幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

成功

商品が売れるための原料開発と情報収集

タイトルは、原料が売れるために非常に重要なポイントである。今回は、我ながら上手く書けた記事だと思う(笑)

原料が売れる先には、商品が売れるというミッションが必ず存在する!
そのミッションを意識せずに原料販売を行っても、成功はない!


オンリーワンではない添加物系の原料は、商品が売れることを求めると、どうしてもコスト合戦に行き着いてしまう。
だから、私は、力を注ぐことはない。

一方、エキス系の原料は、粗原料、製造方法、研究開発やクリエイティブ開発で様々な展開ができる。
オンリーワンの要素をどれだけ作れるか?がポイントです。

実際問題、商品の売り方が見えないと、原料の正しい売り方も理解できないだろう。
それは、お客と向き合っていないからだ。

原料の営業マンは、採用した際のメリットを顧客にイメージさせなければならない!

たまに、原料を使用することで得られるメリットを紹介せず形式的にプレゼンし、その後、単に買ってほしいしか言わない営業マンもいるが、そんな営業マンには二度と会うことはないだろう。どんなに良い原料でも、買いたくなくなる。

優れた原料の営業マンは、お客と向き合い、ニーズ情報を引き出しつつ、必ず顧客を通して売り方や魅せ方を学んでいる。その学びが営業マンの成約率の高いセールストークを生んでいく。
単に顧客のニーズを拾うだけでは不十分なのだと思う。得た情報を活かせて初めて、情報に価値が出ます。

極論、通販を勉強したければ、広告代理店さんやコンサルさんに学びにいけば良い。
某大手受託加工会社のクレイジー級のトップ営業マンは、九州電通に出入りしていた。まぁ、双方にメリットがあったのだろう。

そして、さらにその先がある。
顧客から得た情報やニーズを的確に原料開発へ反映させることができる会社ほど強い!

原料開発のデータ取りを取っても、いろいろなものがある。
有効性・安全性のデータ、差別化のデータ、クリエイティブ用のデータなど。
すべてのデータを取れれば良いのだが、開発予算などを考えると、優先順位の高いデータから取っていく必要がある。
また、データを取るために、どんな試験や検査を行えばよいのかが理解できないといけない。さらに、どんな方法で、どれくらいのコストがかかるかまで理解できるのが好ましい。

この健康食品・サプリメント業界、理系の技術営業マンや売り方(広告)がわかる営業マンが活躍しやすい理由は、ここにあるのだろう。
私の場合、通販事業に携わったり、広告代理店に所属できたのは、非常に幸運なことだったと思う。感謝だ。博士という人間、普通では、ありえない。

まぁ、経験がなくても、経験はできる。予算を決めてテスト的にでも自社商品を作って売ってみれば良い。今の時代、通販なんて、誰にだってトライできます。
それが学べるものが一番多いだろう。
ただし、苦労しなければ学べない。苦労すればするほど学ぶものも多いだろう。

今でも、私がやってきていることでもあります。
いろいろなものが見えてきます。

予算は、少額でも良いと思います。
広告代理店からの営業をかわすのが大変だと思うが、通販のセミナーにたくさん出席してみるの一手だ。
まずは、トライしてみるべきだと思う。

一方、部下にさせるだけでは、あまり意味がない。自分で通販なんてやったことないのに、担当者に丸投げで成果だけを望む経営者がよくいる。自分で苦労しようとしないケース。それは、最悪なケースだと思う。

OEM会社の成功条件:リピート率の高い商品の供給

この度は、先日、コンサル先の会議で導かれた「OEM会社の成功条件」について紹介したいと思います。

このコンサル先は、健康食品と化粧品と分野は異なれど、弊社と同じくOEM会社です。
そして、このご時世、毎年売上を伸ばしています。

会議では、まずどんな案件案件が成功しているか?という問いから始まりました。
そして、行き着いた結論。

自社原料をメイン原料に用いたOEM案件

そういった商品を採用した顧客の多くは、何度もリピート発注していた。
結果、OEM事業の成功をもたらす。

あぁ・・・と、思った。
うちもそうだからです。

このコンサル先と弊社の共通点、それは、自社原料を持っていること!

