幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

妊婦

ブログタイトルの変更2019

いろいろ思うことあって、実は、昨晩、ブログタイトルを変更した。

幸せ笑顔にしたいのは、ミドル層以上だけではない。
若い人もサポートして、将来の幸せ笑顔を作っていきたい。
例えば、妊婦さんや女性アスリート。

そんな思いを込めました。

何だかんだで、弊社の原料は、アンチエイジングがテーマ。
フェリチン鉄に関しても、老化を促進するフリーラジカルを発生しないことがポイント。フリーラジカルの害がなくなり、不足しがちな鉄を不足しないようにすれば、アンチエイジングにつながります。

第三の栄養鉄形態:フェリチン鉄とは?

年末、女性アスリートに関する鉄補給の記事を書かせていただきました。弊社が取り扱う大豆由来フェリチン鉄に対して、地味に反響がありました。

当然、女性アスリートに限らず、女性は、フリーラジカルを発生しないフェリチン鉄を摂取することが好ましいです。
特に、妊婦のように、鉄を由来とするフリーラジカルによる便秘が命取りになりかねない女性などには。

そして、同時に、いろいろな質問を受けました。最も多かったのは、以下の質問。

大豆由来のフェリチン鉄って、非ヘム鉄ですか?

答えは、ヘム鉄ではないので、非ヘム鉄です。

一方、非ヘム鉄でも、フェリチン鉄は特別な生体鉄(貯蔵鉄)であり、ヘム鉄と同程度(平均30%:エリザベス・タイル教授らの研究チーム、2006年)の吸収率を示します。

Lönnerdal B, Bryant A, Liu X, Theil EC. Iron absorption from soybean ferritin in nonanemic women. Am J Clin Nutr. 2006;83(1):103-7.

ちなみに、ヘム鉄とは、ポルフィリン環により形成された鉄です。鉄がポルフィリン環の中に存在し、分子量は約7000~10000とされています。一方、フェリチン鉄は、Fe2O3H2Oがタンパクに覆われた鉄であり、分子量も20万以上と非常に大きいです。

  vs hem

フェリチン鉄は、フリーラジカルを発生しないだけでなく、吸収も悪くないのです。
そのため、京都大学 増田太郎先生は、「化学と生物」2018年8月号でフェリチン鉄を第三の栄養鉄形態と紹介されています。

ちなみに、フェリチン鉄は、エンドサイトーシスという吸収機構で体内に取り込まれるため、フリーラジカルを発生しません。一方、ヘム鉄は、腸管でイオン化する際、フリーラジカルを生じるようです。
ただし、無機鉄のように溶けた段階でフリーラジカルを生じる訳ではないので、フリーラジカルによる体への影響は無機鉄ほど大きくないと考えられます。

大豆由来のフェリチン鉄は、有効的に、より快適に、より安全に、鉄を摂取できる画期的な鉄素材です。

この鉄素材により、酸化ストレスの多いアスリートも安心して鉄を摂取できるようになったり、今まで鉄剤のフリーラジカルによる副作用が強く出てしまう人も利用できるようにもなるでしょう。
もちろん、子供も、シニア世代も、安心して利用可能です。

今現在の私の大きな夢の1つは、

このフェリチン鉄を多くの人に活用してもらうこと!
そして、多くの人に喜んでもらえること!


です。そのためには、流通量を増やすことで原料のコストダウンを行い、より使いやすい原料へと育てていく必要があります。
最優先させなければならない私のミッションです。

その夢のため、今年は、全力を尽くす!と決心しております。
決めたら、後は、実行あるのみです!!

多くの女性が勘違いしている葉酸の摂取量

多くの女性は、妊娠中、間違った量の葉酸を摂取しています!
私がインタビューした中では、百発百中でした。
医療関係者でさえ勘違いしていることがほとんどです。極稀なケースですが、女医監修のサイトで、間違って紹介されているケースも存在します。まぁ、栄養学を知らない女医さんなんだなぁと思いつつ、困っちゃうなぁと思っています。

まず、妊活中の女性(妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性のある女性)は、妊娠が発覚したら葉酸摂取量を減らさなければならないことをご存知でしょうか?

妊活中の女性は、一般女性の推奨量の240µg(240µgDFE)に加えて400µg(800µgDFE)の葉酸を摂取することが推奨されています。加えて摂取する量のことを付加量と言います。
そして、妊婦は、付加量を240µg(240µgDFE;合成の葉酸で120µg)まで減らす必要があるのです。
※DFE:食事性葉酸塩当量 食事で葉酸を補う場合を想定した摂取量

多くの女性は、”妊婦"が"400µg”の葉酸を摂取しなければならないと勘違いしているのです。
それは間違いです。
そして、合成の葉酸で400µg(800µgDFE)もの量を補っています。
正しくは、妊活中の女性が+400µgの葉酸を、妊婦が+240µgの葉酸を摂取しなければならないのです。

生物利用能を加味すると、560µgDFEもの葉酸を過剰に摂取しているのです。
妊娠後期の葉酸の過剰摂取(1000µg以上)は、小児喘息の発症リスクを高めるという報告※も行われているので、注意が必要です! よくあるケースとして、葉酸サプリと一緒にマルチビタミンを一緒に摂取していたら、多くのマルチビタミンには200µg(400µgDFE)の葉酸が含まれていますので、結構な量の葉酸が取れちゃうのです。

※Whitrow MJ, Moore VM, Rumbold AR, Davies MJ. Effect of supplemental folic acid in pregnancy on childhood asthma: a prospective birth cohort study. Am J Epidemiol. 2009 Dec 15;170(12):1486-93.

葉酸は水溶性ビタミンだから摂り過ぎの心配はないというコメントをしているとんでもないサイトも存在しますが、それは別の機会に紹介します。

さて、こういった問題が起こるのは、なぜか?

ネット上に誤った説明をしているコンテンツが多いため

加えて日本人が栄養学に対してあまりにも知識がなさ過ぎるため

非常に困ったことです。
有知識者がきちんとチェックして、コンテンツを作ってもらいたいです。

実際、コンテンツをライティングしている方の多くは、アルバイトなどの素人の方なので、どうしても間違えが起こってきます。そして、誤った記事を見て、コピペ記事を作るライターさんが、さらに誤った記事を拡散します。
非常に困った状況です。
厚生労働省は、きちんと正しい摂取量を公開しているのに・・・。

先述の女医さん監修のケースなどは、ちょっと恥ずかしいケースなのですが、影響力があるので、ほんと、修正してもらいたいです。

酷い例では、母子手帳の記述の写真を組み合わせて、妊婦は400µgの葉酸を摂取する必要があると誤った説明をしています。
母子手帳には、目的(効果)までは明記されていても、摂取量まで明記されていません。妊婦の摂取量400µgとは、どこにも書かれていません。
IMG_0097
 写真は、2006年のもの。
ちなみに、中には「食事や栄養補助食品などで」と書かれているものもあるようです。

まぁ、いずれにしても、こういった根拠のないコンテンツは、Googleで上位検索されなくなってきます。
今後のコンテンツ型マーケティングは、エビデンスが命ですから。
消費者も、自己防衛として、真偽を見抜けるようしっかり勉強した方が良いです。

本ブログの記事は、基本、こっそり見られることを望んでいるのですが、この記事に関しては、シェア・拡散していただけると助かるなぁとも感じています。
やっぱり、正しい大事な情報は、多くの方に伝えられるべきだと思います。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。