健康食品サプリメント市場の理想像・未来像 by 博士マーケッター

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

伝統派

競技空手の足さばき/フットワーク

この度は、競技空手の足さばき(歩法・運足)について。
空手は、多岐にわたる立ち方は、よくまとまっているのだが、足さばきが意外にまとまったページがなかったので。

剣道と空手の基本の構えは逆です。剣道は右足が前、空手は左足が前。近代、空手は、両方の構えを駆使するようになりました。
足さばきは、非常に似ています。

統一された用語など、空手の足さばきより、剣道の足さばきの方が的確に説明されている傾向があります。この度、剣道の足さばきの解説をベースに、空手の足さばきについて、まとめてみました。
参考:Web剣道(イラストは参考になります)

1. 歩み足
歩み足とは、日常の歩き方と同じです。空手の場合、追い突きの時に用いる他、近年では、スイッチ攻撃の時にも用いられます。
意外に、投げ技にも活用できる足さばきだったりもします。

ちなみに、私は、送り足で近づき逆半身で抑えてから、歩み足で移動しながら逆突きで極める際に利用しています。

2. 送り足/寄り足
移動する方向に対して、近いほうの足を先に動かします。例えば、左足が前の構えの場合、前に進む時は、左足(前足)を先に動かし、その後に右足(後足)を左足(前足)にひきつけます。空手でも、最も多く使う足さばきです。

レベルが高めですが、この動画の最初の部分で送り足が行われています。


多く使う理由は、間合いを詰めたり取ったりするための主たる足さばきだからです。

近年、競技空手では、四股立ちの真半身の構えが主流となりつつあります。左右の幅がないだけで、基本的な足さばきは同じです。

小学生の指導を行っていてわかること:
相手に攻撃が届かない子供達の多くは、この送り足の足さばきができていません。一方、剣道経験者の子供達は、この足さばきができ、かつ最初から逆構えなので、空手の試合でも短時間で勝てるようになりやすいです。

あと、弱小チームほどできていない。強くなるためには、送り足から始め、より多くの足さばきのマスターは必須。でも、過去の私も含め、多くの指導者は、灯台下暗しで気が付きにくいです。

3. 継ぎ足(寄せ足)
後足を前足近くまで引き付け、飛び込みます。送り足で近づかなくても、後足を引き付けることで勢いが付くので、遠間に高速の攻撃が可能です。

近年の空手では、状態をブラさず前足に隠したり、送り足の移動に隠して用いられています。後者は、送り足→継ぎ足というか、前後の足が歩幅を変えずに同時に移動するような感じです。世界チャンピオンの多くが活用している技術です。

ダグラス・ブロスの動画(21分過ぎ)が参考になります。


私は、男性より脚力が弱い女性や子供は、必須の足さばきだと考えています。

送り足の移動に隠して用いられる継ぎ足は、送り足の変形とも継の足の変形とも言えると思います。

その足さばきは、ヨーロピアン空手のベースになっており、フットワークの基礎トレーニングでも見られます。
前足と後足の幅を変えず前後にフットワークします。

ついでに、バックする時、反撃を速く行えるよう、やや猫足立ちになる。

勢いがついていて速いし、反撃も速いので待たれると厄介。
ヨーロピアン空手の怖いところ。

4. 開き足
身体を左右にさばく時に使います。開き足はスムーズに身体の向きを変えることができ、身体全体で相手の攻めをかわしたり、違った角度で相手を攻めるのに有効です。

柳生神影流等の古流剣術の体捌きを加えて創始されている和道流には、潰し・抑えの技術同様、体裁きの技法として多く存在する足さばきです。

西村誠司先生の動画には、開き足の足さばきも紹介されています。

西村拳選手のお父さんです。和道流。

その他の足さばき
空手には、足技(蹴りや足払い)があるため、剣道にない足さばきも存在します。
例えば、その場でのスウィッチです。
前後の足を同時に入れ替えます。
近年、国際化の影響もあり、様々な形でスウィッチする選手が増えて来たので、競技空手の攻撃バリエーションも多彩になってきています。
今や、刻み突きの後に安全ゾーンを確保するためスウィッチする時代ですからね。スウィッチは、勝っていくために不可欠な足さばきです。