まぁ、私は、弊社と同じような原料会社&OEM会社;同業のコンサルを行っている訳だ・・・。
規模は、コンサル先の方が多きいが。
ふっふっ、普通ではありえないことやっている(笑)
普通なら、成り立たんが、成り立たせている。

強固な信頼関係があるから、できることでもある。

弊社も、顧客分析を行っていると、弊社の顧客で成功しかつリピート発注を行ってくれる顧客の商品特徴は、弊社の自社原料を用いた商品を採用している会社さんである。
かつ、加工費より原料コストの方が大きい、すなわち弊社原料が高配合された体感型の商品ほど売れている。

原料会社にしかできないOEMな訳だ。必然的に、体感型になりやすい。

特に、私が担当してる顧客は、8割以上、自社原料もしくは弊社が特価で仕入れている原料を用いて商品化が行われている。結果、リピート発注も起こりやすい。
そりゃぁ、当然、顧客にメリットが大きいからである。
顧客の成功を考えると、必然的にそうなる。

OEM事業は、顧客の成功がないと、自分達の成功にも至らない事業である。

まさに自社原料を用いたOEMが顧客を成功に導くポイントなのだと思います。

実際、本業界トップの受託加工会社のアピさんも、ローヤルゼリーなどの原料を持っている。三生医薬さんも、クリルオイルやホヤ由来プラズマローゲンなどの原料を自社原料化している。
住岡食品さんやシェフコさんは、青汁原料を持っている。
東洋新薬さんは、言うまでもない。

単なる下請けにならない強みを持っている訳だ!
OEM事業で成功していくためには・・・。

弊社の9期が始まったわけだが、
まぁ、弊社も、その点をもっとしっかり意識してOEM事業の運営を行っていくべきなのだろう。

私は、顧客やコンサル先から学ばせてもらえることが多い。
ほんと、感謝だ。

経営で一番重要な力:先読み力

独立して、成功する人、失敗する人、いろいろな人がいます。中には、取引先に上手く利用されてしまい、ギリギリの経営を強いられている人もいます。サラリーマンやっていた方が、よっぽど収入があったのでは?という方もいらっしゃいます。

独立して成功する人と失敗する人の差ってなんだろう?と考えちゃいます。

一歩間違えば、奈落の底へと落ちてしまう時代です。私も他人事ではありません。

今のところ、私の答えは、

先読み力

なのかなぁ?って感じです。ここ数年で得た結果です。

まぁ、独立の際、どういった形でも事業計画というものを立てると思います。その計画と現実が近い人ほど、上手く行っているのでは?と思っています。

失敗する人の多くは、見込みが甘いです。

また、他力本願のケースも多く、上手く行かない場合、自分の責任は問わない。
自分でも見込みが甘いことを理解しているのか、覚悟を決めて、勝負することもない。
最悪のケースとして、社員におんぶにだっこのケースも。

厳しく言えば、見込み通りに進まなければ、その分、死ぬ気で頑張って帳尻を合わせるくらいの心構えや気合がないと、社員なんて持っちゃあかんと思います。

そもそも、事業計画は、過去の成功例から組み立ててはならず、時代の変化を加味して計画を立てなければならないです。

過去の成功例に基づくと必ず下振れする!

それは間違えない!時代は変化するものだから。時代の変化を読み切れないのが悪い。

競合は必ず増えてくるので、その中で如何に選んでも売らうかを考えていかなければいけないと思います。かつ、市場が成熟・飽和していればしているほど、選んでもらうための投資が不可欠です。

某社長さんから、独立するなら、絶対に○○○○万円以上のお金を持っていなければならない!と言われたことがありますが。その通りだと思います。
そして、その初期資金は、選んでもらえるための投資に利用しなければならいんだと思います。
そうしなければ、上手く利用されるだけで、賃商売になってしまいがちです。いつまで経っても儲からない。

そして、成功している人は、必ず先読みが当たっています。失敗する人のように時代に取り残されるのではなく、むしろ、先手を打って、業界をリードしていく。打たれた先手が的確に働き、会社は成長していきます。
運もあるだろうが、先が読めているんだと思う。
まぁ、でも、私は運が大きいなぁ。ラッキーな人間。

先読みが悪く、会社の方向性が間違っていれば、泥船と化し、会社も沈んでいくんだと思います。
経営は、舵取りだと言われるが所以だと思います。

なので、先読み力が大事だと思います。
この先読みは、ずっと続けていかなければならない。そして、先読み力をコツコツと付けていかなければならない。経営者や経営幹部とオペレーターと平社員の違いは、ここにあると思います。

会社に貢献しようと、先読みして提案し、結果を出していける人が出世できる人だとも思えます。
まぁ、提案は、当たりハズレもあるので、常に提案し続ける姿勢を持っている人の方が出世しやすいんだろう。

前職で大手企業に勤めていた方は、意外にそういった経験をしてきている期間も短い人も多いので、独立すると失敗するケースが多いんだと思います。まぁ、会社の看板だけでなく、個の力も問われますしね・・・。

時代の変化が早く、5年10年後の先を読みにくい時代。1年2年の先を読んでいくので必死ですが、もっと先を読んで、舵取りしていければと思います。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。