健康食品サプリメント市場の理想像・未来像 by 博士マーケッター

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

受託製造加工

通販の消費マインドの変化による通販市場の変化

先日、原料受託バンクにおいて、新たに「A2Proの通販サポート」という資料を公開しました。
とても好評で、順調にアクセスを伸ばしています。

アンチエイジング・プロ 原料受託バンク 外部サイト
成功するOEMより

もう1000アクセスを超えました。

そこでは、モール系通販について概要を紹介したり、Amazonのフルフィルメントサービスについても紹介されています。

近年、特にAmazonを始めとした、モール系通販が非常に伸びています。
Yahoo!ショッピングや楽天のことです。
そういった関係もあり、弊社への問い合わせもAmazon案件が多いです。まぁ、Amazonで勝っている商品の原価率が非常に高いことを知らないで問い合わせされることも多く、諦める会社さんも多いですが・・・。最初から見込みが甘いってやつです。

実際、私がいろいろなところで聞き取り調査を行っても、

モール系通販で買えるなら優先して購入する

という回答が得られました。
人によっては、モール系通販で変えなきゃ買わないという人も。

最大の理由は、利便性と個人情報の取り扱われ方だろう。

モール系のサイトは、一度登録しておけば、どこのショップでも、どの商品でも、次の購入は数クリックのみで買えちゃいます。
アウトバウンドやステップメールで追って来られる心配もないですから。

実際問題、今や50代60代もインターネットで商品を購入する時代になっています。
それも、上記が理由。

自分も、独自ドメインのサイトで商品購入することが皆無になってきているから、よく理解できる。
私は、Tポイントの関係上、Yahoo!ショッピングを優先して選択しています。

私同様、貯めているポイントの種類で、利用するモールにも好みが出るようです。電子マネーと同じです。

実際、モール系通販が行っている過度なポイント戦争も影響し、年々、モール系通販が力を付けています。
まぁ、そういった意味では、Amazonはポイント戦争に参加していないので、純粋な価格やコスパだけで勝負している感が強くなります。

こういった背景もあり、年々、独自ドメインでの販売は落ちている年々、独自ドメインでの販売は落ちている年々、独自ドメインでの販売は落ちているでしょう。
まぁ、アフィリエイトもダメになり、全体的に広告費用対効果も悪くなってきているからもあるだろう。ビジネスモデルがあっという間に成熟してしまい、すぐに儲からなくなってしまう。

ちなみに、近年の傾向として、消費者は、独自ドメインのLPに誘導されても、Amazonや楽天などモール系で購入できないかを確認してから発注するので、モールでも出店しているとモールへと流れてしまうだろう。
初回の安さだけでなく、定期縛りのリスクも加味しながら。

消費者も学んでいる。

実際問題、Amazonで最も売れている原液化粧品がフラコラさんの商品であることが物語っているだろう。インフォマで見て、Amazonで購入している顧客が多いのだろう。

そして、対応が的確なかつ迅速なのは、DHCやわかさ生活。モール系にも店舗を出しています。

こうなってくると、全体的なアフィリエイト広告の成約率も下がってくるだろうから、アフィリエイト広告の成果報酬にも影響出てくるだろう。
実は、こういったモール系の台頭は、アフィリエイト広告に対して、ボディーブローのような打撃を与えているだろう。

ぶっちゃけ、独自ドメイン系の通販の終焉も近いのかもしれない。

バーニーズニューヨークの破綻が良い例だ。半分モール系通販に潰されたようなものだ。



大きなモールだけが勝つ・・・

こういったIT系企業は、周りを根こそぎ倒産させて自分のところだけ生き残るという要素が強い。
一昔前の大型ショッピングモールが商店街を潰しまくったのと同じである。

それはそれで、非常に困る・・・。

楽天やYahooなら良いが、Amazonのように税金を払っていないような企業でしか勝てないのは、大きな問題が潜んでいる。



日本の国益が損なわれると思う。
絶対に何らかの課税システムを構築いなければならないと思う。

実際問題、そうなってきてしまっているのだが・・・。
近年、不動産などで儲けたお金が独自ドメイン系通販事業に投入されたが、ほんの一握りの会社しか勝っていない。

そう簡単には儲からない。

他力本願で安易に参入しても、絶対に成功しない!
勝ちモデルは見えないところにしか存在しない!


