある。
プラセンタサプリ同様、大豆由来フェリチン鉄のサンプルは、女性が欲しがるし、サンプルをあげると喜ばれる。
E7A9DAF6-3399-4AB9-8C6A-C05BA4609D38
今後は、このサンプル配布と共に、便秘や体調変化等のアンケートを取っていければと思っています。

葉酸サプリの問題と医薬品等適正広告基準

最近、医師を用いた葉酸サプリの広告が目につくようになった。広告規制が緩い・・・。これは、医薬品等適正広告基準(厚生労働省)の観点上、問題となる。違反である。

DA64728F-7151-48CB-8621-0D2D3D0F0B20
メルミー葉酸サプリ
Yahoo! 上のアドワーズ広告(2019年1月21日掲載)

医薬品等適正広告基準(Wikipedia)とは、日本の薬機法に基づいて、医薬品などの広告が虚偽・誇大にならないよう適正を図るために厚生省薬務局長(現厚生労働省医薬食品局)長から各都道府県知事に宛てた通知の形式により発出された基準です。
※Wikipediaの方では、概要が上手くまとめられています。

その基準には「医薬関係者、理容師、美容師、病院、診療所その他医薬品等の効能効果等に関し、世人の認識に相当の影響を与える公務所、学校又は団体が指定し、公認し、推せんし、指導し、又は選用している等の広告は行わないものとする。」という記載がある。

したがって、こういった医師を前面に出した広告は違反となる。
そのため、医師は、インフォマーシャルでも、医師の肩書で白衣を着て成分などの解説ができない。
おそらく、対象の法規は、薬機法だろう。
もしかすると、優良誤認という景品表示法の対象にもなるかもしれない。
今後(6月の改正後)、薬機法でも課徴金が課されるので、ダブルで課徴金が課される可能性もある。

私は、クリニック向けのサプリを多く作る関係上、どうしても、この基準を加味してパッケージ作成を行わなければならず、毎回、苦労する。
院長先生が販売者となる場合、販売者でのクリニック屋号の(必要最低限の)記載は認められているが、強調表記は行ってはいけないと指導を受けている。
例えば、クリニックに直結するURLも記載してはいけない。

さて、話は、この商品の話に戻し・・・。
この商品には、葉酸サプリにみられる大きな問題が見られる。

32C44C8E-119E-43D7-9F0A-A752ADDA7A16D3D8634D-CD29-4A3B-9ADF-F781D2AC4CCB


妊婦期の葉酸の付加量は400µgではない!

詳しくは:多くの女性が勘違いしている葉酸の摂取量

医師や管理栄養士が監修していて、どうしてこんなことが起こるのだろうか?

儲け主義で商品設計を行うと、必然的に起こる事象なのだろう。
監修する側も、しっかりと見定めてもらいたいものです。監修者の評価も落ちるだろう。特に、行政指導で晒された時。

また、ヘム鉄由来とピロリン酸鉄の割合は定かではないが、鉄によるフリーラジカルの害(胃もたれや便秘)が生じてしまう可能性があるだろう。
フリーラジカルを発生しない鉄はフェリチン鉄だけであり、ピロリン酸鉄やクエン酸鉄ほどではないがヘム鉄もフリーラジカルを発生します。フリーラジカルを発生する鉄剤を毒と考える医師も存在するくらいだ。
妊婦は便秘薬を利用しにくいので、特に、鉄選びは慎重になってもらいたい。

鉄の摂取って難しく、鉄の素材によって吸収率も異なるので、量だけで判断してはいけない。
吸収の良い鉄素材で鉄を摂取するのであれば、15mgも摂取する必要はないと思う。

このサプリは、某葉酸サプリを模倣しただけのサプリだ。売り方が違うだけ。
販売者は、この手の妊活や妊婦を対象としたサプリを作るのであれば、トコトン勉強して、商品を作るべきだと思う。

何れにしても、消費者は賢く商品を選ばなければならない!

是非、こういった記事を参考にしていただければと思っております。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
ギャラリー
  • 赤ちゃん肌のプロテオグリカンはリッチで大きい!
  • PayPayでドラッグストアはしご
  • PayPayでドラッグストアはしご
  • 動画インターネット社会の競技空手教育論
  • 原料受託バンクで数・質・量のクリエイティブの資料を公開
  • 蹴り技の位置付け