原料戦略からの健康食品サプリメント製造業界 生き残り術

浮き沈みの激しい健康食品サプリメン業界で受託製造加工や原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

受託製造加工

原産国表示のコンセンサス・トラブル回避術

私は、業務効率化の上で、トラブルを減らす努力が最も重要な要素の1つであると考えています。

今、トラブルを招きかねないと感じている要因の1つが

原産国表示 です。

例えば、提案した設計で、最も多く配合する原料が中国製造という原産国表示が必要であり、それを表示作成時に顧客が認知した場合、クレームにならないだろうか?

かなりの確率でクレームになるだろう。

最近、私は、提案と見積りの際、想定される原産国表示や原材料表示内容を示すようにしています。
面倒だなぁ・・・と思う人も少なくないだろう。

でも、すでに、中国製造などを避けたいという要望が出てきています。中には、国内製造をに限定されたり、韓国製造まで避けたいというような要望まで届くようになっています。

この状況から、原産国表示のコンセンサスは、トラブル回避の観点から非常に重要であることがわかります。

トラブルを未然に防ぐため、是非、皆様も、真似してみてください。

一方、なかなか避けれない場合もある。時には、生鮮原料の原材料表示を用いる必要性が生じてくることもあるだろう。



新表示の猶予期間が迫っており、原産国表示を行うケースが増えていると思います。
気を付けなければならない!

試作を依頼する場合、以下のように指定しなければならないケースもあるだろう。

・賦形剤として還元麦芽糖水飴を○%以上配合
・賦形剤はデキストリン・二酸化ケイ素・ステアリン酸Ca指定
・賦形剤にビール酵母✕、セルロースのみ。


私は、すでに、原産国表示を変更するため、試作後の本番製造時、デキストリンとコーンスターチの比率を一部置き換えるような調整をせざる終えない状況も味わています・・・。
これから「賦形剤はお任せ」という指定はできないだろう。

みなさんも、是非、注意してください。

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2020年1月

バタバタしており、遅くなりました!
恒例!原料受託バンク原料受託バンクのランキング解説です。2020年、最初の動向はどうなっているのでしょう?

1位 CBD
2位 コラーゲン
3位 NMN
4位 乳酸菌
5位 プラセンタ
6位 DHA
7位 プロテイン
8位 カプサイシン
9位 ビタミンC
10位 ヒアルロン酸


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回のランキングにも、多少変動がありました。

まぁ、NMNのランクアップに関しては、私の記事のニュース投稿も影響していると思います。



一方、市場動向としては、大きな動きはないと思います。
理由は、新型コロナウィルスの影響です。

このNMNは、主に中国向け案件中心だったのですが、今、それどころではありません。

輸出市場は、マスクや防護服で儲けようという動きが強くなっています。実際、既存の中国系顧客からマスクの問い合わせが増えています。
そういった動きにNMNの熱は奪われ気味です。

CBDに関しては、健康食品・健康食品の両方の市場で動きつつあります。
市場が停滞し、新しい素材もないため、リスクを負ってでもCBDに手を出す会社さんが増えています。
化粧品のヒト幹細胞に近い市場。
CBDも同様、クレーゾーンで浸透し、規制されないまま、ずるずるいく可能性もある。

このニュース記事のように、米国ではストレスや不眠に対して用いられているようだが、日本では万人が使うような素材になるのだろうか?という疑問も生じてしまいます。



ファッションとして若者から浸透し、次に対面販売などでミドル層に広がっていくのだろう。通販は、黒い表現が可能な媒体から広がるだろう。

また、このような医療目的での利用も進み始めています。



一方、日本は、食薬規制が厳しいから、あまり大きく取りあげられると、医薬品成分指定されかねない。そこだけは、要注意です。
ビンカビンの事例を忘れてはいけない。

例えば、ギャバやテアニンなどのような効果が被る機能性表示食品の意味がなくなるだろう。
そこは、行政が問題視してくる部分だと思います。

ビタミンCは、日本全体でワードとして、検索される件数が多く、その影響が出ているような感じがします。
やっぱり、新型コロナウィルスを始め、風邪予防としてのビタミンC摂取ニーズが高まっているのだろう。

なお、ビタミンCのランキングが最も上がるのは、今月でしょう。
ビタミンCだけでなく、アミノ酸を始め、中国系原料が品薄になるだろう。すでに、ビタミンCは、取り合いが起こり始めています。

今回の新型コロナウィルスの問題は、いろいろな面で、市場への影響が大きそうです。

ランキングには現れていませんが、実は、シアル酸の記事を書いたので、既存顧客からのシアル酸の問い合わせが多かったです。
改めて、結構、業界の方は、このブログを見ていただいているんだなぁと思いました。

ちなみに、8位のカプサイシンについては、ほんと、よく分からない・・・。
桑高さん曰く、1月24日金曜日にアクセスが集中しているようですが。

最後に、会社ランキングですが・・・

正直、もうボチボチ、1位から退きたいなぁと思っています。

このブログも含め、アクセスほど集客につながりにくくなっているので、ここら辺の仕事で浮いた時間を研究開発や顧客への勉強会などの時間に回したいなぁと思い始めています。