それだけは、肝に銘じてもらいたい。

さて、最後にまとめると。
こういった局面があるので、どうしても現時点での独自ドメイン通販の参入はオススメできない。
モール系で上手く行ってから独自ドメインにトライする方が好ましいだろう。

ほんと、恐ろしい時代へと変化してきているものである。

セグメントされた集客の結果と弊社売上の現状

ぶっちゃけ、新宿から代々木に移転してから、集客力が落ちている。
でも、それほど気にしていない。

近年の検索は、位置情報も加味しながら表示させるからだろう。
また、通販市場で勝てるような新たな販売モデルが出現していないからとも言える。すでにAmazonすら陰り始めている。
もちろん、弊社のセグメント(集客戦略)の関係もあるだろう。

一方、既存顧客の調子が非常に良い!
続々リピート発注が来ている。
予想外のものまで。

多分、この新規のリピート受注率は、他社にない数字だろう!

だから、前年比の数字も格段に伸びている。なので、社員達も、適当に忙しく、余裕をもって仕事できています。
とても良い傾向です。

弊社のサイトは、昨年より、ゴミ商品を作る顧客を排除するようにセグメントされ、高LTVの考え方に賛同してもらえる顧客だけを選別(;セグメント)されるように調整されているからだろう。

この考え方を表現したのが、原料受託バンクでモンスター資料となっている弊社のノウハウ資料だろう。



そして、弊社のOEM事業は、原料レベルから常に高LTVを追うように徹底している。

ノウハウを漏らすと、クリエイティブと体感の両方で高LTVを演出するようにしている。
体感は、もちろん、自社原料を活用することが多いです。

加えて、弊社の勝ち残る商品作りマニュアルでも紹介しているように、競合商品の弱点や商品ライフサイクルを分析して、フックや差別化ポイントなども明確にしています。

安易な会社は、すぐに売れないコピー商品を作る。
差別化ポイントがないコピー商品を作っても、長く売れ続けるはずがない!

でも、こういった成果として表れることは、非常に喜ばしいです。
弊社の考えに賛同してくださる会社さんが勝ち残っていっていただければと考えております。

実は、弊社のような高原価になりがちな商品開発を否定されるケースも少なくありません。
否定する会社さんは、広告比率だけが高いゴミ商品を販売するような商品を好みます。

ゴミ商品を作って販売しても、顧客の満足度が高まらないため、ほとんどが事業撤退へと至ってしまいます。

ぶっちゃけ、ゴミ商品ばかり製造しているOEM会社は、儲かっていないだろう!売上は伸びていないだろう!
前年比で落ちている会社さんは、ゴミ商品を作っていた会社さんじゃないかな?


だって、初回の製造時が一番大変。営業経費を考えると、ほとんどが赤字です。
担当する社員が疲弊するだけ。

だから、ゴミ商品しか作りたがらない九州の広告代理店周りの案件は、あまり受けたくない。案件数合っても、成約率が低いだけでなく、リピート受注率も低い。
こういった案件は、集まらないようにセグメントするに限ります。

今回、その方針が正しかったことが数字で示されました。

我々の仕事は、如何に顧客を勝ち残らせるかを商品設計面から演出することです!

顧客が作りたい商品を作らせるだけではないと思う。
実は、これは、原料供給にも同じことが言える。

売上が伸びなかったら、なぜ伸びないか?考え、PDCAを回して、勝ちモデルを磨き続けていくしかないです。

これからも、こういった考えで、小さくても勝ち残る商品作りをコツコツと演出し続けたいと思います。
うちはうちで、身の丈に合った顧客をたくさん集め、顧客と共に成長していくだけです。
頑張ります!

シトルリンとアルギニンの特許:その後の反響

昨日も商談で、以前に記事を書いて紹介した、このシトルリンとアルギニンの組み合せの特許の話が出ました。


※抵触する比率は、自分で調べてください。

Amazonを中心に、多くの商品が本特許に抵触している。
そのうち、一掃されるだろう。

流石に、この商談相手の会社では、抵触する商品がないとのことです。

でも、話題が増えたとのこと。
おそらく、私の記事も影響しているのだろう。

商談相手の会社さんは、学術部をかなり強化しています。
こういった部署が、特許調査を行ったり、機能性表示食品の対応を行ったりしています。
しっかり、企業防衛が行われています。

近年の私の業務で多くを占めているのも、こういった仕事です。

理由は、各社さん、用途特許をアホみたいにたくさん出し始めているからです。

今後、OEMの営業マンが簡易でも特許調査を行えるような体制を作っていかなければならないんでしょうね。
大変な時代になっていきそうです。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • お盆も働き続けるWeb集客
  • 代々木に事務所移転してみて
  • 代々木に事務所移転してみて
  • プラスチックと上手く付き合う社会
  • 前脚の蹴りの軌道と2種の膝の上げ方
  • 個人輸入・海外発送サプリメントの問題点
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。