健康食品サプリメント市場の理想像と未来像

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ランキング

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年6月

恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 コラーゲン
2位 乳酸菌
3位 プラセンタ
4位 モリンガ
5位 プロテイン
6位 松樹皮
7位 ヒアルロン酸
8位 酵素
9位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
10位 セラミド


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回のランキング変動は、10位以内だとコラーゲンと乳酸菌の入れ替わりが目に付きますね。

フィッシュコラーゲンの供給タイトな状況と高騰している状況が影響しているのでしょうね。
なので、絞り込み条件ランキング1位は「由来:魚」です。

また、プロテインは、定着しそうな感じもしますね。
そして、このプロテインに引き上げられたのは14位の山芋でしょう。
じゃなきゃ、弊社独占に近い山芋のカテゴリーはこんなに上がらんです(笑)でも、採用が増えているのは事実です。伸びている素材であることは、間違えないです。

ちなみに、4位を維持したモリンガ、少し市場が伸びそうな気配があるのでしょうか?

弊社は、同じスーパーフードで緑系素材のスピルリナの方の問い合わせの方が増えています。

全体的に、機能性表示食品に関わる原料のランキングは高いようです。
ここ最近、多くの商品が受理されているからでしょう。
でも、どれも同じような商品ばかりなのですが・・・。

30位以内では、29位のCBDは、市場動向を示しているなぁと思います。弊社も、問い合わせが多いです。

ちなみに、弊社としては、大麻由来の原料まで怖くて使えない・・・。
最近、市場に出てきたオレンジ由来のCBDを支給してもらって、油に溶いてスポイドボトルに充填するだけです。
意外に、その油充填加工を行ってくれる会社さんが少ないのも現状です。

今後は、厚生労働省がCBDをどのように取り扱うか次第です
ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)のようにビンカビン高含有の原料は流通できなくなってしまうのか、今後の動きに注意しなければなりません。
また、大麻由来のCBDは、THC含有の問題以外、センナ茎以上に、葉の混入が大きな問題になってきます。THCが検出しなくても、粗原料で葉が混じっているとアウトです。通関時、葉が混入していないことの何らかの情報を求められる可能性もあります。
そう考えると、大麻由来のCBDを国内流通させるのは、ハイリスクハイリターンかもしれないが、リスクが高過ぎると思います。

会社ランキングに関しては、3ヶ月連続で弊社が1位でした。
<(_ _)>
感謝です。
モンスター級の資料が存在するので、その影響も大きいようです。

一方、弊社へのアクセスは、見込み客は原料顧客の問屋さん商社さんや受託加工会社さんだけであり、他社と異なり、OEMを中心とした競合会社さんからのアクセスが多いものと考えております。
だから、売上にも直結しにくい(笑)
アクセスし切って、もうぼちぼち落ち始めるかなぁとも予測しています。

まぁ、もうボチボチ、販促を兼ねた爆弾💣も落とそうかなぁと企んでいますが・・・。
もうしばらくの我慢です・・・。

夏以降非常に楽しみです。

最後に、最近の市場は、CBDやNMNなど新しい素材に飛びつく傾向があります。弊社の大豆由来フェリチン鉄も当てはまります。
まぁ、この傾向は、新しい素材が不在であることを意味しているのでしょう。
なかなか良い新規原料って、無いものです。
これは、米国市場でも同じだったりします。
素材開発の面でも、かなり成熟した市場になりつつあることを表しているんだと思います。

日本市場は、米国市場よりちょっと遅れた形で動向が反映されていきます。なので、米国市場は、日本市場の先を読むための良い参考情報になります。
先を予測して、先手を打っていく必要がありそうです。

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年5月

恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 モリンガ
5位 ヒアルロン酸
6位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
7位 プロテイン
8位 セラミド
9位 大豆イソフラボン ( イソフラボン 、エクオール )
10位 松樹皮


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回のランキング変動は、10位以内だとモリンガと松樹皮のランクインが目に付きますね。

また、プロテインだけでなく、4月の4位からランクダウンしたHMBも、頑張っているなぁという感じです。

ここ数年、特にAmazon系やモール系の販路では、市場の変化が激しいです。
商品ライフサイクルが短く、商品開発に対して、かなりのスピード感が求められるようになってきています。

5月は、ダイエット商戦は活発化しますが、ダイエット商品の商品開発は終盤。
おそらく、そういった影響も出ているのでしょう。

冬商戦の商品開発も、スタートし始めるのでしょう。
まずは、原料選定から開始されますので、原料選定が始めているところはすでに始めているでしょう。実際、化粧品の開発だと、もう遅いくらいです。