また、近年、、両足で蹴って飛び込み、後足の着地と同時に蹴る、跳ぶようなスライド回し蹴りの技術が一般化し始めています。
松濤館流の騎馬立ちからの横蹴りがベースになっていると考えています。交差立ちの時間が極端に短い動きです。
名前はないと思いますが、蹴りに特化した足さばきです。

これも空手(競技空手)特有の足さばきかな?と思う特殊な足さばきもあります。
前足の回し蹴りなどに用いられる軸足の回転によるスライド移動です。
間を詰めながらのフェイントとして、用いられる場合もあります。

上記2つの足さばきは、蹴りのポイントが大きくなり、前足の蹴りが多用されるようになったため、進化して生まれた足さばきなのかもしれません。

競技空手では、これら足さばきが主に活用され、近年は、足さばきも進化し、送り足に継ぎ足を隠す足さばきが中心になりつつあると思います。
ボクシングに近い部分も存在します。

私は、(平行立ちに近い)真半身の構えと継ぎ足を20年前の大学生時代から活用しており、手は短いけど遠間から攻撃できたので、試合を有利に進めることができておりました。それが常識となりつつある今、嬉しい反面、非常に困るなぁと思っていたりもしています。

体を守りながらの格闘技生活とコンプレッションスポーツタイツ

ここ最近、コンプレッションタイツの記事がボクシング練習用シューズの記事のアクセスを越そうとしている。
寒くなったからであろうか?
寒くなると、膝など、節々が痛みがちです。
私も、空手→ボクシング→ボクシングと続いているので、今日はかなり違和感があります。

私は、季節を問わず、ここ数年、膝が軋みます。
若いころには、決してなかったこと。年を感じます。
まぁ、42で週5回の格闘技生活、それも、負荷や運動量はかなり大きいとなると、膝も軋むでしょう・・・。

なので、膝もケアするコンプレッションスポーツタイツは、手放せません。夏でも着用。
過去、このような履き比べのコメントをいたしました。
スポーツタイツの履き比べ(CW-X、バイオギア、スキンズ)
そして、今、もう一足、冬のセールの際、タイツを買おうと考えています。もう一足、CW-Xジェネレーターかなぁ・・・。ん~、履く頻度や消耗とは正直なもので、CW-Xジェネレーターが最も履いていて最も消耗しています。
理由を考えると、やっぱり、膝ケアの度合いだと思います。

CW-Xだけは、飛び抜けて膝ケア度合いが良いのです。膝だけだったら、CW-Xの最上位モデルのジェネレーターでなくても、エキスパートでも十分。
今月末、ペタンク富山代表の72歳の父にもCW-Xエキスパート(外での競技なので、前開きタイプ)を支給するつもりです。

タイツは保険のようなものかな?と思いつつ・・・
見えない少しづつのダメージ蓄積低減で、私の格闘技生活寿命も延伸してくれているのだろうと思います。

運動している40代オーバー(できれば30代オーバーから)は、コンプレッションのスポーツタイツを履くべし!
だと思います。
体あってのスポーツです。
最悪、スポーツどころか、将来、寝たきりの原因になりかねないので、体は、労わりましょう。

ちなみに、伝統派空手の世界では、膝を壊す人が多いのに、まだまだコンプレッションスポーツタイツの文化が浸透していません。
ある意味、閉鎖的なのかも。時代も変わっているので、履いた方が良いと思います。私は、シャツ(締め付けなく速乾のデサント:リラックスFit)も着ています。

私の空手とボクシングの位置付け

今日は、空手の稽古始めです。
年末年始、自分にとって空手とボクシングってどんなもんだろう?と考えを整理してみました。
ボクシングシューズの記事のアクセスも多いことなので、ちょっと紹介。