実は、ブログの投稿頻度も減っています。ただし、数より質を大事にし始めています。
今後、頻度は、少しづつ減らしていく予定です。

時代は、変化していっているんだなぁ。

ちなみに、こっそり、求人情報を掲載したけど、今後、会社としての成長のため、私しかできない仕事に集中していきたい。
まずは、OEM営業の業務から完全に脱却したい。

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年12月

本年最初の恒例!原料受託バンク原料受託バンクのランキング解説です。

1位 CBD
2位 コラーゲン
3位 乳酸菌
4位 NMN
5位 プラセンタ
6位 DHA
7位 ギャバ
8位 セラミド
9位 ヒアルロン酸
10位 大豆イソフラボン


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回のランキングにも、大きな変動がありました。

まず、2月連続でCBDが1位!

そして、NMNが4位にアップ

まぁ、注目の新素材の対抗がないため、必然的なランキングだと思います。
また、業界紙の影響もあるでしょう。


CBDは、健康食品業界だけでなく、化粧品業界でも業界紙で紹介されています。
個人的には全く理解できんが、盛り上がっているのは事実。


まぁ、健康産業新聞さんのNMNのスペルミスは、ちょっと恥ずかしいですが・・・。



特に、NMNは、食品区分のリスト(おそらく、3.その他(化学物質等) )に登録されようとしているようなので、注目度は高まっているでしょう。

CBDに関しては、健康食品業界では、MLM(ネットワークビジネス)のような市場であれば、外資系企業などが先行して市場を攻めるのですが、基本、回収などのリスクを考えると、化粧品での商品化が先行していくだろうと予測しています。

弊社の方針としては、健康食品では手を出さない、化粧品は製造実績のある協力会社を紹介するようにしています。
やはり、THCフリーは可能でも、(医薬品区分)の混入は、なかなかコントロールしにくいと思います。センナ茎と同じ問題ですが、混入時の問題の大きさが格段に違います。

NMNに関しては、弊社でも問い合わせが増えています。
原料支給のことも多く、ハイリスクの割に、ぶっちゃけ、製造側は大して儲からない案件が多いです。

弊社では、原料での純度確認を厚生労働省登録機関で可能にしているため、必ず原料の純度確認してから製造することにしています。
それくらいやらないと、偽物原料を供給された場合、見抜けず、健康被害や死亡事故を引き起こしてしまう可能性が生じてしまいます。

近年、業界内で支給原料でのトラブルが増えています。


管理体制を強化する必要性が高まっています!

NMNを取り扱う際は、注意していただければと思います。
過去、Q10ブームの際、分析してみたらQ9だったということもありましたから・・・。
NRや単なるナイアシンだったらまだ良いですが、危険な成分だったら大事です

さて、それ以外のランキングについてですが・・・
19位の卵殻膜を代表に、エラスチンなど中国案件色が再び強くなり始めているように感じています。
それは、何らかの数値ではなく、感覚値。
新EC法の全貌がはっきり見え始めたからかな?

機能性表示食品の盛り上がりも、落ち着き始めている。
やっぱり、機能性表示食品の売上が、一部の商品を除いて、パッとしないためでしょう。

あと、Amazonも終息しつつあり、単品ECも定期縛り強化の方向に進んでいるので、ビジネスの隙間がなくなりつつあるからでしょう。

ちなみに、アフィリエイト広告は、荒れに荒れた後、Googleアルゴリズム変更で大打撃を受けましたが、ここに来て、新たな変化も見せ始めています。
収益性でLTVというものを評価し始め、アフィリエイターがゴミ商品を選ばなくなり始めました。
原点回帰で、一時的な高成果報酬より、良い商品を長く売ろうという動きを見せ始めています。
とても良い動きだと思います。

一方、大手企業でもなかなか行えない原料レベルからの商品開発を行っていかなければ、中小企業は益々勝ち残っていけなくなっていくだろうと感じています。
まぁ、そういった動向は、原料受託バンクのランキングに表れにくいでしょう。

また、乳酸菌・コラーゲン・プラセンタの固定素材は、市場が成熟し過ぎていて、ニーズはあっても動きがないのだろう。
DHA・EPAの精製魚油は、既得権益にまみれており、海外で主流な製法で製造された安価な海外製の精製魚油は流通できないし・・・。

何れにしても、注目の新素材がない!

なので、今回も、CBDとNMNの話だけになってしまいました・・・。

なお、本年も3月、米国アナハイムで世界最大級の自然食品展が開催されます。
過去の事例を見ると、その流行は、2~4年後に上陸する可能性が高いです。この動向もしっかりウォッチしなければならないでしょう。



先が見えにくい健康食品サプリメント市場。
しっかり米国市場も見据えていかなければならないです。

私も、視察に行く予定です。
しっかりと動向を見極めてこようと思います!
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • 中小企業のテレワーク体制作りマニュアル
  • 健康長寿で再注目されるビタミン:葉酸
  • ジオスゲニンによる認知機能の向上
  • 関税無税だった植物エキス原料のコストアップ
  • 動画で競技空手のノウハウを学べる時代
  • 動画で競技空手のノウハウを学べる時代
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。