予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

学術

Googleの急なアルゴリズム変化で沈んでしまう世界

今日は、インターネット集客の話、主に、SEOの話。

今月に入り、Googleのアルゴリズムの変化で、急に集客がダメになったという話を聞きます。
特に、アフィリエイターは食って行けないという状況になってきているようです。
うちも、4月の変更で、えらい目にあった。ほんと、OEMの問い合わせがパタリと止まった。

ほんと、怖い世界です。
Web集客頼るリスクというものなんでしょう。

一方、うちの会社は、9月以降、反対に回復した。
おそらく、今のGoogleのアルゴリズムに合っているのだろう。

まず、ペナルティーリンクになりそうなものは、すべて外しました。

また、閲覧者の滞在時間が長くなるよう、導線を強化しました。

あと、Pingの送信先を変更したくらいかなぁ。

まぁ、導線を変えたのが原因か、Webからでなく電話からの問い合わせが増えました。
もしかすると、導線の最後まで行かずに電話してきているのかも。

そして、いま試みているのは、原料情報の学術情報の強化です。
何だかんだ言って弊社は健康・医療系サイトです。何となく、この学術情報が効いているような感じがします。

加えて、その学術情報を切っ掛けに、サイト滞在時間を長くして、かつ集客につなげていくかの導線を強化していかなければならないと考えています。

まぁ、いろいろやってみないと始まらんでしょう。
頑張って、試行錯誤してみたいと思います!!

ちなみに、原料の問い合わせは、

健康食品事業における先行投資系部署の必要性

昨日も申しましたが、健康食品事業では、年々、品質管理やデータ取りに対する投資が不可欠になり始めています。
その他に投資は、製品開発、学術研究や特許申請、機能性表示食品申請対応など多岐にわたります。当然、それらを行う部署が必要になってきます。

例えば、その代表が研究開発部です。
会社にもよりますが、新製品の開発だけでなく、ヒト臨床試験の実施・論文化や特許申請まで行っているケースも多々あります。
ちなみに、企業規模が大きくなると、特許部というものまで持っているケースが多いです。

そして、学術部という部署もある。
製薬会社さんには、必ずと言ってよいほど存在する部署です。
論文を収集してテクニカル面で営業のサポートを行ったり、営業と研究開発の仲介役を担うこともある。情報を蓄積・整理する意味では、意外に大事な部署でもあります。

一方、これらの部署の活動は、直接的に売上や利益を生み出す訳ではないです。
すべて間接的な貢献であり、先行投資的です。だから、重要視されないケースも多々あります。

品質管理部もそうですが、間接的に貢献する部署は、非常に重要なのです。

原料メーカーにとって、どれもが不可欠な業務
です。原料に投資していないメーカーは、淘汰されるだけですから・・・。
近年は、工場や設備の有無に加えて、そういった部署の存在で、会社を判断する会社もあります。

実際、弊社のウィークポイントであり、私が兼任し過ぎているのは、必ずしも良いことではないのです。突然、私が事故にでもあって、それらの機能が停止してしまうというリスクが生じてしまいます。某問屋さんから指摘されたこともあります。

あと、広報部というのも、それに近い重要な役割を担っていたりします。顧客が集まらなきゃ、どんなに営業や製品が優れていても、売上につながりませんからね。

こういった部署は、OEM会社にとっても、重要度が増しています。
理由は、機能性表示食品の制度も影響していますが、原料を取り扱うOEM会社も非常に増えているからでもあります。
単なる下請けでは、価格競争に巻き込まれて終わりです。儲かりません。
企業の収益性という意味では、OEM会社は、価格競争を引き起こさないような武器が必要になってくるのです。
それが、加工技術に限らず、自社の原料の開発、データ取り、特許申請などなのです。

市場が成熟すると、こういった変化も生じるものです。
企業運営も、的確に変化していく必要があるのです。


ただし、こういった部署の設立・投資は、非常に難しい部分もあります。最悪、人材を遊ばせちゃいます。成果の評価も難しい。
そこは、中小企業の弱いところでもあると思います。

一方、健康食品業界のレベルアップのためにも、こういった投資は不可欠です。予防医療や代替医療の一端を担っていくのであれば、避けては通れないでしょう。

ちなみに、健康食品業界の場合、営業でも一番強いのは、学術ができる営業です。さらに、販売上のクリエイティブまで企画提案できると、さらに強くなります。
私の場合、ヒト臨床試験の論文の著者でもあるので、非常に得している部分も多いです。
実は、学術営業を育てるというのも、一手なのです。

製造側からの顧客育成とパートナーシップ

ここ最近、大事だと思うこと。それがタイトルの内容。

今後、製造側のサポートとして、顧客の育成とパートナーシップは非常に重要だと思います。

自分(自社)の成長より、どうしてもコンサルなどに丸投げしたがる顧客が多い。
まぁ、楽でしょうから。

でも、それは絶対にダメ!なのだ。
努力による成長なくして、成功はありえまえません!
誰でも簡単に手に入るノウハウは、すぐに陳腐化してしまうものです。

顧客育成が自然に行えるようなサポートモデルが理想なんだろう。

最終的に、製造側の会社が顧客をサポートしようとすると、如何に良いパートナーシップが築けるかがポイントとなってくる。
販売者も、気持ち良く納得した上で製造側の会社さんに協力してもらえるパートナーシップを築くことが非常に重要。
これは、勝ち組の多くの方々が上手いところ。

コンサル料は不要であり、成果報酬が理想。
一方、パートナーシップが理解できない顧客もいるので、タダ働きさせられたり、ノウハウ流出にも繋がるため、何らかの成果保証も必要になるだろう。

サポートと言っても、いろいろなサポートがある。
基本、顧客ができないこと全部がサポート対象である。
(初めての顧客にとって、受託製造のサービスが最大のサポート項目だ。)
マニュアル化・スキーム化できるものもあれば、特許(明日、ポイントを紹介)のように、難易度の高いものもある。特許に限らず、学術サポートやヒト臨床試験などは、どうしても人を選んでしまう。
その高難易度のノウハウを上手く提供することが双方の成功につながるのだろう。

まぁ、私が通常業務を辞め、高難易度の仕事に特化し、自社以外にも顧客のサポートまで行える体制が理想なんだろう。
さらに、大学の客員教授あたりを兼任しながらできるのが理想であり、途方もないビジョンである。
いずれにしても、もう少し先の話だろう。

常に、こういったことを考える日々です。
こういったことを考えなくなると、会社は衰退するのだろう。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。