まず、空手についての位置付け。

・子供達の教育の一環(地道に努力し続けること)

→大学生くらいまでは不定期でも良いので一緒に続けたい
・単に好きだから

次に、ボクシング。

・常に自分自身の体を鍛えることができる大事な環境
・空手に足りない要素の補完

・単に楽しいから

あと、両方に言えること。

・強く適度に絞れた体を維持しいから
 →アンチエイジングの一環
目標:50代になってもスリムでダンディーな格闘オヤジ


基本、空手もボクシングも楽しいので大好きです。一方、空手では、今のところ団体(流派)に取り込まれることを望みませんし(最低限の礼儀と個人的な組手の指導者まで)、ボクシングは、スパーリングで撃ち合うことまで望みません(マスボクシングまで)。そんな位置付けでもあります。
だから、ボクシングも、今通っているイマオカボクシングジムさんが最も自分に合っています。
(ジム選びや道場選びは、正直、難しいです。特に社会人で伝統派空手を続ける場合、流派の関係もあるので、道場選びが非常に難しいです。)

ちなみに、空手の試合には、もうぼちぼち出てもええかなと考えています。でも、シニアの部でなく、大学生や高校生相手の成年の部。

運動強度は、私の場合、おそらくボクシングの方が大きいでしょう。空手では、組手の練習相手も少ないので、組手の実戦練習としては、ちょっと物足りない(どこもそんなもん。)。ボクシングでのマスボクシングの練習が実践練習を補ってくれている現実があります。感謝です。
ここ最近、少しは実戦の勘が戻ってきているので、試合もええかなと思い始めています。

空手に足りない要素の補完という位置付けも示しましたが・・・
私が行っている伝統派の競技空手は、国際化が進むことやオリンピックの種目になることで複数の格闘技経験のある選手が参戦してくることで、求められる指導も変化してくると考えています。古いファイトスタイルでは、勝てなくなります。
例えば、まず、全体的に足技が優遇されるポイント制度になりつつあるので、足技の強化は必要です。足技のポイントが大きくなった分、一方で昔のように「(寸止めなのに)浅い」という判定も少なくなり、一定の条件さえ満たせば手技でのポイントも取りやすくなっています。あと、国際ルールだと、投げ技の位置付けも大きくなってきています。そういった状況もあり、今後、ボクシングの技術も今まで以上に活きやすくなりますので、学んでおくべきだと思います。
あと、単に強くなるという観点で、フックなどを始め競技空手では利用しない技術を補完する意味もあります。

余談ですが、近年は、空手の技術もボクシングに活かされ始めています。ディフェンスが重要視されるボクシングになってきており、寸止め空手の競技とお互いに近くなっている状況があるからでしょう。
空手の試合では、いろいろ試してみたいボクシングの技術も多々あります。勝たなければならないという重圧もないので、勝ち負けにこだわらず、楽しめれば良いかなぁと思っています。

あと、私は、空手でも和道と松濤館の両方を学ばせてもらいました。今は、国際松濤館。伝統派空手の中でも、流派で違いがあります。
今回は、松濤館流の空手を改めて本格的に学ばせていただきました。和道と松濤館の違い、空手の歴史(大学の流派のルーツや競技から手の発展の歴史など)、時代による組手の変化など、情報化社会になったのもあり、改めて多くを学べることができました。
感謝です。
恵まれた格闘技人生なのかな♪と思います。

これからも、私のスタンツで、空手とボクシングを楽しみつつ、自分なりのアンチエイジングを実践していければと考えております。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • ボクシングジムでの組手トレーニング
  • 優しい鉄:まめ鉄
  • どんな時でもお客様の立場にたってものを考えること
  • 必要なのは、貯えより健康体
  • 伏兵:亜鉛酵母10%へのアクセス増加
  • 健康食品サプリメント業界のネット集客
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。