5月にCITE JAPANがあるのも、そういった理由です。その展示会から、化粧品は、冬の商品開発がスタートするのです。冬は乾きのシーズンなので、化粧品業界のメインは冬の商戦です。

季節商品と言えば、今年は、紫外線(UV)対策のサプリの案件が少なかったです。
まぁ、売れている商品が固定化し始めていますし、ロートさんのヘリオホワイトがあまり売れなかったのも、影響しているのかもしれません。

やっぱり、ヘリオケアは医師が推奨するから売れていただけで、消費者はファーンブロックで選んでいた訳でないことが良くわかります。
まぁ、まだ安いシダの原料を用いた通販商品の方が売れているのは、その点を後押ししています。

全体的な傾向を見ていると、やっぱり、美容素材のニーズが高いことが伺えます。
これは、間違えないでしょう。

何だかんだで、健康食品・サプリメントのメイン顧客は女性です。
男性が買うのは、プロテイン・アミノ酸のスポーツ系サプリと精力サプリ(増大サプリ)くらい・・・。
そして、美容系は、市場が大きい割に、ダイエットほど法規制が厳しくないためでしょう。ダイエットは、機能性表示食品やトクホに集中させたいという行政の考え方も良く見えます。

コラーゲンやプラセンタは「サプリちょうだい!」と、個人的にも頻繁に要望を受けます。
あと、化粧品のサンプルも。
こういった傾向は、成熟した美容商材の特徴なのでしょう。

こういった成熟した美容商材に用いられる原料は、コスパも求められます。
プラセンタに関しては、コスパだけでなく、安価な豚のデンマーク産に対抗できるクリエイティブまで求められてきます。
熾烈な市場。
ぶっちゃけ、国産サラブレットでは、歯が立たない・・・。
問い合わせが多いけど、コスト面で、ほぼ企画倒れ。
そんなに甘くない・・・。
そういった面では、国内製造のモンゴル産の馬プラセンタなどは、対抗として伸び始めています。量が増えれば安くなりますし・・・。
今後の動向に注目です。

ちなみに、プロテオグリカンについても、実は、ロコモニーズより美容ニーズの方が大きいのだろうと感じています。

それを裏付けるのは、弊社が一次代理店として販売している鮭鼻軟骨抽出物:SCPコンプレックスLSの表示やクリエイティブアドバイスは、ロコモ系より美容系の方が圧倒的に多い点です。
仲の良い受託加工会社さんや商社さん(問屋さん)からの相談が非常に多いです。

まぁ、非変性Ⅱ型コラーゲンを非変性コラーゲンで表示し、生の形のコラーゲンと(極生)プロテオグリカンと表現してもらうだけなんですけどね。
先月だけで、同じようなアドバイスを4件ばかり行っています。
美容商材の差別化対策にも活用いただいております。
私は、ほぼ営業を行わないですが、こういった顧客サポートだけは、毎日のように行っています。
原料事業は、こういった地味なサポートが大事だと考えています。
何だかんだで、黒子ですから。

最後に、会社ランキングについて。
ありがたいことです。
2月連続で弊社が1位でした。
<(_ _)>
感謝です。

弊社資料の中には、1ヶ月強で、1000回以上のアクセスを示すものまで現れてきました。
a2
▶ 原料受託バンク上の弊社資料一覧
ほんと、感謝です。

うちのように、問屋商社さん経由を含め、国内ほぼすべての受託加工会社に原料供給が行われていると、原料受託バンク経由でなく、私に直接連絡が届くことがほとんどです。
ランキングに全く関係ないところで、自社原料販売の活性化が起こっています。

原料受託バンク内で、しっかりと施策を行えば、結果は出ます。もちろん、しっかり顧客サポートを行って、顧客からの信頼を積み重ねていくことが前提。

以下のような情報も公開しているので、是非、参考にしていただければ幸いです。

▶ 原料受託バンクで資料ダウンロードを増やす方法

今の原料受託バンクを介した集客傾向を見ていると、うちだけで頑張るより、多くの会社さんも頑張ってもらった方が結果も出やすいので。続きを読む

原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年4月

令和最初の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 HMB
5位 プロテイン
6位 酵素
7位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
8位 カテキン
9位 大豆イソフラボン ( イソフラボン 、エクオール )
10位 ヒアルロン酸


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今月の変化としては、HMBとプロテインが目立ちますね。
アンケートの影響もあるかもしれませんが、今の市場動向を表しているのでしょう。

弊社も、HMBやプロテインの案件が多いです。

ここ数年、運動サポート系の商材が伸びているのは間違えないでしょう。

アンチエイジングという観点では、非常に良いことだと思います。

近年、HMBなどは、Amazonが激戦状態です。
FacebookからAmazonへ誘導したりなど、さまざまな方法で売られています。

プロテインは、言うまでもなく、もっと激戦です。
大手さんの強い商品がたくさん販売されていますからね。
プロテインの市場は、いくつかに分類できると思います。

アスリート・筋肉マニア
日常的なジムワーカー
一時的なダイエッター  など

一般的なジムワーカーさんは、ザバスなど、コンビニでも買える商品を利用していることが多いです。

コアな筋肉マニアは、ホエイプロテインを選ぶことが多く、本物のマニアは海外製品を購入していることが多いです。
コストコで買ったり、個人輸入されたり。

基本、プロテインは高原価です。
50%を超える商品は、たくさん存在します。
一方、リピート率・LTVが高いので、販売側はしっかり収益が出る商材でもあります。商品力が命です。

ちなみに、一時的なダイエッターは、広告に騙されるだけで、プロテインの量やプロテインの種類(ホエイ・ソイなど)も気にしないので、狙われがちです。
原価が安い商品を高く購入していることが多い商材でもあります。
そういった背景から、クリエイティブだけの商材が多いです。

あと、ダイエット向けのパーソナルジムさんなどは、プロテインは儲けどころなので、他社と差別化し、ホエイでなくソイを中心とした天然甘味料にこだわった商品で展開すれば良いのになぁと思っていたりもします。

私が密かに注目しているのは、軽くドーピングしてでも強くありたいニーズに対する商材。
ちょうど、弊社のジオスゲニンのアスリートニーズです。
まさに、ターゲットは、私のようにドーピング検査がないレベルで競技を行っている人です。
意外に、多いんですよね ♪

主にターゲットは男性!だから、精力剤的な滋養強壮の要素も入っていると、喜ばれるんです。
おそらく、シトルリンなどは、そういった隠れニーズで売れているんだと思います。

さて、その他のランキングについてですが、徐々に大手さんの広告が目立ち始めている機能性表示食品の原料が多めに上位ランキングしていますね。

いろいろな商品開発を行っていますが、今後、権威を利用したクローズド向け機能性表示食品というものにもチャレンジしてみたいと考えています。

中国向け案件については、新EC法などの施行などで、すっかり下火になったように見えます。
一方、それは、表向けだけ。
景気の良いところは、まだまだ景気が良いです。
まぁ、逆パターンでレアメタルと同じようなことが起こるんだなぁと思っています。

最後に、会社ランキング。
お陰様で、弊社が1位となりました。
感謝です。
理由は、ペナルティリンク対策で、弊社サイトへの外部リンクから内部リンクへとシフトしたためでしょう。

今後、原料受託バンク内でコンテンツを増やしていくことになるでしょう。
多くの会社さんでコンテンツを増やせば、原料受託バンクの影響力も高まるので、全体的な底上げにはつながっていくでしょう。

あと、このページへのアクセス集中も要因の1つなのかな?
神の怒りが収まり再び幸がもたらされるか?
いいね!の数が多い・・・。

一方、原料受託バンクは、直接的な流入だけでなく、既存顧客の活性化という間接的な効果もあるので、施策の評価が行いにくいです。
実際、既存顧客からの原料問い合わせも多く、弊社原料の採用は増えていますが、原料受託バンクから直接問い合わせは、それほど多くないです。
基本、原料受託バンクからの問い合わせは、一元さんが中心です。

コンテンツを充実させた結果は、採用件数の数字でしか評価しにくいのでしょうね・・・。

ビジネスって、PDCAをどれだけ回すかだと思います。
いろいろ試行錯誤して、結果につなげようとしないと、始まりません。
先日ご紹介させていただいたGoogleでの誰でも結果が出せる施策も代表例です。

令和も、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。
頑張ります!!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
ギャラリー
  • Caco-2小腸上皮細胞はμ2(AP2)-依存的エンドサイトーシスにより大豆フェリチンを吸収する
  • 赤ちゃん肌のプロテオグリカンはリッチで大きい!
  • PayPayでドラッグストアはしご
  • PayPayでドラッグストアはしご
  • 動画インターネット社会の競技空手教育論
  • 原料受託バンクで数・質・量のクリエイティブの資料を公開